ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

家で仕事をしているとコーヒーが飲みたくなる……という人へ。在宅ワークがはかどる!?
コーヒーメーカー選び

TAG

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令で、いよいよ在宅ワークを導入した人も多いのではないでしょうか? ひと足早く始めた人たちからは、慣れない自宅での作業では集中するのが難しい、気分転換をどうしたらいいかわからない、食べる量が増えた、などの声と同時に、「口寂しくてコーヒーが欲しくなる」「コーヒーを飲む量が増えた」という声が挙がっているといいます。

 

在宅ワークのリフレッシュはおいしいコーヒーで

そもそも、国内におけるコーヒーの消費量は、“サードウェーブ”やコンビニコーヒーブームの影響で、2015年に初の45万トンを突破(出典:全日本コーヒー協会/統計資料/生豆ベース)。以降もその年によって上下はあるものの、20年前と比べて約10万トンも増加しています。

コーヒーを飲む機会や量自体も増えている上、在宅ワークの場合はオフィスと違って、飲食は自由。“仕事のおともにコーヒー”という流れも納得です。

ただ、毎度お湯を沸かしてコーヒーを淹れるのは手間だったり、逆に、業務に集中したいからおいしい一杯にこだわったり、はたまた缶コーヒーを箱買いするぐらいならより経済的に飲みたかったりと、さまざまなニーズがあるはず。そこで今回は、在宅ワークで試行錯誤している人に向けて、ニーズ別に、おすすめのコーヒーメーカーを紹介しましょう。

 

1. 手間を減らしてとにかく効率的にコーヒーが飲みたい

20200407_atliving_coffeeserver_001-1

ネスプレッソ「VERTUO(ヴァーチュオ)」
1万9000円(税別)〜

「ネスプレッソ VERTUO」は、カプセルのふちに刻まれたバーコードに、カップサイズ、回転数、注入湯量、湯温、蒸らし時間などの情報がインプットされているため、ユーザーは設定要らずのワンボタンで抽出可能。2020年1月30日に新発売となったハイテクマシンです。

カプセルは25種類と超豊富で、10個セット864円~。たっぷり楽しめるマグ(約230ml)サイズをはじめ、5タイプのサイズがあるのも特徴です。写真はマグサイズの「ジョルニオ」。
カプセルは25種類と超豊富で、10個セット864円~。たっぷり楽しめるマグ(約230ml)サイズをはじめ、5タイプのサイズがあるのも特徴です。写真はマグサイズの「ジョルニオ」。

「なるべくおいしいコーヒーを飲みたい。でもコーヒー抽出に時間を割きたくない」という人はこれでしょう。ワンボタンなので手間がなく、「アルト」というサイズなら一杯約414mlと大容量なので、何度も抽出する必要もなく効率的。きめ細やかで厚みがあるボリューミーなクレマ(泡)も魅力です。

 

2. 高額製品には手が届かないけれど本格的なコーヒーを飲みたい

20200407_atliving_coffeeserver_002-1

UCC「ドリップポッド DP3」
1万2000円(税別)
※公式サイトでは3月2日にリニューアルされた14種のカプセルセット付き

コーヒー豆や缶コーヒーに喫茶店など、日本のコーヒー市場をけん引してきたUCC。同社が満を持して開発した、カプセル式コーヒーシステムが「ドリップポッド」。その新作が、2020年1月に発売となった「DP3」です。

カプセル×設定で、味の組み合わせは50通り以上。カプセルには紅茶や抹茶などもあり、さらにはカプセルではないレギュラーコーヒーを使える自由度の高さも魅力です。
カプセル×設定で、味の組み合わせは50通り以上。カプセルには紅茶や抹茶などもあり、さらにはカプセルではないレギュラーコーヒーを使える自由度の高さも魅力です。

カプセルの豆が高品質なのはもちろん、マシンの抽出に関しても膨大な知見と技術が凝縮。エスプレッソ系のマシンのように圧力をかけないため静音で、シンプルながら好みの濃度に設定できる機能も十分です。それでいて価格は高額でなく、カプセルも12個816円(税込)~とリーズナブル。ハイエンドモデルとまではいかないながらも、本格的なコーヒーを飲みたい人はぜひ検討を。

 

3. 毎日使うものだから、インテリアとしても映える一台が欲しい

20200407_atliving_coffeeserver_003-1

日本コカ・コーラ「&Drip(アンドドリップ)」
1万3800円(税抜)

日本コカ・コーラ初の家電開発だからこそ、規定概念にとらわれない発想でイノベーティブなコーヒーマシンが生まれました。それが「&Drip」。

1975年に登場し今も人気の缶コーヒーブランド「ジョージア」の開発で培った知見を活用しつつ、独自のカプセル式コーヒーマシンに結実させた、画期的な一台です。喫茶店のマスターが円を描きながら抽出するおいしさを再現した万人受けする味、タンクには通常の水のほかに「い・ろ・は・す」も使えるという利便性など、さまざまな個性が光ります。

こちらも圧力式ではないので音は静か。操作方式がボタンではなくタッチパネルになっていて、抽出完了音などがギターのサウンドになっている点も独特です。
こちらも圧力式ではないので音は静か。操作方式がボタンではなくタッチパネルになっていて、抽出完了音などがギターのサウンドになっている点も独特です。

ユニークなアイデアや革新的なクリエイティブは、世界的デザイナーの佐藤オオキ氏が率いるnendoが監修して実現。マシンの色や形は、キッチンよりもリビングに調和する美しさに仕上げられています。インテリアとしても映えるコーヒーマシンを探している方は、要チェックといえるでしょう。

 

4. 先行きの見えない状況だからコスパよくコーヒーを飲みたい

20200407_atliving_coffeeserver_004-1

ネスレ「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」
7091円(スターターキット・税込)

”ネスカフェアンバサダー”で有名なコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」が、「ネスカフェ ゴールドブレンド」発売50周年にあたる2017年に発売したのが本機。

インスタントコーヒーの概念を超えた「レギュラーソリュブルコーヒー」を使い、マシンの力でさらにおいしく、またブラックのほかにラテやカプチーノなど、多彩な飲み方を楽しめるのも特徴です。

インスタントコーヒーを充填した「ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック」からそのままタンクへ。ハイスペックのエスプレッソマシンで淹れたような、本格的なコーヒーの味を気軽に楽しめます。
インスタントコーヒーを充填した「ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック」からそのままタンクへ。ハイスペックのエスプレッソマシンで淹れたような、本格的なコーヒーの味を気軽に楽しめます。

「インスタントコーヒーが好き」「豆カスを出したくない」「カプセル式はランニングコストが…」といった意見をもつ方にはこのバリスタシリーズがオススメ。今回紹介するなかで、おそらく最もリーズナブルにおいしいコーヒーを楽しめるのは本機です。

2019年秋には新作「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」(1万4950円・税別)が登場。
2019年秋には新作「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」(1万4950円・税別)が登場。

ほかに、ミルク系メニューをさらにおいしく飲める最新作「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ デュオ」や、本体が最も安価な「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ シンプル」もあるので、好みに合わせてセレクトを。

 

5. いっそのこと水からこだわっておいしい一杯を飲みたい

20200407_atliving_coffeeserver_005-1

FRECIOUS(フレシャス)「Slat+café(スラット+カフェ)」
レンタル=月額1200円(税抜)
※前月の注文箱数3箱以上で無料、天然水料金FRECIOUS富士1本1506円(税抜)。マシンは購入プランも用意されている。

天然水のウォーターサーバーブランドFRECIOUSと、前記「ドリップポッド」のUCCがタッグを組んだ、日本初の天然水ドリップコーヒーサーバー。おいしい水とお湯が飲めて、UCCのカプセルコーヒーやレギュラーコーヒーも楽しめるという画期的なマシンです。

抽出の際は専用ホルダーをセットしてコーヒーモードに。設定してボタンを押せば約1分50秒でコーヒーが味わえます。
抽出の際は専用ホルダーをセットしてコーヒーモードに。設定してボタンを押せば約1分50秒でコーヒーが味わえます。
同機の通常モデル「Slat」はグッドデザイン賞に輝いている名作であり、ウォーターサーバーとしての実力もピカイチ。
同機の通常モデル「Slat」はグッドデザイン賞に輝いている名作であり、ウォーターサーバーとしての実力もピカイチ。

ウォーターサーバーとコーヒーマシンを併用していて、部屋をもっと広く使いたい、新生活などでウォーターサーバーやコーヒーマシンを検討している、という人にはおすすめです。

 

6. どうせマシンデビューするなら最高峰モデルを手に入れたい

20200407_atliving_coffeeserver_006-1

デロンギ「ディナミカ ECAM35035W」
12万8000円(税別)

イタリア製のエレガントなマシンで、エスプレッソの国ならではの濃い芳醇なコーヒーを抽出してくれるデロンギ。その最上位機種が、コンパクト全自動コーヒーマシンの「ディナミカ」です。

地域で変わる水の硬度に応じた機能まで搭載していて、豆を挽くところから抽出まで、多彩な飲み方をワンタッチで実現。しかも、高品質な豆による“スペシャルティコーヒー”を抜群においしく飲む「スペシャルティ」という新メニューも搭載しています。

得意のエスプレッソはもちろん、「カフェ・ジャポーネ」という日本人好みのメニューもあり。スチーム機能を使えば、ふんわりとしたミルクフォームでカフェそのままのカプチーノも楽しめます。
得意のエスプレッソはもちろん、「カフェ・ジャポーネ」という日本人好みのメニューもあり。スチーム機能を使えば、ふんわりとしたミルクフォームでカフェそのままのカプチーノも楽しめます。

値が張ったとしても、とにかくおいしいコーヒーを飲みたいならやはり挽きたてに限るでしょう。ただし仕事の合間に飲むのであれば、豆を挽いて沸かしてポットに移して蒸らして……といった所作は時間がとられます。そういった手間をかけずに絶品コーヒーの飲みたいなら、やはり本機のようなマシンがオススメ。

また、デロンギの最新モデルには「クレシドラ ドリップコーヒーメーカー」という、「アイスコーヒーモード」を搭載した意欲作も。こちらは公式サイトで2万4800円(税別)と価格も手ごろです。アイス派のコーヒー党の方には朗報といえるでしょう。

デロンギ「クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J」。蒸らしながら濃いめに抽出したコーヒーを氷で急冷することで、香り高くコク深いアイスコーヒーを抽出します。
デロンギ「クレシドラ ドリップコーヒーメーカー ICM17270J」。蒸らしながら濃いめに抽出したコーヒーを氷で急冷することで、香り高くコク深いアイスコーヒーを抽出します。

 

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュース「GetNavi web」 https://getnavi.jp/