LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

リビングでのトレーニングで腹を割る! AYA流美腹筋メソッドで夏までに絶対お腹やせ

TAG

夏までにかっこいい体をつくりたい! そろそろそんな気分が盛り上がってきているんじゃないでしょうか。

憧れの腹筋美女といえば、カリスマトレーナーのAYAさん。AYAさんのような腹筋にすぐになるのはもちろん無理ですが、少しでも近づけるための、AYA流のお腹やせメソッドを教えてもらいました。早速試してみましょう。

 

筋トレ&脂肪を落として腹筋を割る!

「腹筋は体の中心にある、まさに幹となる筋肉。この部分が鍛えられてないと、背中が丸まって猫背になったり、骨盤が前傾や後傾になったりと、正しい姿勢が保つことができず、プロポーションにも悪影響です。しかし逆にいえば、体幹をしっかり鍛えておけば正しい姿勢で過ごせるようになるので、日常の動作がラクになるばかりか、立ち姿も美しくなりますよ」とAYAさん。

そこでレクチャーしてもらったのが、腹筋をまんべんなく鍛えるエクササイズです。

腹筋が弱い人からすれば強度は高めですが、毎日習慣にすることで、縦にうっすらと線が入る腹筋女子憧れの“アブクラックス”といわれる状態はもちろんのこと、AYAさんのような腹筋が6つに割れた“シックスパック”も夢じゃない! ただし、毎日のワークアウトに加えて、こんな注意も。

「運動だけで腹筋を割ろうとするのは至難の技です。アメリカには『腹筋はキッチンでつくられる』という有名な言葉があるのですが、ワークアウトをこなしても腹筋が割れないなら、食べ過ぎている可能性があるので、食事内容を見直してください。加えてワークアウトの前に、ウォーキングやジョギングといった脂肪燃焼効果が高い有酸素運動を行うと、効果が早く現れます」(AYAさん)

ただ鍛えるだけではなく、食事にも気を使いながらのトレーニングが必要ですね。ではさっそくAYA流腹筋メソッドをご紹介しましょう。

 

お腹の広範囲を刺激してシックスパックの土台をつくる

シックスパックの要となる筋肉を鍛えるワークアウト。前側にある腹直筋を鍛えることで、天然のコルセットが完成します。立ち姿も美しく見えるようになれますよ。

・お尻をググッと引き上げる「ウォームレイズ」

20180525_aya_01

1)ひじを床につけて腕立て伏せ
肩の真下にひじが来るよう、前腕を床につけます。後ろ脚をまっすぐ後ろに伸ばし、つま先を床につけ腕立て伏せのようなポーズをとります。

 

20180525_aya_02

2)お尻を上に持ち上げる
お腹に力を込めて、お尻を天井に向けて高くつき上げ、体を逆Vの字にします。息は止めないように注意して。

 

20180525_aya_03

3)お腹の力を抜かず1の姿勢に戻る
1の姿勢に戻ります。これを15回くり返し。3セット。お腹とお尻に力を入れ、体を一直線に保ちましょう。体幹、ヒップにも効果的です。

 

次ページでは、ひねる動作でウエストにも効くメソッドを紹介!