ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

初心者が選ぶべき4モデルを徹底チェック!私たちが使いたい
スマートウォッチ

TAG

「スマートウォッチ」という言葉はご存知でしょう。でもどんな商品があるかは分からない、という人も多いのでは?

今回はディスプレイをタッチして操作する4種類の代表的なモデルを紹介。各機の概要と、健康管理という側面にフォーカスして、それぞれの特徴を解説します。

 

おなじみのApple Watch Series 3の実力は?

Apple Watchは、Appleが販売するスマートウォッチ。「watchOS」を採用しており、iPhoneとペアリングして利用します。2014年に初代「Apple Watch」が発表されてから3年以上が経過。いまでは、第3世代に相当する「Apple Watch Series 3」が最新モデルとなります。


Apple「Apple Watch Series 3」38mm・Nike+モデル

同製品は、LTE通信が可能なモデルも選択でき、iPhoneを大手通信会社で契約している場合、専用のオプションプランを契約すれば、Apple Watch単体でモバイル通信を利用可能。iPhoneの電源を切った状態でも、あるいは屋内にiPhoneを置いて外出してしまった場面でも、ウォッチから電話を掛けられます。Apple Musicのストリーミング再生も可能で、さらにSiriを用いた音声操作もできます。

Nike+モデルのバンドは通気性に優れており、丸一日装着していても蒸れにくい。ランニングなど、汗をかくワークアウトで活躍する
Nike+モデルのバンドは通気性に優れており、丸一日装着していても蒸れにくい。ランニングなど、汗をかくワークアウトで活躍する
背面には光学式の心拍センサーを搭載。リアルタイムに心拍数をチェックできる
背面には光学式の心拍センサーを搭載。リアルタイムに心拍数をチェックできる

ケースは38mmと42mmの2種類。ケースおよびバンドも複数の組み合わせを展開しており、素材・種類によって価格が異なります。

アプリ一覧の画面
アプリ一覧の画面

防水・防塵性能を備えるので、腕時計OKのプールや海水浴場でも使用可能。屋外のランニング中に雨が降ってきても故障を心配せずに使用し続けられます。そのほか、Apple Payが利用できることもメリット。Suicaを登録して、公共交通機関の利用やコンビニの決済に利用できるので、ちょっとした外出やワークアウトの際に、サイフを持ち歩く必要がなくなります。

ワークアウトの際の画面。ディスプレイサイズはコンパクトながら、文字表示がはっきりと見えるので、視認性もよい。GPSで経路のログも残る
ワークアウトの際の画面。ディスプレイサイズはコンパクトながら、文字表示がはっきりと見えるので、視認性もよい。GPSで経路のログも残る

運動の測定については、「アクティビティ」と「ワークアウト」の2種類のアプリを標準搭載。前者は日常生活で、どのくらいのカロリーを消費したのかモニターできます。後者はランニングなどの運動中のデータを測定できるアプリです。

Nike+モデル(38mmケース)では、総重量が50g台前半となる。マラソンなどの長距離を走る場合でも、使い勝手はよい
Nike+モデル(38mmケース)では、総重量が50g台前半となる。マラソンなどの長距離を走る場合でも、使い勝手はいい

Apple Watch Series 3(Nike+)の評価
使いやすさ:★★★★★
拡張性:★★★★★
電池持ち:★★★★☆
見やすさ:★★★★☆
運動利用:★★★★★

Good!
・iPhoneとの連携がしやすい&初期設定が分かりやすい
・軽くてかつ文字盤も見やすいので運動利用に最適
・運動しながらApple Musicを単体でストリーミング再生できる

Caution!
・Androidでは利用できない
・LTEモデルは固定費が発生する
・画面がずっと点灯しているわけではない

 

続いてAndroidをベースにしたスマートウォッチはどうでしょうか?