LIVING リビングと暮らし

シェア

“とりあえず”じゃなく、長く愛せるものを手に入れたい。人気インテリアスタイリストが選ぶ
ひとり暮らしにイイもの

TAG

就職や転職にともなって、一人暮らしなど新生活を始める際、単身や少人数世帯だからと安くてコンパクトな家具や家電を“とりあえず”買って、間に合わせようとしていませんか?

一つひとつは多少値が張っても“一生もの”になるような、丈夫で飽きのこないアイテムを選べば、頻繁に買い替えない分、お得という見方もできます。そして、確実にエコ。これから家具や家電を買うなら、家族が増えてライフステージが変わっても、長く愛用できるものを選んでみませんか。

今回は、女性誌やライフスタイル誌のスタイリングをはじめ、広告写真の空間演出なども手がけているインテリアスタイリストの大谷優依さんに、新生活のはじまりにこそ選びたい、上質なアイテムをセレクトしていただきました。

 

ルール1. 大きなものから選んでいくとまとまりやすい

20200317_atliving_premiumitem_001

家具を揃えるとき、何から選んだらいいかわからない! という場合は、大きな面積を占めるものから選ぶと、失敗しなくなるそう。

「たとえばリビングは、ソファを置くならソファから選ぶと、そこから全体をまとめやすくなると思います。ソファが決まったら、それに合わせてラグやカーテンなど、部屋を大きく占めるものを検討していきます。また、一つひとつは単独で好きなものでも、全体のテイストや方向性がブレてしまうとゴチャゴチャしたイメージになってしまうので、こんな部屋にしたい、というイメージを定めておくと、うまくいくはずです。

ピンタレストやインスタグラム、雑誌などで、好きだなと思うインテリアのを見つけておくのがいいと思います。いくつか集まってくると、モノトーンにウッドが入った感じが好きなのかな、とか、アイアンが入ってるのがいいな、なども、自分の好きなテイストが見えてくると思いますよ」(インテリアスタイリスト・大谷優依さん、以下同)

 

ルール2. 最初から全部揃えようとしなくていい

20200317_atliving_premiumitem_002

新生活をはじめるタイミングですから、初めからすべてを揃えてスタートしたい、と思うかもしれません。でも、多少不便な期間があっても、本当に好きで欲しいと思えるものをじっくり揃えた方が、後悔しない買い物ができるのです。

「ちょっと予算オーバーでも、欲しいと思ったものを購入することをお勧めしたいですね。インテリアは毎日目に入るものですから、『やっぱりあれを買っておけばよかった』と思いながら生活するのはさみしいですし、がんばって買ったものは、やっぱり大切に使うんですよね。最初から揃えられなくても、ひとつずつ整えていけばいいんです。選ぶのはどんなものでもいいのですが、なんかこの丸い感じが好きだから、とか、憧れているあの人が使っているから、とか、そういう思い入れがよりあなたらしい、個性的な空間を作ってくれると思いますよ」

 

ルール3. 使うほど味が出るテーブルとチェアにお金をかける

20200317_atliving_premiumitem_003

どんな家具も上質なもので揃えたいけれど、やっぱりお値段は気になるところ。あれこれとお金をかけなくても、上手に買い揃えられるコツを教えてください。

「お金をかけてもいいと思うものは、テーブルとチェアです。“名作”といわれるものは使えば使うほど味が出て、たとえ途中で飽きてしまっても、ほかに買い手がつくことがありますから廃棄せずに済みます。とくにソファやチェアは、カバーを張り替えると印象がぐっと変わるので、汚れや飽きを気にせず長く使っていけるものです。

逆に、あまりブランドや値段にこだわらなくてもいいかなと思うものは、ベッドやファブリック類ですね。ベッドは人に譲るのが難しいものですし、ラグやカーテン、タオルなどの布ものは、どうしても汚れてしまうので、触り心地に納得できればそれが何より。安いからといって質が悪いわけではないのです。使い捨てになってしまうような消耗品、また収納グッズは、同じデザインや形のものを複数揃えた方がきれいに整うので、揃えやすい価格のものだといいですよね」

 

次のページではいよいよ、長く愛用できる上質なアイテムを具体的に紹介していきます。