ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

帰りたいけど……今は「オンライン帰省」でガマン!遠方に住む親と
いつでも“会える”テレトークギア

TAG

遠くに離れて暮らす両親や祖父母。今はなかなか会いに行けませんが、インターネットを介して顔を見ながら話すための手段は、いろいろと選べるようになってきました。お互いの体調が気になるこんな時期だからこそ、オンラインでいつでも“会える”アイテムやツールを導入してみませんか?

お互いにスマートフォンを使っている場合に手軽なサービスから、声で呼びかけるだけでつながる便利なツール、Wi-Fiがなくても声をかけられる見守りツールなどを紹介します。

 

1.メッセンジャーアプリのビデオ通話機能で会う

20200429_atliving_onlinedhomecoming_001
LINE
iOS=https://apps.apple.com/jp/app/line/id443904275
Android=https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android 

お互いにスマートフォンを使っていれば、最も手軽な方法はメッセンジャーアプリのビデオ通話機能を使うこと。おなじみの「LINE」で友達になっていれば、トークの画面で「ビデオ通話」をタップするだけ。相手が応答すれば、スマートフォンのカメラを使って、お互いの顔を見ながら話せます。

グループでも話せるので、家族がバラバラの場所にいても、みんなで集まることができます。LINEの無料通話と同様に電話代はかかりませんが、ビデオ通話では多くのデータを使用するので、スマートフォンをWi-Fiにつなぐことをおすすめします。

お手頃なiPhoneも登場!
20200429_atliving_onlinedhomecoming_002
アップル「iPhone SE」
オープン価格(4万4800円~)

もし、両親や祖父母がスマートフォンを持っていない場合は、この機会に思い切ってプレゼントするのも良いかもしれません。

人気の「iPhone」シリーズに、お手頃な最新モデル「iPhone SE」が登場しました。アップルストアの価格は4万4800円~ですが、携帯電話各社が提供するお得な買い換えプランを利用すれば、なんと最安2万円台~購入することができます。価格は手頃ながら、スマートフォンの心臓部ともいえるチップセットには、上位のモデルと同じものが使用されていますので、テレトークもストレスなく楽しむことができます。

 

2.話しかけるだけでつながる「スマートディスプレイ」で会う

音声で話しかけるだけで音楽を再生したり、ニュースや天気予報を読み上げたりしてくれるスマートスピーカー。最近は音声に加えてタッチ操作もできる、ディスプレイ付きのスマートスピーカー「スマートディスプレイ」が人気を集めています。

カメラのついたスマートディスプレイでは、スマートディスプレイ同士、またはスマートディスプレイとスマートフォンの間で、顔を見ながらのテレトークができます。音声で話しかけるだけで簡単につながるので、スマートフォンの操作が苦手という人にもおすすめです。

20200429_atliving_onlinedhomecoming_003
LINE「Clova Desk」
2万8050円(5/10まで新生活応援セールで9680円)

たとえばLINEが販売するスマートディスプレイ「Clova Desk」では、先ほど紹介したLINEのビデオ通話機能を使って、顔を見ながらおしゃべりができます。事前にスマートフォンからかける相手を登録しておく必要がありますが、一度登録してしまえば「ねえクローバ、○○に電話して」のように、相手の名前を話しかけるだけで発信できます。相手の顔をスマートフォンより大きな7インチのディスプレイに表示できるだけでなく、据え置き型なのでラクに会話ができるのも魅力です。

20200429_atliving_onlinedhomecoming_004
Amazon「Echo Show 5」
9980円

20200429_atliving_onlinedhomecoming_005
Amazon「Echo Show 8」
1万4980円

ディスプレイが5.5インチの「Echo Show 5」、8インチの「Echo Show 8」など、Amazonのスマートディスプレイ「Echo Show」シリーズでも同様に、あらかじめ登録した相手とテレビ電話ができます。相手の機器は同じ「Echo Show」シリーズでもスマートフォンでも構いません。

さらに「Echo Show」シリーズを両親や祖父母宅に設置して、「呼びかけ」機能をオンにしておくと、離れた場所からの見守りもできるようになります。通話を発信した際にもし相手が応答しなくても、自動的につながってカメラで様子が見られるしくみ。プライバシーへの配慮は必要ですが、いざというときにあると安心の機能です。

【関連記事】スマートスピーカー7台を駆使するヘビーユーザーが出した“便利な暮らし”の答え

 

3. 2台セットで使う、シンプルなテレトーク専用機器で会う

20200429_atliving_onlinedhomecoming_006
アイ・コミュニケーション「LeChien」
2万2000円

テレトークだけが目的なら、据え置き型の「テレビ電話」を利用する方法もあります。「LeChien」はインターネットを通じて、同じ機器同士でのテレビ電話を実現する製品。テレビ電話と言っても電話回線は不要で、自宅のWi-Fiに接続するだけです。それぞれに割り振られた8桁の専用電話番号を使って、通話ができるしくみ。7インチの見やすいディスプレイをタッチして、かける、切るといった操作ができます。

スマートフォンとは、現時点で音声通話のみ。専用機を使う分、シンプルで扱いやすい製品になっています。

 

4.インターネット接続もおまかせのレンタル見守りカメラで会う

20200429_atliving_onlinedhomecoming_007
ラムロックアイズ「みまもりCUBE」
レンタル月額3900円

離れて暮らす両親や祖父母が心配だけど、相手の家にWi-Fiなどインターネットが利用できる環境がないというケースもあるでしょう。そんなときに便利な見守りシステムもあります。

「みまもりCUBE」は通信機能を備えた見守りカメラ。両親や祖父母宅のコンセントにつなぐだけで携帯電話回線を使い、外から様子を見守ることができます。お互いの顔を見て話すことはできませんが、スマートフォンなどから声をかけたり、声を聞いたりできる機能があり、トランシーバーのように交互にであれば会話もできます。1GBまでの通信費込みで月額制のレンタルサービスなのも、利用しやすいポイントです。

 

※この記事中の価格・料金はすべて10%の消費税込です。

 

文=太田 百合子