CULTURE 本・映画・音楽

シェア

都心店ならではのアイデアがいっぱい!ストアマネージャーに聞く
「IKEA原宿」につめ込んだこだわりと楽しみ方

TAG

2020年6月、原宿駅の目の前にオープンした地下3階・地上10階建ての複合施設「ウィズ原宿」の中に、「IKEA原宿」が誕生しました。これまで郊外型だったイケアが、都心の駅チカな場所にできたことで、オープン直後から連日賑わっています。原宿店ならではのディスプレイや新商品をご紹介するとともに、店舗開発秘話をIKEA原宿のストアマネージャー、青木エリナさんに伺いました。

 

アクセスのよさがイケアに新しい流れをつくる

20200717_atliving_ikea_001
商品点数の多さとそれらをコーディネートしたインテリアが見られる広い売り場が人気のイケアは、これまで郊外を中心に開発を進めてきました。休日、家族で車に乗ってイケアに行く────そんなこれまでのイケアのイメージを新しくしたのが、駅から徒歩1分という立地にオープンした原宿店です。

「IKEA原宿をオープンするにあたって考えていたのは、『これまでイケアに行ったことがない方にも来ていただけるように』ということでした。本当はもっと頻繁に行きたいけれど、遠いからなかなか行きにくい、という声もいただいており、アクセスが良い場所への出店を決めました。
他店舗より商品点数は少なく(他店舗はおよそ9500点に対し、原宿店では1000点ほど)、広さもありませんが、その分このエリアならではとなる、厳選した商品を取り揃えています」(IKEA原宿 ストアマネージャー / 青木エリナさん、以下同)

IKEA港北で長く働いていた青木エリナさん。IKEA原宿のストアマネージャーに抜擢された。
IKEA港北で長く働いていた青木エリナさん。IKEA原宿のストアマネージャーに抜擢された。

首都圏にはじめてイケアができたのは14年前。2006年にオープンした千葉県船橋市の「IKEA Tokyo-Bay」(前・IKEA船橋)が一号店となりました。

「この14年を経て、都市部に暮らす方々の家での過ごし方やニーズは、少しずつ変わってきています。限られた空間を効率的に使ったインテリアのアイデアは、都心に近づくほどに求められ、イケアが提案する環境問題への取り組みに、興味を持ってくださる方も多くなりました。イケアのコンセプトとなる、サステナブルで健康的な生活のご提案や、心地よく暮らすためのサポートを、IKEA原宿を通して都市部に暮らす方々にも体験していただきたいです」

 

若者の街・原宿が感度の高い人の集う場所に

20200717_atliving_ikea_004

都心部への店舗展開はさまざまな場所が考えられますが、その中から原宿をチョイスした理由は、“トレンドに敏感な若年層が集う街”だからだそう。

「ファッションや流行の最先端の街であることは周知の通りですが、それに加えて環境問題やサステナブルな意識を持つ、比較的若い世代の方々が集う街でもあります。デザイン性や機能性を重視しながらも、低価格で素材に配慮したものを扱うイケアに、ぴったりの場所だと感じました」

では早速、店内をチェックしてみましょう。

 

世界でココだけ! 忙しいときもスピーディに買い物ができる「コンビニ」

20200717_atliving_ikea_005

IKEA原宿で新しい試みとなったのが、この「スウェーデン・コンビニ」。こちらは世界でも初めての取り組みで、日本のコンビニエンスストアの便利さからインスパイアを受けて開発しました。

「1階入口のすぐ右側にあるスウェーデン・コンビニでは、毎日焼きたてのパンが並んでいるのがご覧いただけます。欲しい商品をクイックに購入することができ、オープン直後からとても人気のある売り場になっています。イケアではミレニアル世代へのヒアリングもしておりますので、その結果を受けてソリューションやデザインを考えました。休日はもちろん、平日のランチタイムやお仕事帰りなど、気軽に寄れる場所として楽しんでいただいています」

↑全国のイケアでも6月から設置されている「mymizu」
↑全国のイケアでも6月から設置されている「mymizu」

パンが並ぶ脇には、無料で給水できる「mymizu(マイミズ)」のスポットがあります。こちらはIKEA原宿をはじめ、6月から全国のイケアで導入されています。マイボトルを持ち込めばいつでも無料で給水でき、アプリをダウンロードすることで、世界中にある20万か所の給水スポットを検索することができます。

 

スウェーデン・コンビニで購入できるサステナブルフード3

20200717_atliving_ikea_007
これまでと変わらずイケアが提唱するのは、「すべての製品においてサステナブルな観点を持つ」ということ。スウェーデン・コンビニで扱っている商品も、オーガニックや添加物不使用などのアイテムが並びます。その中からおすすめの商品をご紹介しましょう。

1. 植物由来100%でパーム油不使用のインスタント
20200717_atliving_ikea_008
「プラントベースカップラーメン」
173円+税(野菜ベースの塩味)・228円+税(カレー味)
4月に誕生したばかりのプラントベース(植物性)カップラーメンは、スウェーデン・コンビニの中でも人気商品です。一般的にカップラーメンに多く使われているパーム油は、原料となるアブラヤシの生産性を上げるために、インドネシアやマレーシアの熱帯雨林を伐採してまでアブラヤシを生育していることが問題となっているのです。イケアのプラントベースカップラーメンはパーム油不使用でノンフライ、化学調味料も使わずに作られています。

2. 素材を厳選して作っているドリンク
20200717_atliving_ikea_009
「オーガニック野菜ジュース・オーガニックりんごジュース・オーガニックジンジャーエール」
182円+税(野菜ジュース)・137円+税(りんごジュース・ジンジャーエール)
すべての商品が有機JISマークを取得しているドリンクは、オーガニックかつ無添加で作られています。特に野菜ジュースは20種もの野菜350gを濃縮して作られており、忙しい日々を送る人やヘルスケアに敏感な人におすすめです。ジンジャーエールは国産のオーガニック生姜をメインに、使われている砂糖やレモン果汁、りんご果汁などもすべてオーガニック。すだち果汁が入っていてすっきりとした味わいです。

3. イケアでしか買えない!本場スウェーデンのブルワリーから輸入した低アルコールビール
20200717_atliving_ikea_010
「オムニポロ レギュラー/リンゴンベリー」※他にブルーベリー&バニラとローズヒップあり
264円+税(レギュラー)・410円+税(リンゴンベリー)
スウェーデン・ストックホルムで人気のクラフトビールブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」が作る低アルコールビールは、この6月に新商品として輸入がはじまりました。アルコール分0.3%で、それぞれに華やかで個性のあるドリンクです。レギュラーはさっぱりとした飲みやすい口当たりのビールで、柑橘を感じる酸味と香りが特徴的。右のリンゴンベリーは、スウェーデンを代表するリンゴンベリー(こけもも)のジャムといただくチーズケーキをイメージしたそうですから、ぜひトライしてみたいものです。

 

続いて、陳列にも工夫がいっぱいのインテリアやキッチンアイテム、フードなどをチェックしていきましょう。