LIVING リビングと暮らし

シェア

もっと簡単に模様替えしたい!Francfrancで手に入れる
秋冬インテリアのグッズとセンス

TAG

秋冬のトレンドは「レトロ・エレガンス」

Francfrancの2018年秋冬のトレンドは、クラシックでありながらも女性らしさや大人っぽさを演出できる「レトロ・エレガンス」だそう。エレガントな雰囲気たっぷりの商品を打ち出しています。「真鍮や大理石、ベルベット素材を使用しアールデコ風のデザインのものを多く取り入れ、アンティークな風合いと上品さを感じられる曲線美ややさしさを意識して、秋冬商品をラインナップしています」(岡田悟朗さん、以下同)

 

1. 一点で部屋が華やぐアートボード
2181012_francfranc_007
SANDY WELCH アートボード パフューム
1万円
壁に一枚掛けるだけで存在感のある、幅60cm×高さ80cmのアートボード。「女性らしいモチーフを描くSANDY WELCHのアートボードは、大変人気がある商品です。一枚飾るだけでアーティスティックなイメージになり、雰囲気を変えたいときにぴったりのアイテムですね」

↑アートボードは、壁に掛けるだけでなく、床や椅子に置いたり飾り棚に乗せて飾ったりするのもおすすめ。「マーブルパターン アートボード C」2800円
↑アートボードは、壁に掛けるだけでなく、床や椅子に置いたり飾り棚に乗せて飾ったりするのもおすすめ。「マーブルパターン アートボード C」2800円

 

2. 香りもインテリアを演出するマストアイテム
2181012_francfranc_009
フレグランス各種
900円〜
香りもお部屋のイメージをつくる重要なアイテムです。とりわけ、来客が最初にその家の印象を持つ玄関周りの空間は、心地よい香りで満たしましょう。「フラワー入りのかわいらしいタイプやストーン入りのモダンなデザインのもの、秋冬を意識したベルベットを使用したデザインなど、ボトルのイメージと香りのイメージが同じになるよう作られていますから、どんな香りのものを選んでよいかわからないという方は、ボトルのイメージで決めていただいてもいいと思います」

 

3. 水回りなど生花が置きにくい場所の差し色に
2181012_francfranc_010
アートフラワー
400円〜
さまざまな種類のアートフラワー(造花)は、色や形、長さなど、置きたい場所や花瓶に合わせて選ぶことができます。「瓶にちょっと挿しておくだけで、明るく華やかになります。湿気の多い水回りは生花は置きにくいので、殺風景になりがちな洗面所やキッチンなどの水回り、窓辺にアートフラワーを置いていただくのがおすすめです。スワッグやブーケになっているものもありますし、一本での販売もしているので、飾る場所によって自由にお選びいただけます」

 

4. 来客時にサッとかけてエレガントな空間を演出
2181012_francfranc_011
テーブルランナー
2120円〜
テーブルランナーをかけるだけで、料理やお茶がおいしそうに見えます。食卓には足元までかかるようなロングタイプのものをかけると、優美で華やかな印象を与えてくれるでしょう。「テーブルランナーは、ナチュラル、モダン、フェミニン、エレガントなど、どんなテイストのイメージのお部屋にも対応できるようさまざまな柄や色形を取り揃えているので、迷ったらスタッフに相談してみてください」

 

5.遊び心のあるアイテムでハズす
2181012_francfranc_012
人感センサー付ミュージックバード クリップ(イエロー・レッド・グリーン)
980円
すべてをエレガントにまとめるだけでなく、遊び心のあるアイテムを取り入れて親しみやすさを演出してみるのも手。「ファッションでも、どこかでハズしたり引き算したりしますよね。インテリアコーディネートも同じで、しっかりまとまっているよりも、ちょっとハズしたアイテムを取り入れることで、全体が生きてきます。鳥のほかにもたくさんのオブジェがあります」

 

大掛かりな模様替えをしなくても、部屋の印象はチェンジできるもの。まずはポイントになる部分を変えて、ぬくもりのある秋冬仕様の部屋にしてみませんか。また、トレンドの大人の女性像を意識したレトロエレガントなアイテムを取り入れて、大人っぽさを創り出してもいいですね。

寒くなり、自宅で過ごす時間が増えるこれからの季節、さらに居心地のいい場所にするために、部屋を素敵なインテリア空間に整えてみましょう。

Profile

Francfranc 執行役員 商品開発本部長 / 岡田悟朗

アパレルブランドの商品企画、ディレクションを経て2017年9月より現職。現在Francfrancの商品開発統括、ブランドディレクションを担当。趣味は建築、仏像巡り。

 

取材・文=吉川愛歩 撮影=松本有隆 構成=Neem Tree