LIVING リビングと暮らし

シェア

大改造なしで仕上げる居心地のいい空間!無印良品でインテリアを春夏仕様に整える11の方法

TAG

 

夏らしく爽快感をアップしたい!

ファブリック小物やリネン類を夏らしく薄手のものに新調してみる

冬に使っていた暖かな毛糸やフリース素材のラグやベッドカバー、タオルなどを片づけ、素肌に気持ちのいいさらりとしたタイプのものに変えてみましょう。

「麻やインド綿などは春夏の肌にはよく合います。いつも洗濯したての気持ちよいものを用意しておきたいですね」(無印良品・川尻さん)

 

1.さらさらの触り心地のマットを使う

20180428_mujiinterior_005

綿麻バスマットM ライトブルー
2990円

「シャリ感のある麻と綿を使い、しっかりした踏み心地のバスマットを作りました。商品に使われているリネンは、吸湿速乾性や抗菌性があり、夏や湿気が気になる季節におススメです」(無印良品・川尻さん)

 

2.ルームサンダルは心地よいものを選ぶ

20180428_mujiinterior_006

インド綿ルームサンダル・鼻緒・M 生成×ネイビーメランジ
690円

「インドの職人が組み紐を縫い合わせて、ひとつひとつ手作業で作り上げました。お風呂上りなどの素足に気持ち良いルームサンダルです」(無印良品・川尻さん)

 

3.綿素材のラグにチェンジする

20180428_mujiinterior_007

インド綿手織ラグ 生成
8900円

「インドの職人がひとつひとつ丁寧に作った手織りのラグ。綿素材がもっているやさしい風合いが、年間を通じて使いやすいラグです。ラグはリビングルームに敷くだけで雰囲気がぐっと変化しますから、気分転換にもなります」(無印良品・川尻さん)

 

4.ごわごわしてしまったタオル類を新調する

20180428_mujiinterior_008-2

「繊維の長い綿糸を使い、織組織を工夫して、洗濯を繰り返してもしなやかさの長続きするタオルに仕上げました。タオル類は総取り替えとなるとなかなか大変ですが、新しいタオルがきちんと収納されているバスルームは疲れた気分も一新してくれます」(無印良品・川尻さん)

20180428_mujiinterior_008-1

オーガニックコットン混しなやかハンドタオル・中厚手/オフ白
450円

 

インテリアにアクセントをつけたい!

1.ボードに好きな雑貨を並べる

20180428_mujiinterior_009

壁に付けられる家具シリーズ ウォールナット88cmタイプ
5490円

「壁に傷がつきにくくて組み合わせて使え、石膏ボードの壁なら簡単に取りつけることができます。棚だけでなく、フック・ミラーなどもそろえられます。トイレや玄関など、さびしくなりがちなところへ取りつけるのもよいでしょう。旅先で集めた雑貨や友だちから届いたかわいいポストカードなど、好きなものを並べてみてください」(無印良品・川尻さん)

 

2.天然素材の薄地カーテンで部屋の中を明るくする

20180428_mujiinterior_010

綿ボイルプリーツカーテン/オフ白2990円〜3990円

「綿100%をつかった薄地のボイルカーテンは、外からの視線は遮りつつも、風や日差しを柔らかく届けてくれます。お部屋の中でも目線が行きやすく、雰囲気を決める重要なツールのひとつになるので、模様替えをしたような気分にさせてくれます」(無印良品・川尻さん)

 

3.クッションカバーを明るい色味のものにチェンジ

20180428_mujiinterior_011

オーガニックコットンクッションカバー/中チェック・ブルー
1290円

「インドの伝統的なチェック柄をモチーフにしたクッションカバー。春夏らしいカラーで部屋のアクセントカラーに最適です。カバーをいくつか持っておき、気分に合わせてチェンジすることでインテリアのイメージが変わります」(無印良品・川尻さん)

 

 

部屋を丸ごとチェンジするとなると腰が重たくなるので、「今日はリビングのクローゼット」「明日はキッチンの食器棚」などと、細かく場所を区切って収納やインテリアを見直し、少しずつ変えていくのがおすすめです。

窓を開けるのが気持ちよい季節ですから、お天気のいい日を選んで取り組んでみてはいかがでしょうか。

※価格はすべて税込表示です

 

Shop Data

無印良品ネットストア

https://www.muji.net/store/

無印良品店舗情報 https://www.muji.net/store/

 

取材・文=吉川愛歩 構成=Neem Tree 写真提供=無印良品