ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

本州はいよいよ本格的な梅雨に突入!雨の日、晴れ晴れとした気分になる
オシャレで便利なレイングッズ11

TAG

沖縄は早々に梅雨明けしましたが、関西には記録的な大雨が続き、関東以北は来週以降にいよいよ梅雨らしい空模様に突入する様子。そこで手持ちのレイングッズをあらためて確認してみると、突然の雨に駅やコンビニで調達したビニール傘、誰かのお下がりのちょっとダサい折り畳み傘、雨の日にはこれでいいかと決め込んだ履き古しのシューズ……。そんな“駆け込みグッズ”ではなく、毎日どんよりした梅雨どきこそ、雨の予報にワクワク、雨降りの日には晴れ晴れとした気分で過ごせる、お気に入りのレイングッズを選びましょう。そこで足を運んだのは、使いやすさはもちろん、デザインにもこだわりたい人にぴったりのレイングッズを数多くそろえている、渋谷ロフトです。

 

 

デザインも使いやすさも。最近は
欲張りなレイングッズがたくさん

いままでのレイングッズは、傘を例にとっても、デザインがかわいいものはかさばったり重かったりと使いにくく、小さく折りたためて軽い折り畳み傘は、なんだか野暮ったいものばかり。さらに快適に過ごせるようなアイデアグッズも満足な点数はありませんでした。それが、ここ2〜3年で一気にレイングッズや関連商品が増え、デザインも使いやすさも両立したアイテムが見つかるようになった、とロフト広報の中川真理子さんは話します。今回はそんな“オシャレで便利なレイングッズ”を11点、ピックアップしてもらいました。

 

 

ビニール傘にも遊び心を!

20170630_raingoods_1

「ロフトオリジナル/ビニール傘 ウェザー」1944

ビニール傘、通称“ビニ傘”といえば、駅やコンビニで販売されている味も素っ気もないものか、色付きで野球観戦のおとも、という存在でしかなかったのですが。近年では、雨粒越しにインスタ映えする写真が撮れるとか、王室御用達の超高級モデルが市販されるなど、なにかと話題です。これは、雲や鳥の模様に天気図の温暖・寒冷前線をさりげなくあしらい、遊び心も盛り込んだデザイン性が自慢のビニール傘。上を見上げて気分よく歩けそうです。

 

 

華やかに、軽やかに

20170630_raingoods_02

「ロフトオリジナル kiu(キウ)/エアーライト 60cm カメリア」3888

「エアーライト」の名前の通り、空気のように軽い折り畳み傘です。必要最小限の傘骨と小さなハンドルのおかげで、その軽さはわずか90g。スマートフォンよりはるかに軽く、邪魔にならないので、梅雨のシーズンは天気予報をチェックするまでもなく、いつもカバンに入れておいてとっさの雨に対応できます。細いので、カバンのペットボトルホルダーにも。カメリアの柄もかわいらしく、黒っぽいカバンの中でもすぐに見つかります。

 

 

かわいらしいポーチにイン!

20170630_raingoods_03

「w.p.c./折り畳み傘 マーガレットミニブルー」2484

白地にブルーの花柄、とどんな服装にも合わせやすいデザインの折り畳み傘。これは、傘袋がポーチタイプになっているのが最大のポイントです。一般的な差し込みタイプではなく、サイズが大きめで余裕があるので、濡れた傘を簡単に折り畳み、ポンと中へ放り込んでファスナーを閉じるだけ。ベルトも太くて畳んだ傘をホールドしやすいので、出先で時間がないときなど、無造作にしまえて便利です。ポーチは、スナップボタンを留めればさらにコンパクトに。

 

 

 

大人のためのドット柄アンブレラ

20170630_raingoods_04

「Saison Tourne(セゾントルネ)/折り畳み傘 ドット」7452

バンブーのハンドルにタッセル、という大人っぽいディテールを盛り込んだ折り畳み傘。カーブした大きめのハンドルは多少かさばりますが、オシャレなだけでなく、腕などに引っ掛けられるので、荷物が多いときや両手を使いたいときなどには助かります。傘は開くと、大ぶりの総ドット柄が目を引きますが、黒地にニュアンスカラーのドットなので、落ち着いた印象。共布の袋は、傘を入れたあと外側にくるっと折り返してベルトで留めれば華やかに。

 

 

くるっと折り畳んでポータブル

06_BEAR4390_1

「Fit Packa!(フィットパッカ)/トリコ」6372

最近はオシャレな長靴も増えてきましたが、これは珍しい“オシャレでありながらパッカブル”というすぐれもの。筒部分が薄手でやわらかいので、くるくると丸めて付属の袋に入れて持ち運べる一方、広げると自立するので、足を入れやすいのもうれしいポイントです。全体的に軽いので歩きやすく、履き口が広めでブーツインスタイルしやすい作り。アウトソールが外側に巻き上げられたシルエットはクラシックで、よりオシャレな印象に仕上がっています。

 

 

雨の日も晴れの日も大活躍

20170630_raingoods_05

「Danke(ダンケ)/レインケープ ホワイトイナズマ」3240

被って着るケープタイプのレインコート。小さなイナヅマ柄がかわいらしくも主張しすぎず、落ち着いたデザインを好む人にもぴったりです。胸元はスナップボタンの下にファスナーもあるので、雨の浸入をしっかり防御。ケープはたっぷりとしたスペースがあるので、カバンを内側にしまって羽織れます。また、サイドのスナップボタンをはずせば四角い1枚の布に。広げて簡易的なレジャーシートとしても使える、晴雨兼用の便利アイテムです。

 

 

雨からカラダを徹底防御!

20170630_raingoods_06

「ロフトオリジナル kiu(キウ)/レインジップアップ ハナ」5292

もうひとつ、レインコートをご紹介しましょう。こちらは腕のあるジャケットタイプ。オレンジをベースにピンクの花が全面にあしらわれたデザインで、華やいだ気分に。フロントファスナーやポケットには止水ファスナーを使っているので、横なぐりの激しい雨でも、ファスナー部分から雨が染み込む心配はありません。フロントのファスナーは、上から下まで通っているので、暑い時や小雨のときは前を開けて羽織るように着られます。

 

 

大事なバッグを濡らさない

20170630_raingoods_07

「w.p.c./レインバッグカバー ネイビー」1296

レザーバッグやカゴバッグ、お気に入りでそれなりのお値段がする自慢のバッグは、雨や湿気が大敵です。防水スプレーをするより、いっそ丸ごとカバーをかけてしまいましょう。傘と同じ撥水性のある生地で作られた、大きめのバッグ、といった形のこれ。バッグをこの中に入れてハンドルだけ出し、口を巾着のように絞って結べばオーケー。華やかな水滴模様が、ますます気分を明るくしてくれます。

 

 

濡れた傘の居場所に

20170630_raingoods_08

「hacobel(ハコベル)/吸水傘ケース 2way」2138

お店に入店したり、混み合った電車に乗車したり、濡れた傘を持ち込むときは、折り畳んだあとの取り扱いに困るもの。これは内側の全面にマイクロファイバーを、外側の素材に傘と同じポリエステル生地をあしらったケース。濡れた折り畳み傘を畳んでここに収納すれば、自分のカバンや服も濡らさないし、周囲の迷惑にもなりません。2ヶ所にベルトがついているので、バッグのハンドルやショルダーにも装着可能。使い終わったら、広げて置いておけばすぐに乾きます。

 

 

さらふわヘアは雨でもキープ

20170630_raingoods_09

左:「スキューズミー/ドライシャンプー ロータスフラワー」1296

右:「フジコ/ポンポンパウダー」1782

濡れたり、湿度の高い空気がまとわりついたり、朝のヘアセットも台無しにするのが雨。洗いたてのような、スタイリングしたてのような質感とボリュームをキープしてくれるのが、この2点。左の「ドライシャンプー」は頭皮にスプレーを、右の「ポンポンパウダー」は丸いスポンジを頭皮にポンポンとやさしく叩き込むだけで、雨や蒸し暑い空気で頭皮に浮かんだ過剰な皮脂を吸着、さらっとした状態に戻して、不快感を解消してくれます。

 

※商品の価格はすべて、税込で表記しています。

 

Shop Data

unnamed

渋谷ロフト

東京都渋谷区宇田川町21-1
03-3462-3807
営業時間 10:00〜21:00
無休
http://www.loft.co.jp/shoplist/shibuya/

渋谷ロフトには、このシーズンだけのレイングッズコーナーが出現。6月いっぱいは1階入り口正面で、7月より同階の別の場所で展開しています。

 

写真=熊谷義久 取材・文=@Living編集部