LIVING リビングと暮らし

シェア

あなたの日常にも新陳代謝を。やましたひでこの「断捨離」-第1回-

TAG

いまや、至るところで目にするようになった「断捨離」という言葉。最初に提唱し、著書やテレビ・雑誌などのメディアを通じて広く一般化させたのが、現在「クラターコンサルタント」(クラターとは“ガラクタ”を意味する英単語clatter)として活躍している、やましたひでこさんです。

そんな正真正銘、断捨離の“生みの親”が日々思うこととは何なのか? 「断捨離とは、自分とモノとの距離感を意識すること」など、断捨離の真意については以前の記事で確認いただくとして、ここでは日常における、断捨離にまつわる気づきをしたためたエッセーをお届けします。断捨離によって暮らしや心も良い方向へ変化していく、そのヒントが見つかるかもしれません。

 

「妻と夫の居場所」

久しぶりに、我が根城のマンションで断捨離に励むこの数日。

あらためて、時間の経過とともに、関係の質が変化していることに気づかされる。

関係の質の変化。つまり、よく使っていたこのキッチンアイテムも、似合っていたはずのこのワンピースも、お気に入りだったこのコーヒーカップも、よくよく眺めてみると、今は使うこともなく、どこかしっくりせず、どうやら飽きてしまったようで。

そんな感覚が湧いてくるモノたちが、そこかしこに。

そうだ、こんなモノたちとのお別れの時期が来ているこのところ。

ところで、今回、心して断捨離に取り組んだモノは、紙系の中でも資料の類。これら、懸命に集め頑張って勉強したことの証拠品は、ついつい留め置き溜め込んでしまうものですね。

その溜め込む自分の心の内を探っていくと、やはり、少なからず懐旧の念に出逢うもの。

そうですね、このノスタルジアは存分に味わいつくし、それからお別れ。

だって、今は、その時とは別の自分がいるから。それに、過去の自分を、今、埃にまみれた資料の類で証明する必要など、どこにもないと思うから。

さてさて。

私、やましたひでこのもとに、さまざまに寄せられる悩みや相談。ほとんどが女性からではあるのだけど、最近は男性からも多くなり、その内容がたいていパートナー問題であるのです。つまり、夫婦の問題。

やましたは、基本的に、ずっと女性の味方、妻の味方で通してきたけれど、どうやら、そう言ってはいられなくなったよう。

そうですね、かつては、夫の不機嫌に、じっと息を潜め続けてきた多くの妻の立場に、それこそ、おおいに同情し憤慨してきたけれど、自己主張の激しい妻の不機嫌に、心穏やかではいられない夫たちも多いのですね。

まったく物事は、片面だけ見ていて論じるわけにはいかないし、総論で一括りにするには無理がある。

夫婦の関係とは、家庭とは、

半分は癒しであり、半分は戦い。
半分は協調であり、半分は不協和音。
半分は主張であり、半分は受容。

そんな極を行ったり来たりしながら、互いの「テリトリー」のバランスを保っていくもの。

私はそうなんふうに思うのだけど、どうでしょう。

ところで、妻の「テリトリー」の主張の仕方が、とても興味深いのです。もちろん、当の妻本人は、それに無自覚ではあるのですが。

家を徹底的にキレイに片づけて、夫の侵入を阻止する場合と。
家を散らかし放題にして、夫の帰巣本能を萎えさせる場合と。

前者の妻の場合は、夫が家にいると、部屋は散らかる、家が片づかないと愚痴を重ね、後者の妻は、夫は仕事ばかりで家にちっとも帰ってこないと不満を募らせる。

実のところ、「キレイ&愚痴」派の妻も、「散らかり&不満」派の妻も、根っこは同じ。

どちらの妻も淋しいのでしょうね、きっと。自分をわかって欲しくて、けれど、それが素直に言えなくて。しかも、自分の都合の良いように夫にわかって欲しいと期待しているから、自分の「テリトリー」の確保に執心するのです。

そこがなんとも厄介!

そして、どちらの場合も、間違いなく、家には夫の居場所がないのです。物理的な居場所もなく、当然のことながら、心理的な居場所もなくて。

居場所がない辛さ。

ここに自分の居場所はないと感じている夫と、ここは自分の思い通りどおりの居場所でないと思っている妻と。

そんなそれぞれが、時に、ダンマリを決め込むせめぎ合いを、あるいは、時に激しいバトルを、展開しているのが家という空間。

そこに漂う気は、不全感という残念なそれ。

さて、あなたはどんな立場にある妻で、あなたはどんな情況にいる夫でしょう。

住空間とは、妻と夫が高い密度で空間と時間を共有するところ。だからこそ、せめて余計なモノは取り除いて、清々しい空間にしておきたい。

そう、荒み淀んだ空間は、妻と夫の関係をストレスフルにしても、けっして、和気藹々なそれに誘うことないのだから。

 

Profile

クラターコンサルタント / やましたひでこ

東京都出身、早稲田大学卒業。学生時代に出合ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を、日常の「片づけ」に落とし込んで応用提唱し、誰もが実践可能な「自己探訪メソッド」を構築した。断捨離を、人生を有機的に機能させる「行動哲学」と位置付け、空間を新陳代謝させながら新たな思考と行動を促すその提案は、年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。また『新・片づけ術「断捨離」』(マガジンハウス)をはじめとするシリーズ書籍は、中国、台湾でもベストセラーを記録し、国内外累計400万部を超え、ヨーロッパ各国の言語でも翻訳されている。
・やましたひでこオフィシャルサイト「断捨離」
日々是ごきげん 今からここからスタート http://www.yamashitahideko.com/
・やましたひでこオフィシャルブログ『断捨離』
断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵 http://ameblo.jp/danshariblog/
・断捨離オフィシャルFacebookページ http://www.facebook.com/dansharist

※「断捨離」はやましたひでこ個人の登録商標であり、無断商業利用はできません。