LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

実は削っちゃダメ! かかとの角質を除去してはいけない理由

TAG

季節が寒くなるにつれて気になってくるのが、かかとのガサガサやひび割れ。ストッキングがひっかかったり、素足を人に見られて恥ずかしい思いをしたり……なんてことはありませんか? かかとのケアについて、ひふのクリニック人形町の上出良一院長に伺いました。

 

角層が厚いかかとは乾燥でガサガサになりやすい!

寒い季節になると、空気が乾き始め、肌は乾燥します。体のほかの部位に比べて、かかとは特にガサガサになりやすいと思いませんか? それには、理由があります。

・足の裏には皮脂腺がない
足の裏には皮脂腺がないため、もともと乾燥しやすい部位です。ちなみに、夏場に足裏がべたついたり、靴でムレるのは、汗が原因です。

・かかとは角層が厚い
かかとは体重がかかる場所で、その衝撃に耐えられるように防御機能として、もともと角層が厚くなっています。そして、顔や体の皮膚とは違い、ターンオーバーにおよそ120日間かかり、新陳代謝が遅いために古い角質も溜まりがち。冬は、乾燥が加わることで、角層がさらに厚くなります。異常に角層が厚くなる「角化」が起こることもあり、ひび割れや亀裂、ひどい時には出血がみられます。

 

かかとケアには尿素とワセリンを!

このガサガサになったかかとを、やすりなどで削っている人も多いかもしれません。でも、それはNGケアです。「こするという行為は、それだけで刺激になり、角層がいっそう厚くなってしまいます」と上出院長。

かかとをさわる女性

かかとのケアにも、保湿が大切なのです。保湿成分として注目したい成分が2つあります。

・尿素
「尿素には角質をやわらかくする効果があり、かかとのケアに向きます。ボディクリームやハンドクリームでもOK。ドラッグストアで手に入るので、使いやすいですね」(上出院長)

・サルチル酸ワセリン
「脂の膜で角質をやわらかくして、水分の蒸発を防ぐ働きもあります。角化症の治療に皮膚科でも処方されています」(上出院長)

 

かかとケアを行うタイミングは、お風呂上がりがベストです。「角層が水分を含んでやわらなったところで尿素入りクリームやワセリンを塗り、ラップで押さえて靴下をはきます。寝るときはそのままで。数日ですべすべになってきますよ」(上出院長)

 

保湿でも改善しないときは、かかと水虫かも?

ガサガサのかかと

「しかし、保湿をがんばっているのに、なかなかガサガサが改善しない場合、かかと水虫も考えられます。かかと水虫は、白癬菌というカビ菌の感染によって起こります」(上出院長)

次のようなことがあれば、かかと水虫に要注意です。
・丸い皮めくれがみられる。
・かかとだけはなく、足指にも水虫がみられる。
・家族に水虫の人がいる。

 

かかと水虫を治すには、足裏を清潔に保つことが大切です。ただし、自分で判別するのは難しく、気になるときは皮膚科を受診しましょう。

 

Profile

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-6-150x150

ひふのクリニック人形町 院長 / 上出 良一

東京慈恵会医科大学附属第三病院皮膚科診療部長などを経て、2014年に同クリニックを開院。同大学客員教授。「皮膚を通じて患者さんに寄り添う」がモットー。一般的な皮膚疾患のほか、アトピー性皮膚炎、光線過敏症などの専門性の高い皮膚疾患の治療も行う。

 

ダイエット・フィットネス・ヘルスケアのことなら「フィッテ」
https://fytte.jp/