LIVING リビングと暮らし

シェア

我が家のインターネット環境を見直すときに。今さら聞けないWi-Fiの基本と
「メッシュWi-Fi」のはじめかた

TAG

ケーブルなしでインターネットに接続できる「Wi-Fi(ワイファイ)」。導入したものの、場所によっては速度が遅かったり、接続できなかったりということはありませんか? そんな我が家の悩ましい状況を打開してくれるのが、「メッシュWi-Fi」という技術。複数の無線機器を設置することで、家のすみずみにまでくまなく電波を行き渡らせることができます。

ここでは「そもそもWi-Fiとはなにか?」「Wi-Fiを使うと何が便利なのか?」から簡単におさらいした上で、「メッシュWi-Fi」について解説しましょう。ここからは、テクニカルライターの湯浅顕人さんに解説していただきます。

メッシュWi-Fiを導入していない環境でのスマートフォン(以下、スマホ)。ルーターから離れた場所ではWi-Fiの電波が弱くなり、通信が遅かったり途切れたり……。
メッシュWi-Fiを導入していない環境でのスマートフォン(以下、スマホ)。ルーターから離れた場所ではWi-Fiの電波が弱くなり、通信が遅かったり途切れたり……。

 

まずおさらいしたい「Wi-Fi」って何?

Wi-Fiとは、ケーブルなしでインターネットに接続するための“規格”のことです。

自宅でインターネットに接続するもっとも一般的な方法は、インターネット回線を契約して、自宅の中に「モデム」と呼ばれる機器を設置すること。そのモデムにつなげた機器は、インターネットに接続できるようになります。

ただし、モデムにつなぐことのできる機器は1台のみ。そこで、複数の機器を接続できるようにする「ルーター」を併用する場合がほとんどです。モデムとルーターは、一体型になっていることも。ルーターにつなげる機器の例としては、パソコン・スマホ・タブレット・ネット家電(スマート家電、IoT家電ともいう)などがあります。

以前は、ルーターと機器はケーブルで接続する必要がありました。その接続を、電波によってケーブルなしでできるようにしたのが「無線LAN」で、そのための規格が「Wi-Fi」なのです。

Wi-Fiを利用するには、ルーターと機器の両方がWi-Fi機能を内蔵している必要があります。Wi-Fiルーターはコードレスホンの「親機」だとすれば、Wi-Fi機能を内蔵した機器が「子機」と考えてもいいでしょう。

パソコン・スマホ・ゲーム機といったWi-Fi内蔵機器は、Wi-Fiルーターにワイヤレスで接続できます。そこから、モデムを経由してインターネットに接続できるのです。
パソコン・スマホ・ゲーム機といったWi-Fi内蔵機器は、Wi-Fiルーターにワイヤレスで接続できます。そこから、モデムを経由してインターネットに接続できるのです。

 

Wi-Fiを使うメリットと、需要が高まっている理由

Wi-Fiのメリットは、もちろんケーブルが不要であること。室内にケーブルが這って見苦しいとか、別の部屋までケーブルを延ばしているいるためドアが閉まらないといったことがありません。また、スマホやタブレットのように、室内のあちこちで使いたい場合には、ケーブルがあるとわずらわしいものです。

ところで、「スマホはWi-Fiなしでもインターネットが使えるのに、なぜWi-Fiを使う必要があるの?」と思うかもしれません。それは、スマホの「通信容量制限」によるものです。

スマホがWi-Fiなしでもインターネットを使えるのは、スマホ用のデータ通信回線(3G/4G/LTEなどと呼ばれています)を利用しているからです。ただ、このデータ通信回線は1ヶ月あたりの通信容量の上限が決められており、それを超えてしまうと次の区切りの日(月末など)までは通信速度が極端に低下してしまうのです。いわゆる「ギガがなくなった」「ギガ死」状態です。

スマホをWi-Fiに接続すると、データ通信回線を使わずに通信することになるので、通信容量は消費しません。そのため、自宅やカフェなどWi-Fiが使える場所では、なるべくWi-Fi接続して使ったほうがいいというわけです。

20200111_meshwifi_006

そして、最近Wi-Fiの需要が急速に高まっている理由として、「IoT」があります。「IoT」とは「Internet of Things」の略。「モノのインターネット」と訳されます。さまざまなモノをインターネットにつなげることで、従来にはなかった用途や便利さを生み出すしくみのことです。

たとえば玄関ロック。インターネットに接続できる玄関ロックによって、スマホから施錠・開錠できたり、外出先でもスマホで施錠の確認ができたりします。

そのほか、照明やエアコン、ロボット掃除機など、IoT機器は急速に普及しつつあります。このような機器にいちいちケーブルを接続していては接続口が足りませんし、部屋中がケーブルだらけになります。また、ロボット掃除機など、ケーブルを接続して使うことが事実上不可能に近い機器もあります。

ケーブルなしで接続できるWi-Fiは、スマホの通信容量節約やIoT機器に欠かせない技術なのです。

 

場所によってはつながらない! Wi-Fiの到達範囲を広げるには?

一方で、Wi-Fiには弱点もあります。それは到達範囲。Wi-Fiは電波で通信しているため、ルーターから離れるほど電波が弱くなり、通信速度は遅くなります。そしてついには、接続できない「圏外」の状態になってしまうのです。

ルーターとの間に壁やドア、家具といった障害物があると到達範囲はさらに狭くなります。たとえば「ルーターがリビングにあるので、寝室だとWi-Fi接続が途切れがち」ということが起こってしまうわけです。

この問題を解消するため、「電波強度を高める」「アンテナを増やす」といった対策を施したルーターもありますが、それにも限界があります。

また、電波を中継して到達範囲を広げる「中継機」という機器もありますが、設定が難しかったり、「ルーターの近くではルーターに接続し、中継機の近くでは中継機に切り替える」という操作を手動でしなければならなかったりという欠点があります(これらの弱点が解消された中継機もあります)。

「中継機」を設置した場合。Wi-Fiルーターからの電波を中継してくれるため、直接Wi-Fiルーターの電波が届かない場所にある機器でも接続できるようになります。
「中継機」を設置した場合。Wi-Fiルーターからの電波を中継してくれるため、直接Wi-Fiルーターの電波が届かない場所にある機器でも接続できるようになります。

 

「Wi-Fi」の基本的なしくみとメリットを理解できたところで、いよいよ今話題の「メッシュWi-Fi」について、引き続き湯浅さんに解説していただきます。