LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

春を楽しく過ごすために準備したい花粉症との上手なつきあい方

TAG

3.帰宅後に洗顔とブラッシングをする
頭と顔は、体の中で特に花粉が付着しやすい部分です。でかけるときには帽子を着用し、帰宅したら髪のブラッシングと洗顔をすることで、付着した花粉を取り除きましょう。

肌や髪に付着する花粉をブロック!

002
イハダ アレルスクリーンN(50g) 972円

花粉やPM2.5(大気中に浮遊する直径2.5マイクロメートル以下の物質)の、肌への付着を防ぐスプレーです。顔や髪、マスクや衣類の上からシュッと吹き付けることで、花粉の付着を減らすことができます。メイクの上からでも使えるので、化粧直し時の保湿スプレーとしても重宝します。マスクの装着を嫌がるお子さまの花粉対策にもおすすめです。

ワセリンによる保湿で花粉の肌浸透を防ぐ!

サンホワイトP-1 チューブ品(50g) 1296円(参考価格)

「サンホワイトP-1」は、高品質な白色ワセリン100%。無香料、無着色、保存料不使用で、皮膚にやさしく赤ちゃんから大人まで安心して使えます。ワセリンの保湿効果で花粉による肌の乾燥を防ぐ以外にも、肌の表面や目元、鼻の下や穴の入り口に薄く塗ることで花粉の肌浸透を防ぐことができます。

4.メガネを着用する
花粉症対策専用のメガネを着用することで、目に入る花粉を大幅に減らすことができます。最近は普段使いにも違和感なく使えるおしゃれなものが増えてきていますので、好みのものを探してみましょう。

花粉をシャットアウトし、保湿もできる!

004

JINS 花粉CUT MOIST 5400円

普通のメガネと変わらない見た目なのに、目元をがっちりブロックしてくれる花粉カット専用のメガネです。2018年1月に発売されたこちらの新商品は、レンズ横部分にウォータポケットが付いています。付属のスポンジを水に湿らせて、ウォータポケットへセットすれば、目元の乾燥を防げます。

5.光沢のある服を選ぶ
ポリエステルやナイロン、皮製品など、表面がツルツルとした光沢のある素材の服を着用し、花粉の付着を防ぎましょう。ウール類は花粉が付きやすい上に静電気も発生しやすいので、避けるようにしましょう。

ほかにも、ペパーミントやユーカリの精油には、花粉症の症状をやわらげる効果があると言われています。ペパーミントやユーカリの精油を水で薄めたものをマスクにシュッとひと吹きしたり、布団や枕に吹き付けたり、入浴時に精油をお風呂に入れたりすると、すっきりしますよ。花粉症の診断を受けたら、花粉飛散の前に治療を開始して症状をやわらげ、免疫力の上がるような生活習慣を心がけましょう。

花粉症対策を効果的に取り入れて、今年の春は例年よりもラクに過ごせますように!

※商品の価格はすべて税込です。

Profile

005

上高田ちば整形外科・小児科 副院長 / 千葉智子

昭和大学医学部医学科卒業。東京、神奈川の病院、クリニック勤務を経て、整形外科医の夫とともに「上高田ちば整形外科・小児科」を開業。年々増加する子どものアレルギー疾患に関して、日々の治療や、ホームケアの具体的な方法を提供している。各種メディアへの小児医療へのコラム執筆や、保護者向けへの小児科のかかり方、ホームケアについての講演にも力を注ぐ。現在3児の母として子育てにも奮闘中。

上高田ちば整形外科・小児科 http://chiba-cl.net/index.html

 

取材・文=今井美由紀(Neem Tree)