LIVING リビングと暮らし

シェア

使ってみて分かった、吸引力と使い勝手。いま買える最新スティッククリーナー
6モデルの“買い”のポイント! 〜前編〜

TAG

もっと掃除をラクにしたい。そんな家事の悩みを解消すべく登場したのがロボット掃除機。外出中に勝手に掃除してくれるなんて夢のようです。でも結局、ロボット掃除機の苦手な部屋の隅、階段などの段差の掃除は、自分で行うしかありません。そんなときに活躍するのが、手軽に使えるスティッククリーナーです。

 

コードレスなので手間いらず、思い立ったときにすぐ掃除ができるのは大きな魅力です。ロボット掃除機の普及により、広いスペースはロボット、壁際や段差はスティッククリーナーと、使い分ける人が増えたことで注目度も急上昇。各メーカーからハイエンドモデルが発売されるなど、今まさにスティッククリーナー全盛期へと突入したようです。

 

そこで今回、本サイトでも扇風機の記事などでおなじみ、家電コーディネーターの戸井田園子さんに再び登場してもらいました。6モデルすべてを実際に使い込んで知り尽くした戸井田さんが下す、6モデルの評価と、選び方とは?

 

 

使いやすさの決め手は吸引力アップと運転時間の長さ

「最近、ロボット掃除機とスティッククリーナーを併用する人が増えてきました。そうなると、“キャニスター(床に置いた本体とノズルをホースでつないだ掃除機)の代わりになるくらい高性能なスティックが欲しい”というニーズが生まれるもの。今では、高性能モデルが各メーカーから登場しています。まず高性能化したのは吸引力。コードレスでも、キャニスター掃除機と遜色ないほど吸引力がアップしているのです。今までのコードレスクリーナーは吸引力に不安がありましたが、高性能モデルのように吸引力が伴ってくると、もうコードありには戻れませんね。やっぱり電源コードから解放されると、掃除がラクですから」(戸井田さん・以下同)

 

そして高性能化したもう一点が、運転時間の長さだといいます。

「電池の質を上げる、充電池をふたつ付けるなどの工夫により、運転時間も伸びています。また、各社モーター開発にも力を入れており、モーターの消費電力を抑えることで運転時間が長くなりました。統計によると、一般家庭の1回の掃除時間は長くても30分程度。最新モデルは30分近く掃除できるので、デイリーの掃除はスティッククリーナーだけで問題ありません。ここ1年でこういったハード面の開発が進められて、運転時間の長さと吸引力アップの2点が進化し、スティッククリーナーは格段に使いやすくなっているんです」

 

さらに、スティッククリーナーの注目度が増すにつれ、実用的な機能も求められるようになったそうです。

「一昨年、各社のスティッククリーナーが出そろって、最近は使い勝手を重視する傾向が非常に強くなってきました。吸引力と稼動時間が増し、メイン掃除機としての役割を担うほど性能がアップしただけでなく、最新モデルでは、例えばダイソンがゴミ捨ての仕方を抜本的に見直したり、一方の国産メーカーはダストカップを丸洗い可能にしたり、紙パック式を採用したりするなど、実際の使いやすさに配慮した設計になっているのも特徴です。それぞれの独自機能もしっかりチェックして、自分の掃除スタイルに合ったものを選ぶといいでしょう」

 

そんな掃除ツールの大本命となった最新スティッククリーナーの中から、戸井田さんがオススメの6モデルをピックアップ。各モデルの注目ポイントも解説してもらいました。

 

 

ホコリが舞い上がらない、待望の紙パック式が登場

20170814_soujiki_01

パナソニック
コードレススティック掃除機 MC-PBU510J
実売価格5万7808円

同社のキャニスター掃除機で好評だった“ハウスダスト発見センサー”など、各機能をスリムな本体に搭載したスティッククリーナー。高性能モデルで初めて紙パック式を採用している。また自立しないものの、グリップの裏に“壁ピタゴム”が付いているため、壁に安定して立てかけられるのも特徴だ。「高性能スティッククリーナーはパナソニックが最後発ですが、それだけに、どのメーカーもやっていなかった紙パックに着眼し、独自の路線を切り拓いたのはさすがですね」

 

本体サイズ=W252×H1160×D153mm
本体重量=2.3kg

 

 

隙間のホコリにもしっかりアプローチ

「ヘッドを壁に押し込むと、先端が開いてホコリを吸引。掃除しにくい壁際までブラシが届くため、しっかりゴミを吸い取ることができます。また、手首を返すとヘッドが回転してT型からI型に早変わり。ノズルを付け替える手間なく、狭い隙間もラクに掃除できます」
「ヘッドを壁に押し込むと、先端が開いてホコリを吸引。掃除しにくい壁際までブラシが届くため、しっかりゴミを吸い取ることができます。また、手首を返すとヘッドが回転してT型からI型に早変わり。ノズルを付け替える手間なく、狭い隙間もラクに掃除できます」

 

 

紙パック式だからゴミ捨てが簡単

「高性能スティックではどのメーカーも取り入れていなかった紙パック式を採用して、ゴミ捨てをより簡単にしたのが魅力。掃除機で吸ったゴミを触りたくないという人はもちろん、ゴミ捨て時にホコリが舞うことがないので、ハウスダストや花粉アレルギーの人にもうれしい仕様ですね」
「高性能スティックではどのメーカーも取り入れていなかった紙パック式を採用して、ゴミ捨てをより簡単にしたのが魅力。掃除機で吸ったゴミを触りたくないという人はもちろん、ゴミ捨て時にホコリが舞うことがないので、ハウスダストや花粉アレルギーの人にもうれしい仕様ですね」

 

 

目に見えないハウスダストをお知らせ

「パナソニックのキャニスター掃除機で好評の“ハウスダスト発見センサー”を搭載。目に見えない微細なハウスダストまで検知して、ランプで知らせてくれるだけでなく、自動で吸引パワーも制御してくれます。ゴミの量に応じてパワーを制御するので、電力の無駄が省けますよ」
「パナソニックのキャニスター掃除機で好評の“ハウスダスト発見センサー”を搭載。目に見えない微細なハウスダストまで検知して、ランプで知らせてくれるだけでなく、自動で吸引パワーも制御してくれます。ゴミの量に応じてパワーを制御するので、電力の無駄が省けますよ」

 

 

予備バッテリー付きで慌てずしっかり掃除できる

20170814_soujiki_06

シャープ
RACTIVE Air EC-A1RX
実売価格6万1293

ヘッドやパイプ、バッテリーまで含めた総重量が、わずか1.5kgと非常に軽い「RACTIVE Air(ラクティブエア)」のプレミアムパッケージモデル。バッテリーを2個同梱、たたき機能付きふとん掃除用ヘッドなど、多彩なオプションが付属している。「稼動時間を長くするために、予備バッテリーを付けた工夫が面白いですね。ふとん掃除用ヘッドも付属品とは思えないレベルなので、プレミアムパッケージはお得感があります。本体裏にラバー製のフックが付いていて、棚に“ちょいかけ”できるのも気が利いています」

 

本体サイズ=W222×H980×D220mm
本体重量=1.5kg

 

 

軽いから高いところもラクラク掃除

 本体パイプ部に軽さと強度を備えたドライカーボン素材を採用するなど、全体の構造を見直して軽量化。「片手で持ち上げられるくらい軽いので、エアコンの吹き出し口や食器棚の上など高いところの掃除も行えます。やっぱり軽いのは正義! デイリーの掃除がラクになりますよ」
本体パイプ部に軽さと強度を備えたドライカーボン素材を採用するなど、全体の構造を見直して軽量化。「片手で持ち上げられるくらい軽いので、エアコンの吹き出し口や食器棚の上など高いところの掃除も行えます。やっぱり軽いのは正義! デイリーの掃除がラクになりますよ」

 

 

予備バッテリー付きで稼動時間が2倍に

バッテリーは本体内蔵型ではなくセパレートタイプで、プレミアムパッケージには2個付属しているのが特徴。「2個合わせると稼動時間が最長60分と長く、大掃除でもメインクリーナーとして活躍しそう。予備バッテリーがあるので、うっかり充電するのを忘れていても安心です」
バッテリーは本体内蔵型ではなくセパレートタイプで、プレミアムパッケージには2個付属しているのが特徴。「2個合わせると稼動時間が最長60分と長く、大掃除でもメインクリーナーとして活躍しそう。予備バッテリーがあるので、うっかり充電するのを忘れていても安心です」

 

絶妙に曲がるノズルがすき間掃除に便利

プレミアムパッケージには縦横に曲がるすき間ノズルが同梱。一般的なすき間ノズルとは異なり、細身で長さがあるので使いやすい。「冷蔵庫の脇やソファの下を掃除するときに便利です。これのいいところは、後ろに下がるスペースがなくてもラクに隙間掃除ができる点ですね」
プレミアムパッケージには縦横に曲がるすき間ノズルが同梱。一般的なすき間ノズルとは異なり、細身で長さがあるので使いやすい。「冷蔵庫の脇やソファの下を掃除するときに便利です。これのいいところは、後ろに下がるスペースがなくてもラクに隙間掃除ができる点ですね」

 

 

デイリーの掃除をサポートする機能が満載

20170814_soujiki_10

日立
パワーブーストサイクロン PV-BE700
実売価格7万3217

効率を高めた小型ファンモーターと、内部構造を見直しパワーロスを低減したパワーブーストサイクロンにより、最長40分の運転時間を実現。押し引きに合わせてヘッド前側のフラップが開閉する新機構を採用し、壁際のゴミまでしっかり吸引できる。「パイプ部分が伸び縮みするので、ノズルを付け替えなくてもハンディ掃除機として使えます。自立するのも便利だし、ヘッドの回転ブラシを丸洗いできるのもうれしいですね。デイリーの掃除で大活躍します」

 

本体サイズ=W255×H785〜1015×D230mm
本体重量=2.3kg

 

 

手元のボタンでパイプの長さを変えられる

20170814_soujiki_222

「床を掃除する時は身長に合わせて長さを調整でき、階段ではパイプをしまいきってセミスティックに、持つ位置を変えればハンディ、とワンタッチでいろいろなスタイルに変えられます。ハンディとして使う際も、本体に付いているブラシノズルを前方に回転するだけと簡単です」

 

 

自立するから掃除中にパッと置ける

「自立構造のスティック掃除機は、意外と少ないんですよ。だから自立するのは大きなメリット。掃除中に物をよけたり、宅配便が来たりといったときに、パッと置けるのはやっぱり便利ですね。そのぶんヘッドが少し重くなっているのですが、掃除しているときは気になりません」
「自立構造のスティック掃除機は、意外と少ないんですよ。だから自立するのは大きなメリット。掃除中に物をよけたり、宅配便が来たりといったときに、パッと置けるのはやっぱり便利ですね。そのぶんヘッドが少し重くなっているのですが、掃除しているときは気になりません」

 

 

LED付きのヘッドでホコリを逃さない

ヘッドの先端には6個の高輝度LEDが付いているため、ソファやベッドなど家具の下のホコリも見逃すことなく、しっかり吸引できる。「見落としがちなキッチンの棚扉の陰や、壁際のゴミまで明るく照らしてくれるので、部屋の隅々までキレイに掃除ができます」
ヘッドの先端には6個の高輝度LEDが付いているため、ソファやベッドなど家具の下のホコリも見逃すことなく、しっかり吸引できる。「見落としがちなキッチンの棚扉の陰や、壁際のゴミまで明るく照らしてくれるので、部屋の隅々までキレイに掃除ができます」

 

 

コジマ電機
http://www.kojima.net/

※価格は2017年8月10日時点の参考価格(税込)です。

 

 

Profile

インテリア&家電コーディネーター / 戸井田 園子

大手プレハブメーカーのインテリア研究所でインテリアコーディネートを担当したのち、商品企画部へ。その際に習得した、商品の性能・デザイン・価格などを総合的に比較して優劣を見極めるテクニックを活かし、インテリア&家電コーディネーターとして独立。情報ポータルサイト「All About」のガイドをはじめ、テレビ・新聞・雑誌など各メディアで活躍している。

 

取材・文=津田昌宏 撮影=泉山美代子