LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

ついに4月にオープンする新テーマパークに突入!親子で思いっきり楽しめる
レゴランド®・ジャパンの魅力

TAG

2017年4月1日、ついに名古屋にレゴランド®・ジャパンがオープン。世界7カ国8カ所目の、家族で楽しめる屋外型のレゴ®のテーマパークがいよいよ日本に初上陸します。レゴ®ビルダー(プロの職人)が作った壮々な街並みと建物がレゴ®ブロックで再現されるなど、世界中から大きな注目を集めています。家族みんなで楽しめるローラーコースターや潜水艦など、40種類以上のアトラクションやショーが楽しめるのも大きな魅力。1日中楽しむことができるエンターテイメントパークのポイントをご紹介していきましょう。

 

世界8番目レゴ®ブロック

テーマパークの魅力とは

170317_050
日本の名所をLEGO®ブロックで再現した「ミニランド」はレゴランド®・ジャパンの見どころのひとつ

 

レゴランド®・ジャパンは、レゴ®ブロックで有名なデンマークのLEGO®社が開設したテーマパークです。レゴ®ブロックをテーマにしてどんなことが可能かを追求した体験型の屋外テーマパークで、レゴ®ブロックを使った教育的な要素も備えています。

 

LEGO®の本社があるデンマークで1968年に開設したのが始まりで、現在はアメリカ(カリフォルニアとフロリダ)、イギリス、ドイツ、マレーシア、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイにあり、2017年4月1日オープンのレゴランド®・ジャパンは世界で8番目となります。

 

 

1700万個のLEGO®ブロックと
10,000のLEGO®モデルを使用!

レゴ®ブロックで作った名古屋城と東京スカイツリー、そしてその背後に本物の高速道路の橋がある風景が見られる
レゴ®ブロックで作った名古屋城と東京スカイツリー、そしてその背後に本物の高速道路の橋がある風景が見られる

 

レゴランド®・ジャパンは、一年を通して遊ぶことのできる日本で初めてのレゴ®体験型のテーマパーク。主に2歳から12歳までのお子様を持つご家族に楽しさ溢れる1日を提供します。パーク内には1700万個のレゴ®ブロックと10,000のレゴ®モデルを使用した海賊やクルマ、動物などのオブジェが展示されており、「レゴ®ブロックでこんなものまでできるの!?」ときっと驚くはず。20万個のレゴ®ブロックで作られた高さ2メートルの名古屋城など日本の象徴的な建物や風景を表現した「ミニランド」をはじめ、テーマの異なる7つのエリアから構成され、40以上の乗り物やアトラクション、ショー、ショッピングなどが楽しめます。また体験型ワークショップも数多く用意されており。想像力と創造力をはたらかせながらレゴ®ブロックの世界観にたっぷりと浸ることができます。

 

それではいよいよエリア別に案内していきましょう。

 

 

Factory LLJ Logo

《おみやげに工場できたてレゴ®ブロックがもらえる》

FACTORY(ファクトリー)

エントランス前の恐竜に使われたLEGO®ブロックはなんと約25万個!
エントランス前の恐竜に使われたLEGO®ブロックはなんと約25万個!

 

メインゲートをくぐって最初にお出迎えしてくれるのがレゴ®でできた巨大な恐竜。このエリアがレゴ®の世界のはじまり。レゴ®ブロックがたくさん入ったバケツが工場から運び出されていく演出もポイントです。「レゴ®ファクトリー・ツアー」でレゴ®ブロックがどうやって作られるのかを見学したら、おみやげ工場ではなんと「できたて」のレゴ®ブロックがもらえます。お向かいにある「ビッグ・ショップ」はアジア最大のレゴ®ショップ。ベビーカーや車イスは「コーナー・ショップ」でレンタルが可能です

 

アジアで最大級の品ぞろえを誇る「ビッグ・ショップ」
アジアで最大級の品ぞろえを誇る「ビッグ・ショップ」

 

レゴランド®・ジャパン限定グッズもあります。キーチェーン(1個) ¥700
レゴランド®・ジャパン限定グッズもあります。キーチェーン(1個) ¥700

 

 

Bricktopia LLJ Logo

《レゴ®ブロックの総合体験型エリア》

BRICKTOPIA(ブリックトピア)

専用カップに好きな色や形のレゴ®ブロックを選んで詰めて購入することが出来る「Pick a Brick(ピック ア ブリック)」。大ききカップ¥3000、小さいカップ¥2000
専用カップに好きな色や形のレゴ®ブロックを選んで詰めて購入することが出来る「Pick a Brick(ピック ア ブリック)」。大きいカップ¥3000、小さいカップ¥2000

 

世界中のレゴランド®ではじめて登場する「ブリックトピア」は、レゴ®ブロックを使って想像力を自由に発揮できる場所。クルマを作ってレースに参加できる「ビルド・アンド・テスト」や、レゴ®マインドストームを使ってロボットをプログラミングできる「ロボティック・プレイセンター」もあります。自分の思うままに作るのが大好きなレゴ®ブロックファンならいつまで居ても飽きないことでしょう。幼児向けのデュプロ®ブロックを使って遊べる「デュプロ®・プレー」も「デュプロ®・バレー」エリアにあります。ブリックトピアは小さなお子様向けのアトラクションやショーが多いので、小学校低学年までのお子様のいるご家族はこのエリアがおすすめ。

 

 

Adventure LLJ Logo

《潜水調査艦で古代遺跡探検》

ADVENTURE(アドベンチャー)

潜水艦に乗って古代遺跡を旅する「サブマリン・アドベンチャー」
潜水艦に乗って古代遺跡を旅する「サブマリン・アドベンチャー」

 

「サブマリン・アドベンチャー」ではレゴ®ダイバーの一員になって、潜水調査艦へ乗りこむというアトラクション。家族みんなで海底にある古代遺跡を探検します。珍しい魚やサメを眺めているとレゴ®ブロックでできたお宝がいくつも発見できるはず。エントランスの潜水艦は約65万個のレゴ®ブロックを使用。レゴ®ブロックで遊べる「シークレット・チャンバー・オブ・アムセトラ」前のファラオ像は20.3万個のレゴ®ブロックでできています。パークの見どころにもなっているのでお見逃しなく。

 

「サブマリン・アドベンチャー」から見た海底の様子。レゴ®ブロックでできた古代遺跡のまわりに本物のサメが出現!
「サブマリン・アドベンチャー」から見た海底の様子。レゴ®ブロックでできた古代遺跡のまわりに本物のサメが出現!

 

 

LEGO City LLJ Logo

《いろんな職業になりきりタウン》

LEGO® CITY(レゴ®・シティ)

パイロットやカーレーサー、さらには消防士になっていろんな乗り物に乗り込めるエリア。レゴ®シティで築き上げるのは、ブロックではなく決断とチームワーク。「ドライビング・スクール」では、クルマの運転を学ぶと、レゴランド®公式のドライバーズライセンスがもらえます。もう少し小さい3~5歳のお子様は「ジュニア・ドライビング・スクール」へ。こちらでも公式のドライバーズライセンスがもらえます。「コースト・ガード・エイチキュー」では水上の曲がりくねった周回コースでモーターボートを操縦できます。乗り物が大好きなコは真っ先にこのエリアへ行きましょう。

 

レゴ®消防車に乗ってチームで消火活動にあたる「レスキュー・アカデミー」
レゴ®消防車に乗ってチームで消火活動にあたる「レスキュー・アカデミー」

 

 

Knights Kingdom LLJ Logo

《気分は中世の騎士》

KNIGHT’S KINGDOM(ナイトキングダム)

中世の騎士がテーマの「ナイトキングダム」エリア
中世の騎士がテーマの「ナイトキングダム」エリア

 

たくさんの動くレゴ®モデルを通り抜ける「ザ・ドラゴン」
たくさんの動くレゴ®モデルを通り抜ける「ザ・ドラゴン」

 

「ナイトキングダム」のゲートをくぐると、そこはまるで中世の世界。レゴランド®・ジャパンで一番スリリングな「ザ・ドラゴン」に乗って王様のお城を駆け巡るジェットコースターや、まだ小さいコ向けのミニ・ローラーコースター「ドラゴンズ・アプレンティス」などを楽しむことができます。お城の中のレストラン「ナイト・テーブル・レストラン」は洋風、和風両方のメニューが楽しめるので大人も子どもも大満足。名古屋グルメのひとつ小倉トーストをアレンジしたフレンチトーストが味わえるのもコチラのレストランです!

 

中世のお城をイメージした「ナイト・テーブル・レストラン」で味わえるメニュー。ポテトがレゴ®ブロックのカタチなのにもご注目! ローストビーフ グレビーソース¥1700、チリドック¥550、チーズドック¥550 ホットドック¥500、LEGO🄬ポテト¥450
中世のお城をイメージした「ナイト・テーブル・レストラン」で味わえるメニュー。ポテトがレゴ®ブロックのカタチなのにもご注目! ローストビーフ グレビーソース¥1700、チリドック¥550、チーズドック¥550 ホットドック¥500、LEGO🄬ポテト¥450

 

 

Pirate Shores LLJ Logo

《冒険家と海賊のバトルがテーマ》

PIRATE SHORES(パイレーツ・ショア)

170317_179

冒険家と海賊のバトルをテーマにしたこちらのエリアでは、「スプラッシュ・バトル」が注目。うようよサメがうごめいている海に船をこぎ出し、海賊たちと水鉄砲で戦います! ゆらゆらと前後左右に揺れうごく海賊船「アンカー・アウェイ!」はちょっぴりスリルのあるアトラクション。キッズと同じくらいの背丈のミニフィグがたくさんいるのもこのエリア。楽しい写真を撮ってSNSにアップしたいインスタグラマーママにもパイレーツ・ショアは狙い目のエリアです。

 

 

Miniland

《日本の名所を約1000万個のレゴ®ブロックで再現》

Miniland(ミニランド)

レゴ®ブロックで見事に組み上げられた姫路城
レゴ®ブロックで見事に組み上げられた姫路城

 

さっぽろ雪まつり、東京タワー、大阪通天閣、京都・金閣寺、そして名古屋城や姫路城など、日本中から選んだ10か所の驚くような景色や街並みをすべてレゴ®ブロックで再現。その数約1000万個(正確には10,496,352個)のレゴ®ブロックを使用して約500の建物を再現、展示しています。一番高い東京スカイツリーは高さ約9m。渋谷駅前のスクランブル交差点と広島の宮島が一緒の場所で見られるのもレゴランド®・ジャパンならではの魅力です。

 

いかがでしたか。お出かけしたくなるこれからのシーズン。世界中が注目している屋外型キッズテーマパーク「レゴランド®・ジャパン」にいち早く足を運んでみませんか?

 

 

DATA

170317_039

《チケット情報》

レゴランド®・ジャパンには、1年中楽しめる「年間パスポート」と、期日限定で楽しめる「1DAYパスポート」の2種類のチケットがございます。

 

  • 年間パスポート

有効期限:初回来場のお日にちにかかわらず、2017年4月1日~2018年3月31日まで

販売価格:おとな(13歳以上)17300円 こども(3歳から12歳)13300円

 

  • 1DAYパスポート

有効期限:お買い上げ時にご指定いただいた日のみ

販売価格:おとな(13歳以上)6900円 こども(3歳から12歳)5300円

 

《アクセス》

お車のご利用→伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」降りてすぐ

電車のご利用→名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「金城ふ頭駅」よりすぐ

駐車場:レゴランド®・ジャパンには専用駐車場がありませんので「金城ふ頭駐車場」をご利用ください。

 

《営業時間》

10時~(開園時間は日によって異なる)

営業時間・開園日、休園日は下記ページをご覧ください。

https://www.legoland.jp/plan-your-visit/operation-page/

 

《お問い合わせ》

電話番号:050-5840-0505

(年中無休 9:00~12:00/13:00~17:00)

 

《レゴランド®・ジャパン公式ホームページ》

https://www.legoland.jp/

 

文・構成=プロデュース・オン・デマンド 撮影=工藤ケイイチ(ブリッジ)