LIVING リビングと暮らし

シェア

風水で我が家に幸運を呼び込む!紫月香帆先生に教わる、
2020年の開運ポイント

TAG

「リビングルーム」はテレビや窓を磨き
グリーンをプラスして

20191219_fuusui_007

「リビングは、コミュニケーションに影響を与える空間です。帰宅後にまず向かうので、その日にあったことがこぼれ出やすい場所。このため、悪い“気”を吸って新鮮な空気をもたらす観葉植物を置くようにしましょう。生花を飾るのもおすすめです。生きている植物は呼吸をしています。吸ったり吐いたりという自然のリズムが、対人関係においての引いたり押したりする際の、心地よいバランスをサポートしてくれるのです。
また、香りや色の力を借りるのもおすすめ。ウッディ系のアロマや芳香剤、アップルグリーンのアイテムは気分を上げてくれるので人気運アップに。お気に入りのものに囲まれた明るいリビングの中でメールや電話をすると、対人関係が円滑になるので、好きな小物や絵などを飾るのも効果的です。
多くの家庭で、リビングは家の中でもっとも大きな窓があり、玄関に次いで“気”の出入りが多い場所でもあります。窓や網戸が汚れていると、よい“気”が入らず、悪い“気”を引き寄せてしまうので、月に一度は窓を磨き、網戸の汚れを落とすといいですね。情報をもたらすテレビ周りの埃もこまめに取り除きましょう」

【リビングルームの開運ポイント】
・観葉植物や生花を飾る
・ウッディ系の香りやアップルグリーンのアイテムを置く
・お気に入りのものに囲まれた空間にする
・月に一度は窓や網戸掃除をする
・テレビ周りをこまめに掃除する

 

枕カバーはこまめに洗濯
体が休まる「ベッドルーム」に

20191219_fuusui_005

「人は寝ている間に体力を回復し、気のチャージを行います。ベッドルームは、安眠できる空間であること、あれこれと考えたり、雑念が浮かんだりしない、リラックスできる空間が理想です。
特に、2020年は、頭の切り替えが大切になります。『明日は早く起きなきゃ』とか『あれをやらなきゃ』など、心配事を持ち込まないように意識しましょう。
眠りにつくときは、好きな香りのアロマやルームフレグランスを置き、香りに意識を向けるのがおすすめです。また、体の中の気は、頭から出たり入ったりするので、悪い気がついているかもしれない枕で寝るのは避けたいところ。そのため、常に清潔に保てるように枕カバーを2枚用意して、毎日のように取り換えることをおすすめします。枕カバーの色は、パステルカラーがおすすめ。薄いイエローやピンクなど、明るい気分になれるやさしい色味をチョイスしましょう」

【ベッドルームの開運ポイント】
・雑念を持ち込まない
・リラックスできる香りのアロマを炊く
・枕カバーはパステルカラーにする
・枕カバーはできれば毎日取り替える

 

湿気対策は念入りに!
風通しのよい「クローゼット」をキープ

20191219_fuusui_006

「クローゼットの中は、最も個性が出やすい場所です。自分なりの流れをつくることを意識してみましょう。例えば、服はトップスからボトムスになるように並べるとか、色別に並べるなど、流れが感じられるようにしてください。
扇風機や夏のサンダルなど、季節のアイテムをしまうこともあると思います。それらについても、カバーをかけてまとめるなど、整えて収納し、今使っているものとは離しておきましょう。
風水は断捨離とは違うので、使わないものを処分することは重要ではありません。ただし、使わないもの(動いていないもの)と今使っているものを一緒にしないことが好ましいです。湿気がこもらないように除湿剤を置き、風通しのよい空間を意識しましょう」

【クローゼットの開運ポイント】
・色やアイテムなど、ルールを設けて服を並べる
・季節外のものは今使っているものと一緒にしない
・湿気を除去するアイテムを置く
・整えることを意識する

 

最後に、トイレやバスルームといった“水回り”はどのように整えたらいいでしょうか?