FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

サニーデイ・サービス 田中 貴 presents「女性も嬉しい旬なラーメン」

TAG

透明感のあるロックサウンドで支持されているサニーデイ・サービスのベーシスト、田中 貴さん。年間600杯以上を食べ歩くラーメン好きとしても知られ、いまや雑誌でラーメン連載を持つほどです。その田中さんが、女性にイチオシの一軒を紹介するというのが本レポート。今回選んでくれたのは、今年3月末にオープンした銀座の大型商業施設内のお店でした。

テーブル席でリラックスしながら
上品なラーメンをショッピングの前後に

 その名も「ふぐだし潮 八代目けいすけ」。銀座駅に直結した「東急プラザ銀座」の地下2階にあります。店名が示すように、ふぐを贅沢に使ったラーメンが看板メニューですが、同店をセレクトしたのはどんな魅力があるからでしょうか?

「女性にオススメの味や雰囲気のラーメン店はたくさんありますが、今回は特に女性同士で楽しめることを観点にチョイスしました。八代目けいすけは無二といえる上品な味わいもさることながら、テーブル席が豊富にあるので居心地が抜群なんです。女性同士であれば、ラーメンを食べるだけでなくおしゃべりもしたいと思うんですよ。その点でいえば、カウンターだけの店よりもゆっくりできるここは穴場ですね」(田中さん)

和モダンで清潔感あふれる、すっきりとした雰囲気の店内。7席のカウンターのほかに16席のテーブルがあり、日夜多くの女性がラーメンを楽しみながらワイワイとにぎわっています
和モダンで清潔感あふれる、すっきりとした雰囲気の店内。7席のカウンターのほかに16席のテーブルがあり、日夜多くの女性がラーメンを楽しみながらワイワイとにぎわっています

 さらには、銀座の一等地に誕生したばかりのファッションビル内という話題性もポイントとか。高級ブランドだけでなく、お洒落な雑貨店なども多く入っている東急プラザ銀座は、新しいもの好きの女性が気軽に行けるスポット。ショッピングを楽しむ前後に食事をする際にはぜひ八代目けいすけを、と田中さんは言います。そして、提供されるラーメンの独創性な味について教えてくれました。

3種類のふぐを贅沢に使い“追いふぐ”でより深く。
リッチな風味あふれるラーメンという名のふぐ料理

 やはり特徴的なのはふぐのダシ。しかも、とらふぐ、まふぐ、白さばふぐと3種類使うとともに、提供直前に“追いがつお”ならぬ“追いふぐ”でとらふぐのあらのダシを追加して、より芳醇な風味を際立たせているそうです。

「味の繊細なふぐでダシをとるのは難しいと思うんですが、重ねることで旨味を高める技が秀逸ですね。また香味油にはイタリア産のトリュフオイル、トッピングにはふぐの刺身で使われる高級な『ふぐねぎ』や、通常より柔らかい希少な穂先メンマを採用するなど随所に贅沢な素材が散りばめられています。一般的なラーメンと比較すると高価かもしれませんが、コストパフォーマンスは決して悪くないですよ。東急プラザのほかのレストランで食事をするより、ずっとおトクなはずです」(田中さん)

有田焼の窯元まで直接赴き、特注の器を依頼。しかも、塩味用と醤油味用の2パターンをオーダーするこだわりよう。お茶漬けにしやすいよう、注ぎ口が付いているのも特長です
有田焼の窯元まで直接赴き、特注の器を依頼。しかも、塩味用と醤油味用の2パターンをオーダーするこだわりよう。お茶漬けにしやすいよう、注ぎ口が付いているのも特長です

 田中さんは今回、「ふぐだし潮らーめん美味玉入」(¥1,150)を注文。ひと口すするなり「やはり旨い!」と愉悦に浸りながら、改めて感想を聞かせてくれました。

「ふぐの味を強調した、奥深いスープが鼻孔をくすぐりますね。下手なふぐ専門店のてっちり鍋より断然おいしい! また全粒粉をブレンドした香り高い細麺が、抜群にマッチしています。昆布締めされたふぐの身は旨味がジュワっと凝縮していて、そのほかワサビやスダチなど、さっぱりと味を変えられるアイテムもイイ! ラーメンという名のふぐ料理として、完全に成立していますね」(田中さん)

ふぐだし潮らーめん美味玉入(¥1,150円)。たまり醤油で漬け込まれた玉子は、より色鮮やかに。また花の形をした麩には、四季に応じて色が変わるという粋な遊び心が込められています
ふぐだし潮らーめん美味玉入(¥1,150円)。たまり醤油で漬け込まれた玉子は、より色鮮やかに。また花の形をした麩には、四季に応じて色が変わるという粋な遊び心が込められています

ふぐの旨味が凝縮したスープで楽しむ
ラーメン店ならではの特別なお茶漬けを

 麺をすっかりたいらげた田中さんでしたが、「締めにぜひ試してほしいスペシャルメニューがあるんです」と券売機へ。追加でオーダーしたのは「ふぐ茶漬け」(¥400)。食べ終わった後のラーメンのスープで楽しむという、ここならではの逸品です。

「お茶漬けとはいえ、ごはんがふぐのダシで炊かれているので香りが豊か。また、昆布締めのふぐが付いてくるのも嬉しいですよね。まずはそのままごはんの味を堪能し、次に切り身と一緒にまたひと口。そうしたら備え付けの焼き石をスープに入れて温度を上げ、切り身をのせたごはんに投入して食べるのがオススメですよ」(田中さん)

アツアツに熱せられた焼き石。スープに入れると「ジューっ」っという音とともに気泡が出て、温度を上昇させているのがよくわかります。つけ麺専門店以外で用意しているのは珍しいとか
アツアツに熱せられた焼き石。スープに入れると「ジューっ」っという音とともに気泡が出て、温度を上昇させているのがよくわかります。つけ麺専門店以外で用意しているのは珍しいとか
ごはんの上に、あられと刻み海苔があしらわれた状態で提供。箸休めとしてしば漬けが添えられ、ワサビも別皿で用意されます。片口の器からスープを注げば、芳しいふぐ茶漬けのできあがり
ごはんの上に、あられと刻み海苔があしらわれた状態で提供。箸休めとしてしば漬けが添えられ、ワサビも別皿で用意されます。片口の器からスープを注げば、芳しいふぐ茶漬けのできあがり

ツアーで全国の隠れ名店を食べ歩く
田中さんならではのラーメン見聞録と人脈

 食べ終わった田中さんに、気になったことを聞いてみました。それは、同店の「八代目」という屋号です。ほかにも系列店があるのでしょうか。

「そう、いまは九代目まであります。ただ9店舗というわけではなく、新しいラーメンジャンルの店を出す際に増えていくというニュアンスですね。味噌、つけめん、塩など多彩にあって、どれも個性的なんですよ。この近くにあるのは『銀座鴨そば九代目けいすけ』。鴨を前面に押し出した力強い味のラーメンで、ジビエなどの肉料理が好きな女性には特にオススメです」(田中さん)

 ラーメン好きが高じて、有名店の店主とのネットワークを多く持つ田中さん。やはりけいすけの店主とも、田中さんならではのエピソードがありました。

「僕、全国ツアーを年に3回くらいやっていた時期があるんですね。その都度ラーメン店巡りをしていたので、地方のライブハウスのスタッフやお客さんから、本やネットには載らないものの地元民に愛されているラーメン店情報を聞くことができるんですよ。そんなこともあったので、店主のけいすけさん(竹田敬介社長)と初めて会ったときもけいすけさんのラーメンの原点といえる長岡市のラーメン談義に花が咲いて、一気に仲よくなりましたね」(田中さん)

 ラーメンマニアはたくさんいても、田中さんのように全国行脚できる人はそういません。各地のラーメンを一番知っているのは田中さんであり、「やっぱりこの人はラーメンを愛しているんだなぁ」と強く思いました。また機会があれば、別の切り口から女性にオススメの一軒を聞いてみたいと思います。

 
取材・文=中山秀明 撮影=村田卓(go relax E more)


Shop Data


_dsc5273-3

ふぐだし潮 八代目けいすけ
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2
電話番号:03-6228-5033
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:45)
定休日:不定休(東急プラザ銀座に準ずる)
アクセス:銀座線ほか「銀座駅」直結

Profile

田中 貴

2008年に再結成を果たし、以来ライブを中心にマイペースながらも精力的に活動を続けるサニーデイ・サービスのベーシスト。年間600杯以上を食べ歩くラーメン好きとして知られ、TVや雑誌などでそのマニアぶりを発揮することも多い。バンドとしては2016年8月3日に通算10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』を発売。そして10月21日の大阪を皮切りに、「サニーデイ・サービス TOUR 2016」を各地で展開する。ファイナルとなる12月15日の東京公演まで、音と麺の旅は終わらない。