LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

季節の恵みを保存食に。今年から始める人へ、
失敗なしの梅干し作り

TAG

6月になると徐々に、梅の実がスーパーマーケットなどの店頭に並ぶようになります。青梅は梅酒、梅シロップを漬けるのに適し、入梅前に出回る黄色く色づいた梅の実なら、梅干しを漬けられます。自家製の保存食作りは、一見大変そうに感じますが、工程はさほど多くなく、時間が味をつくっていくもの。梅干しは梅と塩を、梅酒は梅と酒を、そして梅シロップは梅と砂糖を合わせて置いておくことで、保存のきく新たなおいしい食品へと生まれ変わるのです。

今回は初心者でも間違いなく取り組める、梅干し作りの工程を紹介します。

 

【ポイント1】梅干しづくりには黄色く熟した梅を使う

20190520_umeboshi_001
梅干し用の梅は、木の上で熟してから収穫した黄色い梅の実を使います。青い梅が混ざっていたり、全体的に青みがかっているものが多い場合には、ざるにあけて青い部分を上にし、1〜2日干しておけば、黄色く“追熟”させられます。逆に、すでに黄色くなっているものは外に出しておくと、どんどん熟していってしまい、実が柔らかくなりすぎてしまうので、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

 

【ポイント2】塩分量は好みに合わせて調節する

梅干しの塩分量は、好みによってさまざまに調整が可能で、塩の量が減ると塩分控えめでおいしくなります。とはいえ、それだけ梅の実から水分が出にくくなり、カビてしまうリスクが高まります。初めて漬ける場合は、梅の実の重量の15〜20%に設定するといいでしょう。

 

初心者にもできる梅干しの作り方

【材料(作りやすい分量)】
黄色く熟した南高梅:1kg
塩:梅の実に対して8〜20%になる量
アルコール除菌スプレーかホワイトリカー:適量
爪楊枝
ざる・ボウル
キッチンペーパー
重しになるもの
保存瓶(今回は使いやすい1.9Lタイプを使用)、またはチャック付き保存袋

 

1. たっぷりの水に浸けて洗う
20190520_umeboshi_002
梅の実の表面に傷がつかないよう丁寧に触れながら、水に浸してよく洗います。軽く洗ったらざるに上げておきます。

 

2. へたを楊枝で取り去る
20190520_umeboshi_003
梅の実のへこんだところにあるへたを、楊枝などで取り除いていきます。このとき梅の実を傷つけないように注意しながら行ってください。へたと実の間にそっと楊枝を差し入れ、へたの周囲をくるりと円を描くようにしながら持ち上げると、上手に取れますよ。

 

3. 水分をしっかりとる
20190520_umeboshi_004
梅の実に水分が残っていると、カビが発生する原因になるので、キッチンペーパーやざるの上にあけて、しばらく干しておきましょう。気になるときはキッチンペーパーでひとつずつ拭き、触っても冷たさを感じないよう、しっかりと乾燥させます。

 

4. 保存瓶に梅の実と塩を入れる
20190520_umeboshi_005
保存瓶は洗剤で洗ってしっかりと乾かし、アルコール除菌スプレーやホワイトリカーなどで拭いて消毒しておきます。このとき水分が残っていたり、消毒が十分でなかったりすると、カビが発生する原因になりますから、丁寧に行いましょう。
瓶の底もきちんと乾いていることを確認したら、梅を数粒入れ、上から塩を振りかけて、これを繰り返して梅と塩が交互になるように入れていきます。

・少量で漬ける場合
20190520_umeboshi_006
少ない量で漬ける際は、チャック付きの保存袋でも代用できます。初めてだから試しに漬けてみたい……という方にもおすすめです。

 

5. 重しをして冷暗所で保管する
20190520_umeboshi_007
梅の実に塩をまぶしたら、しっかりと上から重しをします。漬物用の石を入れたり、ペットボトルに水を入れたものをのせたり、保存瓶に合わせて工夫するのがよいでしょう。重しをすることで梅から水分が出やすくなり、水が早く上がったほうがカビにくくなります。梅酢があがってきたら、一日に二回程度は瓶を斜めにして転がしながら、梅の実全体が濡れるように水分をまわしましょう。
袋で漬ける場合、重しは必要ありませんが、同様に梅の実に水分が行き渡るよう、袋の裏表を返します。

 

6. 塩を早く溶かす
20190520_umeboshi_008
梅酢(梅の実から染み出す液体)に浸ってきましたが、まだ底に溶けていない塩が残っている状態。瓶を傾けて揺すり、塩が早く溶けるように促しましょう。

・袋漬けの場合
20190520_umeboshi_009
袋漬けのほうも梅酢が出てきています。すべての梅の実が梅酢の中に浸かっているとカビが発生しにくくなります。

 

7. 梅酢があがってきたら“土用入り”まで保存しておく
20190520_umeboshi_010
塩が溶け切り、しっかりと梅酢に梅の実が浸かっている状態になりました。ここまできたら、あまりカビの心配はせず、重しをしたまま“夏の土用”がくるのを待ちましょう(2019年の土用は7月27日です)。
お店で売られているような赤い梅にしたい場合は、ここで塩揉みした赤しそや揉みしそを加えます。

 

8. “土用干し”をする
20190520_umeboshi_011
“夏の土用”とは、立秋の前18日間のことを言い、昔から気候が安定し、梅を干すのにちょうどよい時期であると言われています。このごろは気温の変化もありますから、土用に近い時期で天気のいい3日間を選び、梅をざるにあけて天日で干しましょう。
裏側が湿らないよう途中でひっくり返して乾かし、朝から干して日が落ちる頃に取り込みます。ふっくらとした実に仕上げたい場合は、取り込んだあと梅酢の中に戻し、翌日もまた梅酢から取り出して梅酢にもどします。皮の食感が硬めのしっかりとした梅干しにしたい場合は、梅酢に戻さず、取り込んだらきれいな瓶などに入れておきます。3日間干し終えたら、出来上がりです。

実は干さなくてもおいしい!
干した梅のことを梅干しと呼ぶのですが、干さなくても梅漬けとしておいしくいただけます。干す時間や場所がない場合は、干さずにそのまま食べましょう。

 

【ポイント3】梅干しの保存は常温でOK

20190520_umeboshi_012
3日間干したら、梅酢にもどして保存するか、そのまま瓶で常温保存しましょう。梅酢は、しそを入れて赤くなったものを“紅梅酢”、白いままのものを“白梅酢”と呼び、おにぎりをするときの手塩の代わりにしたり、酢飯をつくるときの酢代わりに使ったりすると、香りがよくておすすめです。

 

自家製の梅干しは好みの塩分量に調節でき、着色料などの添加物が入らず自然なままを楽しめるのが利点です。また、毎年作ることで自分らしい味ができていくのも、自家製ならではの楽しみでもあります。梅の実も、小梅や小さめの南高梅で漬けるときと、大きく果肉がたっぷりの梅の実で漬けるときとでは味わいが違いますから、作り続けていきながら、好みの梅干しを見つけてくださいね。

 

文=吉川愛歩 撮影=我妻慶一 制作=@Living編集部 構成=Neem Tree