ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

話題の映画からゲームまで、いつでも高画質で。家でのんびりしたい日には
「Apple TV 4K」があればいい

TAG

家でテレビを観るのもいいけれど、普通のテレビ番組に飽きるときがありますよね。とはいえ、映画のDVDを借りに行くのはもちろん、映画館に足を運ぶのも面倒……。冬の寒い日は、外出するのも億劫になるものです。そんなときは「Apple TV 4K」の出番!

2017年9月末に発売された「Apple TV 4K」は、これまでApple TVを使ったことがない人にこそ使ってみてほしいアイテム。いったいどんなことができるのか、設定の手順と合わせてご紹介しましょう。

 

設定方法がとにかく簡単!

Apple TVは、パソコンのように単体で使うものではなく、テレビに接続して使うデバイスです。「Apple ID」でログインすれば、「iTunes Store」で映画をダウンロードしたり、「App Store」でアプリをダウンロードしたりして、家のテレビで楽しめます。簡単に言ってしまえば、これまでiPhoneやiPadでしていたことが、テレビでできるようになるイメージです。

本体サイズは高さ35×幅98×奥行98mm、重量は425g。Apple TVのリモコン「Siri Remote」が付属する
本体サイズは高さ35×幅98×奥行98mm、重量は425g。Apple TVのリモコン「Siri Remote」が付属する

Apple TVを使うにあたって必要なのは、インターネット環境。有線でも接続できますが、Wi-Fi(無線LAN)につないだほうが設置場所の自由度が高まります。

こう聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、実は設定方法は驚くほど簡単です。まずはApple TVを電源につなぎ、テレビとApple TVをHDMIケーブルで接続します。テレビの電源を入れると、Apple TVの設定画面が表示されるので、あとは画面に表示されたとおりにリモコンを接続したり、手元のiPhoneやiPadを連携させたりするだけなのです。

上部のマットな部分(Touch Surface)をスワイプやクリックして操作する。底面にあるLightningコネクタで1回充電すれば、数か月使用可能
上部のマットな部分(Touch Surface)をスワイプやクリックして操作する。底面にあるLightningコネクタで1回充電すれば、数か月使用可能

しかも、「iOS11」を搭載したiPhoneやiPadであれば、近くにあるデバイスが自動で認識されるので、認証コードを入力するだけでアカウントを連携できます。Wi-FiやApple IDの設定が一瞬で終わるので、これは本当に便利です。

iPhoneと連携するには、BluetoothをオンにしてApple TVに近付ける
iPhoneと連携するには、BluetoothをオンにしてApple TVに近付ける

 

4K HDRは映画館さながらの臨場感

Apple TV 4Kは、「4K HDR」画質でのコンテンツ視聴が可能なのが最大の特徴です。4K HDRに対応したテレビであれば、とにかく高画質な映像が楽しめます。

映画を観るには、「iTunes Movie」を利用します。少しずつ4K作品が配信され始めているので、気になる作品の詳細欄をチェックしてみましょう。4K作品もHD作品と同じ価格で配信されているので、気軽に視聴できるのがいいですね。

トップ画面にはアプリの一覧が表示される。映画をレンタル・購入するには「iTunes Movie」を選択
トップ画面にはアプリの一覧が表示される。映画をレンタル・購入するには「iTunes Movie」を選択

また、すでにHD版を購入していた作品は、自動的に4Kにアップデートされます。もちろんアップデートするのにお金はかかりません。4K対応の作品はまだ少ないのですが、HD画質の作品もこれまで以上に美しく表示されるのもポイントです。

4K画質の作品は詳細画面で「4K」と表示される
4K画質の作品は詳細画面で「4K」と表示される

4K HDRの映像は、とにかく精細な画質が魅力。とくに暗いシーンのときに、その威力を発揮します。細部のディティールまでしっかり表現されるので、映画館で観ているような感覚になれること必至です。

 

Siriを使って検索の文字入力の手間を軽減

音声アシスタントの「Siri」は、Apple TVでも大活躍します。たとえば、iTunes Movieで4K作品を探したいときには、「4Kの映画が観たい」と言えばOK。これだけで、4Kコンテンツの一覧を表示してくれるのです。

iTunes Movieだけでなく、Netflix上の4K配信作品も表示される。
iTunes Movieだけでなく、Netflix上の4K配信作品も表示される。

ほかにも、「コメディ映画が観たい」といったジャンルでの検索や、作品名での検索も可能。作品名で検索したときに、NetflixやHuluでも配信されている場合は、どのアプリで観るのかを選ばせてくれるのも気が利いています。

また、iOS11を搭載したiPhoneやiPadであれば、手元のデバイスをApple TVのリモコンとして使えます。リモコンでメールアドレスやパスワードを入力するのは少し面倒ですが、この機能を使えば文字入力がとってもスムーズ! 細かい部分ではありますが、日常的に使うことをしっかり考えられているんです。

リモコンはスワイプ操作ができるので比較的文字入力はしやすいものの、iPhoneを使えばもっとスピーディーに入力できる
リモコンはスワイプ操作ができるので比較的文字入力はしやすいものの、iPhoneを使えばもっとスピーディーに入力できる

 

Apple TV専用アプリのラインナップも充実

Apple TVでは、HuluやNetflix、YouTube、Abema TVなどの動画アプリがダウンロードできます。自宅のテレビで観た作品の続きを、出先でiPhoneやiPadで観るなんてこともできるので、これまで以上に動画コンテンツを観る時間が増えるはず。

主要な動画配信サービスのアプリはほぼ網羅している。Apple TV 4Kの購入を機に定額制動画配信サービスに加入するのもおすすめ
主要な動画配信サービスのアプリはほぼ網羅している。Apple TV 4Kの購入を機に定額制動画配信サービスに加入するのもおすすめ

また、ゲームアプリなども多数配信されています。専用コントローラーがなくても遊べるゲームも多く、付属のリモコンを使って気軽に遊べます。わざわざゲーム機を買わなくてもテレビでゲームが楽しめるので、これまであまりゲームをしなかった人も、つい熱中してしまうかもしれませんね。

 

自分で撮った写真やビデオをテレビで楽しめる

Apple TV 4Kでは、「iCloud」上の写真やビデオをテレビの画面に表示することも可能です。iPhoneで撮影した写真やビデオを大画面で観る機会はなかなかないと思うのですが、試してみるとこれが結構楽しいんです。家族や友人とのホームパーティーの動画を観たり、写真をスライドショーにして楽しめたりと、撮影後の楽しみが広がります。

iPhoneやiPadの「iCloudフォトライブラリ」をオンにして、写真や動画をiCloud上にアップロードしよう。
iPhoneやiPadの「iCloudフォトライブラリ」をオンにして、写真や動画をiCloud上にアップロードしよう。

今回、Apple TV 4Kを使ってみて個人的に気に入ったのは、音楽をテレビから流せる「ミュージック」アプリ。最近のテレビは音質にもこだわっているので、意外にも家のなかの音響設備としては一番いいスピーカーだったりするんです。テレビからお気に入りの音楽を流しながら掃除や料理をするのは、思いのほか楽しいですよ。

「Apple Music」を利用していれば、テレビでも多彩な音楽コンテンツが楽しめる
「Apple Music」を利用していれば、テレビでも多彩な音楽コンテンツが楽しめる

Apple TV 4Kは、32GBモデルが2万1384円、64GBモデルが2万3544円(ともに税込)です。新たなテレビの活用方法を体感できるApple TV 4Kで、自宅でエンタメを思う存分満喫してみませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ITEM

 

20171030_appletv_profile

Apple TV 4K
32GB:2万1384円/64GB:2万3544円(ともに税込)

Apple TV 4K
https://www.apple.com/jp/apple-tv-4k/

 

取材・文=今西絢美