FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

おいしい、かわいい、ハイコスパ。自分を励ます成城石井のちょっと贅沢なおやつBest 3

TAG

ちょっといいことがあった日、仕事でくやしいことがあった日。家に帰って、自分を褒めたり励ましたり、なぐさめたりできるごほうびスイーツはいま、デパ地下ではなく、お近くのスーパーマーケット「成城石井」で見つかります。

近年ローソンの関連会社になったことで、一気に店舗数を増やし身近になった成城石井は、オリジナル食品の絶妙な品揃えとおいしさでも人気。今回は、そんなちょっと贅沢したい夜に紅茶といっしょに食べたいスイーツを選りすぐりの3点、ピックアップしました。

第3位 成城石井「いちごバター」

20171128_seijouishii_1

第3位は「いちごバター」です。これは国産のイチゴで作ったジャムとバターをブレンドしたスプレッド。普通のイチゴジャムでは物足りないという人を中心に、ジワジワとファンを増やしています。

イチゴジャムだけでは、強い酸味やストレートな甘さが気になることはないでしょうか。この「いちごバター」は、濃厚なバターを混ぜ合わせることでイチゴの酸味を和らげ、まろやかでとろけるような味わいに。しかもゴロッとした果肉も入っていて、それがアクセントになっています。

カリカリに焼いた食パンに塗ってもいいですし、クロワッサンやスコーン、ワッフルに合わせても至福。小さめにパンケーキを焼いてその上にたっぷりのせれば、ワンランク上のスイーツに早変わり。

↑いちごバターはまろやかでミルキーな味。いちごの果肉も入っています
↑「いちごバター」はまろやかでミルキーな味。いちごの果肉もたっぷり

第2位 desica「生チョコティラミス」
20171128_seijouishii_4

第2位は、成城石井のプライベートブランド「desica」の「生チョコティラミス」です。こちらは成城石井における大人気商品。けっこうボリュームたっぷりで、3人くらいで食べてちょうどいいサイズ。値段も700円ほどとコスパは抜群です。

イタリアのマスターマルティニ社の「ARIBA」というカカオ分72%のクーベルチュール(脂肪分の高いチョコレート)を使用し、土台のスポンジ部分は苦みの効いたガトーショコラのような味わいです。さらに生チョコだけでなく、成城石井のティラミスにはしっかりとレアチーズ感があるのもポイント。北海道産マスカルポーネが、チーズ独特の酸味とクリーミーさを引き立たせています。

仕上げのココアパウダー、チーズと生クリームのコクとフレッシュさ、土台のビターテイスト。これらが一体となって口の中に広がる瞬間はたまりません。濃いめのコーヒーにももちろん合いますが、アールグレイや砂糖抜きのミルクティーにもよくマッチします。

↑ティラミスを食べたいと思ってもなかなか売っているところがなく、成城石井はありがたい存在です
↑ティラミスを食べたいと思ってもなかなか売っているところがなく、成城石井はありがたい存在

第1位 成城石井「自家製 オレンジケーキ」
20171128_seijouishii_8

第1位は「成城石井 自家製 オレンジケーキ」です。1320円(税抜)と気軽に買えるお値段ではありませんが、少し贅沢したいときや、賞味期限が1週間以上と長めなので手みやげとしても重宝するパウンドケーキです。

なんといっても見映えが美しい! 上に飾られた輪切りのオレンジがキラキラと輝いて、食べる前からテンションが上がります。さらに切ってみるとその質の良さがわかります。スーッとナイフが入っていくしっとり感。安いパウンドケーキだと切っている端からボロボロと崩れて、食べてもパサパサ……ということになりがちですが、こちらはしっとり&どっしり。きめが細かくて吸い付くかのようです。

ケーキの生地のなかにもオレンジピールがたくさん練り込まれ、わずかな苦みと爽やかな酸味が、甘いケーキをキリッと引き締めてくれます。上質感が伝わってきて、食べてすぐ幸せになれるスイーツです。

冷蔵庫で冷やしても美味しいですが、軽くレンジで温めると食感が変わります。しっとりからふわっと柔らかい感触に変わり、オレンジと洋酒の香りが一層漂う大人のケーキになります。冷やしても温めても、紅茶との相性は抜群! 最近は紅茶専門店も多いので、お気に入りの紅茶を買ってオレンジケーキとともに最高のティータイムをお過ごし下さい。

↑どっしりとしているので、一切れでも見た目以上に食べ応えあり。オレンジピール好きには天国です
↑どっしりとしているので、一切れでも見た目以上に食べ応えあり。オレンジピール好きにはたまらない

 

文=広山ミトン