ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

おしゃれは清潔感が大事!人気スタイリストが教える
スニーカーメンテナンス術

TAG

休日だけでなく、仕事のときにもスニーカーを合わせてオフィスカジュアルコーデを楽しむ人が増えてきました。通勤電車や外勤時など、移動が多くてもスニーカーなら足への疲労感が少ないのも魅力。「“オシャレで快適”な旬の足元 明日からの通勤はスニーカーで行く!」でもお伝えしたように、革素材やシンプルなデザインのスニーカーは、スーツやキレイめのパンツコーデにも合わせやすく、洗練された大人の女性のスタイルに仕上げることができます。

ただし、きちんとお手入れしてあるスニーカーであることが大前提。そこで、これまでに数々の媒体でスニーカーのコーディネートを手がけ、雑誌や広告で活躍中のスタイリスト・福岡邦子さんに、スニーカーのメンテナンス術を教えてもらいました。

福岡邦子さんが今シーズンおすすめする、キャンバス、スエード、レザー使いのスニーカー。ニューバランス「FRESH FOAM CRUZ W NA2」(ピンク)10260円/ニューバランスジャパン(Tel:0120-85-0997)、ホーキンス「Hawkins sport」(カーキ)7245円/ABC-MART(Tel:03-3476-5448)、コンバース「ジャックパーセル」(白)6480円/コンバースインフォメーションセンター(Tel:0120-819-217)、「VANS」(マスタード)5400円/VANS JAPAN(Tel:03-3476-5624)
福岡邦子さんが今シーズンおすすめする、キャンバス、スエード、レザー使いのスニーカー。ニューバランス「FRESH FOAM CRUZ W NA2」(ピンク)10260円/ニューバランスジャパン(Tel:0120-85-0997)、ホーキンス「Hawkins sport」(カーキ)7245円/ABC-MART(Tel:03-3476-5448)、コンバース「ジャックパーセル」(白)6480円/コンバースインフォメーションセンター(Tel:0120-819-217)、「VANS」(マスタード)5400円/VANS JAPAN(Tel:03-3476-5624)

日々行いたい5つの心得

まずは、なるべく汚れをつきにくくしたり、ついた汚れをその日のうちに落としたりと、日々できるメンテナンスでスニーカーをきれいに保つ方法を紹介します。

 

1. 防水スプレーをかけて汚れの付着を防ぐ

スニーカーを購入したら、すぐに行いたいのが防水スプレーをかけておくこと。防水スプレーは水濡れからシューズを守るだけでなく、泥汚れを防ぎ、色落ちや黄ばみがしにくくなるよう保護するはたらきがあります。

「履き始めたら、週に一度くらいの割合でスプレーし直しましょう。スプレー前にはホコリや汚れを落とすことを忘れずに。このプロテクターアルファという商品は、革やスエード、布などオールマイティーに使うことができて撥水力が高いのでおすすめです」(スタイリスト・福岡邦子さん、以下同)

「VANS」(ネイビー)5076円/VANS JAPAN(Tel:03-3476-5624)、M.MOWBRAY「プロテクターアルファ(オールマイティー防水スプレー)」1620円/GMT FACTORYアコルデ代々木上原店(Tel:03-6416-8703)
「VANS」(ネイビー)5076円/VANS JAPAN(Tel:03-3476-5624)、M.MOWBRAY「プロテクターアルファ(オールマイティー防水スプレー)」1620円/GMT FACTORYアコルデ代々木上原店(Tel:03-6416-8703)

 

2.付いた汚れはその日のうちに落とす

帰宅したら、ブラシでスニーカーに付いたホコリや汚れをすぐに落としましょう。汚れてから時間が経ってしまうと、なかなか落ちなくなってしまいます。

「シューズ全体のホコリを落とすように、靴用のブラシをまんべんなくかけます。ソールやつま先の部分などについたちょっとした傷や汚れは、メラミンスポンジでこすると落ちますよ。スポンジが手元になければ、消しゴムをかけるのもおすすめです」

20181024_sneakercare_003

 

3.消臭キーパーを入れて保管する

足の裏は、体の他の部分よりも汗腺が集中していて、多いときには1日に両足で200mlの汗を出すと言われています。つまりそれだけスニーカーの中が汗で蒸れやすいということ。消臭スプレーや消臭用のシューキーパーを使ってニオイをブロックしておきましょう。

「革素材でできたスニーカーの場合、汗を吸収しないので、特に湿気がこもりやすくなります。消臭キーパーを入れたら、靴箱の扉を閉めないでおくなどして風通しよく保管しておきましょう。通気性がよく、蒸れない素材のフットカバーを使うのもおすすめです」

20181024_sneakercare_004

 

4.1日履いたら2日休ませる

靴は「1日履いたら2日休ませる」ことが大切です。休ませることで、インソールに付着した汗をしっかり乾かすことができます。また、履いたときに起こる型崩れや、ソールの凹みなども休ませている間に回復します。

「お気に入りのスニーカーを3足くらい持っておいて、ローテーションさせるのがよいでしょう。せっかくなら履きつぶしてしまわず、どのスニーカーも長く使えるようメンテナンスして、いつもきれいな足元でいたいですよね」

アディダス「スタンスミス」(白)9612円/ABC-MART(Tel:03-3476-5448)
アディダス「スタンスミス」(白)9612円/ABC-MART(Tel:03-3476-5448)

 

5.雨などに濡れたら陰干しでしっかり乾かす

雨などで濡れたり湿ったりしてしまったときは、新聞紙や雑巾などでインソールの水気を叩くように拭いてから陰干ししましょう。

「少しでも濡れていると、それが雑菌の繁殖やニオイの原因になりますから、風通しがよい日陰で十分に乾くまで干しておきます。天気の悪い日が続くときは、コインランドリーにある靴専用の洗濯乾燥機を使うのもいいでしょう」

20181024_sneakercare_006

 

次は、スニーカーに使われた素材ごとのケア方法を教えていただきます。