LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

マスクでベースメイクがぐちゃぐちゃ……!外出先でできる
ベースメイクのレタッチ&クイッククレンジング

TAG

暑い上に、長時間マスクを装着しているので、最近はバッチリメイクはせずにベースメイクだけしている、という人は多いのではないでしょうか? それでも、ベースメイクも崩れやすくなってしまいます。そのままにしておくと、見た目も気分もよくないばかりか、肌にも悪影響を及ぼすことがあるので、しっかりとメイク直しをしましょう。

外出先でマスクによるメイク崩れをキレイにオフして“お直し”する方法を、コスメコンシェルジュの牧内夕子さんに教えていただきました。

【関連記事】メイク汚れもしっかり洗浄! スタイリストが教える、マスクをきれいに長持ちさせる洗い方

 

マスク装着時のメイク崩れはきちんとリカバーを

20200811_atliving_fytte1_001

暑さに加えて感染対策のマスク着用が必要になり、今年の夏はいつも以上にベースメイクの崩れが悩みのタネですよね。マスクをつけていると蒸れやすく、汗や皮脂でベースメイクがくずれやすくなります。また、マスクが肌とこすれることによって、気づいたらファンデーションがすっかり剥げていた、ということも多いでしょう。

皮脂や汗などが混じってよれてしまったベースメイクをそのままにしておくと、肌への刺激になりやすく肌荒れの原因になることも。メイク崩れはきちんと直して、美肌をキープしたいですね。

ポイントメイクを直すならまだしも、ベースメイクを直すなんて面倒! と感じるかもしれませんが、キレイに仕上げるコツを紹介しますので、取り入れてみてください。

 

マスクで崩れたベースメイクをお直しする方法

まずは、マスク着用で崩れやすい、頬から下の肌をメイク直しする方法を紹介します。

 

1. 皮脂や汗をティッシュで押さえる

まずは、出てきてしまった皮脂や汗をティッシュで押さえて取りましょう。ティッシュを折りたたみ、汗や皮脂が気になる部分をやさしく押さえます。小鼻の周りやあご先、フェイスラインなども忘れないようにしてくださいね。

このとき、ティッシュにスプレーミストを吹きかけてから肌を押さえると、ひんやりとして気持ちよく、肌にうるおいを与えることもできます。
このとき、ティッシュにスプレーミストを吹きかけてから肌を押さえると、ひんやりとして気持ちよく、肌にうるおいを与えることもできます。

2. 乳液を含ませたパフでよれたファンデーションをならす

よれて毛穴などにたまったファンデーションをパフで均一にならします。何もつけていないパフで強くこすると肌に刺激になるので、パフに少量の乳液を含ませて、やさしくすべらせるようにします。

小鼻の周りや口の横のシワなどは特にファンデーションがたまりやすい部分です。パフの角を使ったり折り曲げたりして肌に密着させてならします。パフに含ませた乳液が保湿してくれるので、肌の乾燥対策にもなりますよ。

パフに少量の乳液を含ませて、やさしくすべらせるように。
パフに少量の乳液を含ませて、やさしくすべらせるように。

3. 化粧下地をつける

紫外線予防効果のあるマスクもありますが、マスクをはずしたときなどのうっかり日焼けを防ぐため、日焼け止め効果のある化粧下地を少量塗り直します。

あとから使うパウダーの密着も高めてくれ、化粧もちがよくなります。肌色補正効果の高い化粧下地を選べば、ファンデーションをつけなくてもある程度肌トラブルをカバーすることができます。

頬の毛穴や色ムラなどへのカバー力を高めたい場合は、化粧下地のあとにリキッドファンデーションをごく少量つけましょう。

少量の化粧下地を指先にとって。
少量の化粧下地を指先にとって。

4. フェイスパウダーで仕上げる

ファンデーションを何度も塗り重ねると厚ぼったくなり、顔色がくすんだ印象になる場合も。明るい肌色かルーセントタイプのフェイスパウダーで仕上げることで、自然な透明感のある仕上がりになり、マスクへの色移りも抑えることができます。

また、肌表面がサラサラとした感触になるのでマスクの摩擦を防いでくれる効果も期待できます。

肌色補正効果のある化粧下地やファンデーションは厚塗りにせず、フェイスパウダーで仕上げます。
肌色補正効果のある化粧下地やファンデーションは厚塗りにせず、フェイスパウダーで仕上げます。

メイク崩れがひどいときは、外出先でも簡単な“クレンジング”をしてメイクオフした上で、メイク直しをするのがおすすめです。次のページでは、外出先でできる「クイッククレンジング」の方法を紹介します。