FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

サニーデイ・サービス 田中 貴 presents 女性も喜ぶ旬なラーメン「美食家の脱サラ店主が作るラーメンと
夜限定のかき氷が絶品なKABOちゃん」

TAG

ラーメン好きなミュージシャンとして知られる、サニーデイ・サービスの田中 貴さん。年間600杯以上を食べ歩く田中さんが、女性にイチオシのお店を紹介するとしたら? そんな発想からはじまった本企画も4回目。今回は異色の経歴を持つ店主の一軒にお邪魔しました。

おいしいものが大好きな
店主のラーメンはやっぱりウマい!

前回の大塚と同様、山手線沿線の街のなかでは穏やかな駒込。しかも、駅から徒歩数分の場所にある、昔ながらの雰囲気が心地よい「霜降銀座商店街」にそのお店「麺屋 KABOちゃん」はあります。ここを知るきっかけは何だったのでしょうか。

「店名は主のニックネームなのですが、カボちゃんはもともと食べ歩き仲間。現在の『すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館』が復活オープンした2008年ごろにお互いよく入り浸っていて、仲よくなったんです」(田中さん)

カボちゃんこと窪川剛史さん。笑顔が似合う柔和な人柄で、ラーメン店主をはじめたくさんの知り合いがいるそうです
カボちゃんこと窪川剛史さん。笑顔が似合う柔和な人柄で、ラーメン店主をはじめたくさんの知り合いがいるそうです

ラーメン好きの間で知らない人はいないというほど、窪川さんはラーメンマニアとか。ただ、ほかの料理にも精通しており、田中さんは窪川さんと一緒に全国食べ歩きの旅に出かけたことも。

「ラーメン以外だと、肉とスイーツが好きという印象。でも、たとえば京都の名割烹『祇園 さゝ木』から謎の超コスパドカ盛り焼肉店『焼肉はせ川』まで、色んなジャンルの人気店に行きましたね。当時のカボちゃんはサラリーマンだったので彼の休みの日とかに行ってましたけど、ラーメン屋になってからはなかなか遠出する時間がとれないみたいで。でも、作るラーメンは凄くおいしいので流石です!」(田中さん)

しもふり中華そば(¥750)。丸鶏と鶏ガラによるスープに数種の魚介と乾物のダシをブレンドし、凪製麺の平打ち中細ストレート麺が絡みます
しもふり中華そば(¥750)。丸鶏と鶏ガラによるスープに数種の魚介と乾物のダシをブレンドし、凪製麺の平打ち中細ストレート麺が絡みます
カウンターのみの6席という店内は厨房も狭小。とはいえスペースをうまく活用し、スープをしっかり炊くのはもちろんチャーシューもオーブンでじっくり焼き上げています
カウンターのみの6席という店内は厨房も狭小。とはいえスペースをうまく活用し、スープをしっかり炊くのはもちろんチャーシューもオーブンでじっくり焼き上げています

そうして、まずは定番の「しもふり中華そば」が到着。煮干しと削り節はそれぞれ4種、さらに昆布や椎茸をダシに重ね、醤油は濃口に加えて薄口と再仕込みの生醤油を使うという奥深い仕上がりになっています。

「昔ながらの中華そばの見た目を持ちながら、スープには鶏の旨みが満ちていて、醤油の豊かな風味が生きた最新型のラーメン。チャーシューも肉好きならではのおいしさで、あふれる旨みとプルンとした食感が絶品ですね」(田中さん)

チャーシューは豚バラ肉と鶏ムネ肉の2種類を提供。肉に関しても調理経験はなかったものの、食べ歩きで培った優れた味覚から超一流レベルの味を完成させました
チャーシューは豚バラ肉と鶏ムネ肉の2種類を提供。肉に関しても調理経験はなかったものの、食べ歩きで培った優れた味覚から超一流レベルの味を完成させました

そんな「麺屋 KABOちゃん」誕生のきっかけも、先述のラーメン店・凪が深く関係していました。この場所にもともとあった、凪グループの「西尾中華そば」を居抜きの形で受け継いだのが同店なのです。

「当初は凪の生田智志大将をはじめ、多くの有名ラーメン店主が『カボちゃんのためなら』って味作りのアドバイスをしてましたね。また、オープン後も定休日を使って研究を重ね、当時2013年の新人賞レースにノミネートされるほどの実力店に。その他の新人賞候補は有名店出身の実力派ぞろいだったから、そこに肩を並べるカボちゃんはやはり只者ではないなと」(田中さん)

メニューはバラエティ豊富。
特にスパイシーな味噌ラーメンは個性的

田中さんが「ほかにはあまりない味」とオススメするラーメンが、「スパイシー味噌中華そば」。そう、それはスパイシーなテイストにあります。明らかに普通の味噌ラーメンとは違う、旨みの奥にある魅惑的なアロマ。個性的ともいえるその味わいは「時に無性に食べたくなる一杯」と田中さんは言います。

「和の食材である味噌に、クミン、コリアンダー、カルダモンなどのスパイスでオリエンタルな香りをプラスしたのは大発明といえる独創的なもの。和山椒や、四川料理などで使われる花椒(ホアジャオ)のピリっとした刺激も絶妙で、クセになる風味なんですよ」(田中さん)

スパイシー味噌中華そば(\850)。仙台味噌をメインに八丁味噌と九州の麦味噌を調合したタレと、カレーなどで用いられるエスニック系のハーブや香辛料が決め手です
スパイシー味噌中華そば(\850)。仙台味噌をメインに八丁味噌と九州の麦味噌を調合したタレと、カレーなどで用いられるエスニック系のハーブや香辛料が決め手です
麺は「しもふり中華そば」と一緒ですが、提供直前に小鍋で煮込んでスープとなじませるとか。味噌のトロみと相まって乳化が深まり、ご飯がほしくなる味わいに
麺は「しもふり中華そば」と一緒ですが、提供直前に小鍋で煮込んでスープとなじませるとか。味噌のトロみと相まって乳化が深まり、ご飯がほしくなる味わいに

このほか「塩中華そば(¥750)」や「柿酢のつけ麺(醤油or塩 ¥850)」とメニューの種類が豊富なのも見逃せません。定番は醤油ですが、珍しいもの好きなら味噌、あっさり系が好みなら塩。さらにつけ麺派も楽しめるという間口の広さは、女性にオススメできるひとつのポイントだそうです。

女性に絶対食べてほしい
旬の果物を使った夜限定のふわふわかき氷

でも、女性向けという点においてはさらにとっておきの魅力がありました。それが旬のフルーツを使った数種類のかき氷。味わえるのは夜の部だけですが、冬の寒い日でもオーダーが入る人気メニューなのです。たとえば「イチゴみるく」は、5年熟成のバルサミコ酢を使った濃密なイチゴシロップや、練乳を使わず絶妙な甘さに仕上げたミルククリームがふわふわの氷とベストマッチ。

イチゴみるく(¥700)。ほかに「イモみるくみたらし(¥650)」などこの日は計5種類がラインナップしていました
イチゴみるく(¥700)。ほかに「イモみるくみたらし(¥650)」などこの日は計5種類がラインナップしていました

「ラーメンひと筋の店主って、けっこういると思うんです。でも、カボちゃんはおいしいものなら何でも好きで追い求めるタイプ。そんな彼の美食愛をよく表しているメニューがかき氷といえるでしょう。僕はここに来たらラーメンのあとに必ず頼みますし、公式ツイッターのお知らせで食べたいフレーバーが登場した時も来ちゃいますね」(田中さん)

これを目的に、かき氷マニアや食べ歩きの女性も多く訪れ、その評価も高いとか。なお混雑しないようにかき氷の注文は夜営業のみで、一度におひとり様2品までとなっています
これを目的に、かき氷マニアや食べ歩きの女性も多く訪れ、その評価も高いとか。なお混雑しないようにかき氷の注文は夜営業のみで、一度におひとり様2品までとなっています

おいしいものがたくさん存在するなかで、窪川さんがかき氷を提供したいと思った理由。それは店舗の設備もさることながら、食べ歩くなかで衝撃的なお店に出合ったことと、そこでかき氷という料理の奥深さを知ったからだと言います。

「ラーメンとかき氷。どちらもそれなりに歴史のある料理ですが、ここ数年で劇的においしくなったと思うんです。それは研究熱心な先人のおかげというのもありますし、自由な発想で革新的な調理法や味わいが次々に登場して進化したからだと思います。僕はラーメンでは横浜の『吉村家』、かき氷では鵠沼の『埜庵(のあん)』が食べ歩きの原点ですね。どちらも、それまでの概念を覆すおいしさで、のめり込んでいきました」(窪川さん)

かき氷のレシピも、ラーメン同様修業はせず独学。ただ、機械に関しては埼玉の超人気店「慈げん」からおさがりを譲り受けたとか。持ち前の人柄のよさと行動力は、ここにも発揮されていました
かき氷のレシピも、ラーメン同様修業はせず独学。ただ、機械に関しては埼玉の超人気店「慈げん」からおさがりを譲り受けたとか。持ち前の人柄のよさと行動力は、ここにも発揮されていました

なお、かき氷は「霜降銀座商店街」の八百屋さんから毎日旬の果物を仕入れているのも特長。田中さんは「昭和の温かさがあふれる商店街の人たちに、カボちゃんが愛されているのがよくわかりますよね」と微笑みながらかき氷を完食。続けて、「店内も、狭いわりに居心地がいいのはカボちゃんの人徳あってのことでしょう。店名も、看板のデザインもかわいらしくて、雰囲気的に女性も入りやすいので本当にオススメですよ」と語ります。

窪川さんがこの日着ていたTシャツは、「WORK SHOP」というラーメン店仲間の組織のもの。「ラーメン作りは皆真面目ですが、ゆるい性格の店主が多くて楽しいんです」と、最もゆるそうな窪川さんがニッコリと教えてくれました
窪川さんがこの日着ていたTシャツは、「WORK SHOP」というラーメン店仲間の組織のもの。「ラーメン作りは皆真面目ですが、ゆるい性格の店主が多くて楽しいんです」と、最もゆるそうな窪川さんがニッコリと教えてくれました

ラーメンがおいしくて種類が豊富、さらにかき氷も絶品なのが「麺屋 KABOちゃん」の特長ですが、それを根底から支える店主の料理愛と人柄のよさが、その素晴らしさをより際立たせているのでしょう。絶品ラーメンとともに魅力的な店主が登場する本連載、次回もお楽しみに!

 
取材・文=中山秀明 撮影=若林良次
 


Shop Data

dsc_8471

麺屋 KABOちゃん
住所:東京都北区西ケ原1-54-1
電話番号:非公開
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00 ※売り切れ次第終了。かき氷は夜の部のみ。
定休日:水
アクセス:JR山手線「駒込駅」北口徒歩7分

Profile

田中 貴

2008年に再結成を果たし、以来ライブを中心にマイペースながらも精力的に活動を続けるサニーデイ・サービスのベーシスト。年間600杯以上を食べ歩くラーメン好きとして知られ、TVや雑誌などでそのマニアぶりを発揮することも多い。バンドとしては2016年8月3日に通算10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』を発売。そして10月21日の大阪を皮切りに、「サニーデイ・サービス TOUR 2016」を各地で興行している。ファイナルとなる12月15日の東京公演まで、音と麺の旅は終わらない。