LIVING リビングと暮らし

シェア

「自分」を表現する空間づくりに。Francfrancの新ブランド
「アロウブ」で見つけた、心地よいもの

TAG

Francfranc(フランフラン)が2019年11月より新しく提案している「À L’AUBE(アロウブ)」は、港区白金台の一軒家をリノベーションした店舗のみで展開しているブランド。プライベートな空間を、より快適に心地よく過ごすための厳選されたアイテムが揃い、店内にはテラス席のあるカフェも併設されています。今回はその「À L’AUBE」を、ブランド丸ごと紹介します。

 

選べる大人へ「トレンドに流されない自分らしさ」を提案

「À L’AUBE」とは、フランス語で“夜明け”を意味する言葉。仕事が忙しくても、休みの日は自分を取り戻せる空間で落ち着いて過ごし、また翌日からリスタートできるような、“リセットできる時間”をイメージして名づけたそう。

「ターゲットにしているのは、大人の女性。流行を必死に追いかけるのではなく、自分のスタイルにうまくトレンドを取り入れることを得意とする方です。そんな方々の暮らしの中で長く定番となれるよう、À L’AUBEでは、安価なものを使い捨てるのではなく、愛着を持って使っていただけるアイテムを用意しています」(À L’AUBE・奥住美奈子さん、以下同)

定番のリネン製ベッドシーツやピローカバー。「春夏はワッフルブランケットや白やピンクなどの明るい色のベッドカバーと合わせ、秋冬はモヘアやカシミア、深みのある色のカバーと合わせるなど、定番+αで組み合わせることで、ミニマムにインテリアチェンジができます」
定番のリネン製ベッドシーツやピローカバー。「春夏はワッフルブランケットや白やピンクなどの明るい色のベッドカバーと合わせ、秋冬はモヘアやカシミア、深みのある色のカバーと合わせるなど、定番+αで組み合わせることで、ミニマムにインテリアチェンジができます」

イメージは都心を離れた水辺の“リトリートハウス”

ブランドイメージを固めていくとき、キーとなったのは“水辺の癒し”だとか。「都会から3時間ほど車を走らせて行く、水辺の別荘のようなところで過ごすシーンをイメージして、アイテムを企画していきました。アクティブな海ではなく、たとえば冬でも波音を聴きながら焚き火をしてリラックスできるような、“静”を感じるブランドです。自分を見つめ直したりじっくり物事を考えたりするときに、そばにあると心地よくなるものを選んでいます」

エントランスにかかっているのは、淡路島を拠点に制作しているユニット「O'Tru no Trus」のもの。海に流れ着いた木の実や流木などに、真鍮を組み合わせて作ったモビールが風に揺れる様子は、見ているだけで海辺を散歩しているような気分に。
エントランスにかかっているのは、淡路島を拠点に制作しているユニット「O’Tru no Trus」のもの。海に流れ着いた木の実や流木などに、真鍮を組み合わせて作ったモビールが風に揺れる様子は、見ているだけで海辺を散歩しているような気分に。

ではさっそく、À L’AUBEで注目したいアイテムをピックアップしていきましょう。キッチン編・リビング編・ホームアクセサリー編に分け全16アイテムの「心地よいもの」を紹介します。

 

À L’AUBEの心地よいもの……キッチン編

20200311_atliving_francfranc_003

キッチンに揃えたいのは、飽きのこない食器や長持ちするリネンのタオル。「特に食器は、決められた用途でしか使えないものでは、たくさん必要になってしまいますよね。和食にも洋食にも合わせられたり、普段使いもおもてなしにも使えたり、シーンを限定せずに使えるものをおすすめしています」

 

1. 口当たりのよいフランス製食器

20200311_atliving_francfranc_004
Cecile Preziosaシリーズ
ハイボウルS
3780円+税~
フランス人の女性作家がノルマンディー地方にあるアトリエで、一つひとつ作っているストーンウェア。「ぽってりとした丸みのある姿は、食卓に温かみをもたらしてくれます。アイボリーやブルー、グレー、グリーンなどの色展開があるので、組み合わせて使う楽しみもあるのではないでしょうか」

 

2. さまざまな使い方ができるカップ

20200311_atliving_francfranc_005
MUSANGO HORIZONTAL マグ
3240円+税
イギリスのメーカーが作る大ぶりのマグカップは、ポルトガルの職人が手描きでペイントしたもの。「カフェオレボウルやスープカップとして、また、シリアルやフルーツヨーグルトなどの朝食のための器としても使える大きさです」

 

3. 洗うたびに柔らかく吸水性がよくなるクロス

20200311_atliving_francfranc_006
(左)Vaxbo Lin ディッシュクロス 1980円+税
(右)ann back made カラーセルクロス 594円+税
スウェーデンの最高級リネンブランドVaxbo Lin(ヴェクスボリン)のクロス(左)は、速乾性と耐久性に優れているので、お皿拭きやキッチン周りのお掃除にもストレスなく使える品です。「『カラーセルクロス』はフィンランドの天然染料で染められ、土に埋めると分解されて自然に還るサステナブルなクロス。ちょっとしたギフトにも最適です」

 

4. ナチュラル精油で作られたソープ&ソープディッシュ

20200311_atliving_francfranc_007
セラミックソープディッシュ 2250円+税
À L’AUBEオリジナルミネラルソープ 2250円+税
ヤシ油やヒマワリ油に、クレイのミネラルと自然の精油を入れて作ったソープは、洗い上がりがさっぱりするSaltと、保湿できるClayの2種類があります。「一つひとつ手作りで作られたセラミックのソープディッシュは薄くて軽く、水はけがいいのが特徴です」

 

続いて、次のページではリビングアイテムとホームアクセサリーを紹介します。