LIVING リビングと暮らし

シェア

「部屋作り」とは、自分を知ること。話題のインテリア系オンラインマガジン
「ROOMIE」編集長が語る、
最高に楽しい部屋の作り方

TAG

“クラフトな遊び心地”を掲げ、暮らしとインテリアにまつわる、さまざまな記事を配信するオンラインマガジン「ROOMIE」(ルーミー)。ダイバーシティ(=多様性)の時代ともいわれる昨今、よりいっそう重要視される場所が、我が家や自分の部屋です。そんな部屋作りのヒントを、編集長の野田 翔さんに聞きました。

インテリアの最新トレンド、自分の部屋で楽しく過ごすコツ、そしてROOMIEが考える「部屋づくりを通して伝えたいこと」とは?

 

20190828_roomie_001
ROOMIE/メディアジーン
https://www.roomie.jp/
「暮らしを豊かにするモノを、遊ぶように選び取る」ためのオンラインマガジン。「みんなの部屋」「わたしの部屋」「アウトドアな家暮らし」など人気連載も多い。

 

根強いリノベーションの波と、アウトドア&インドアの融合

━━ROOMIEでは日々、暮らしにまつわる全般的な情報を記事にされていますよね。最近、特に注目のトレンドって何があるんでしょうか?

野田:そうですね、近年目立って流行るというより“定着”したのが「中古物件リノベーション」だと思います。2015年あたりから流行り始めて、僕がROOMIE編集部に異動した2017年あたりには主流になり、いまや定着したという感覚があります。

↑ROOMIEの編集長を務める、野田 翔さん。
ROOMIEの編集長を務める、野田 翔さん。

━━DIYのブームと同じく、なんでも自分でやるという風潮は確かに根付きましたよね。

野田:ツールが増えたのも要因のひとつだと思います。簡単に部屋の雰囲気を変えられる「はがせる壁紙」とか、ツーバイフォー材で棚を作れる「ラブリコ」など、女性でも気軽にリノベーションを楽しめますからね。僕も昔は父と一緒にホームセンターへ通いましたが、二子玉川には女性向けのDIYショップができて、時代は変わったなあと(笑)。

━━昔は「日曜大工」と呼ばれてましたよね。

野田:ええ、でも今は年齢・性別に関係なく、自分好みのスタイルに部屋を作り変えることができる。インスタグラムにその様子をアップするなど、楽しみ方もいろいろあります。

20190828_roomie_003
https://www.roomie.jp/feature/outdoor

野田:他にも、アウトドア用品をインテリアの家具として使うのも流行っていますね。

━━テーブルやチェアなどですか?

野田:そうですね。これはおそらくアウトドアメーカーのスノーピークさんがブームのきっかけだと思うんですが。2014年あたりから「HOME⇄TENT」というのをテーマとして掲げたんです。つまり家とキャンプの境目がなくなっていく、ということですね。

━━アウトドア誌でも、そういう部屋を特集されたりしていますよね。

野田:実はROOMIEでも「アウトドアな家暮らし」という連載がありまして、読者アンケートでは常にトップなんです。その人気ぶりを見ても、アウトドア→インドアのスタイルは需要があるんだと感じます。

━━季節性はあるんでしょうか?

野田:いえ、一年を通して記事は読まれていますね。他メーカーさんも家使いできるアウトドアギアを作ってきていますし、まだまだこの流れは続くと思います。

 

インテリアで人気拡大中の「塊根植物」

↑パキポディウムに代表される塊根植物。
写真のパキポディウムに代表される、塊根植物。

野田:それからインテリアといえば、切っても切り離せないのが植物。個人的にも、数年前から今に至るまでキテるのが「塊根植物」なんです。マダガスカルなんかに自生しているんですが、僕は自宅で20種類くらい育てています。

━━すごい数ですね!

野田:日本とマダガスカルでは気候が違うので、育て方が少し難しいところはあります。でも、すごい浸透度で広まっていますね。人気があるのは、「パキポディウム」という丸いフォルムの種類で、芋とか呼ばれてる(笑)。

━━金額的にはおいくらくらいなんですか?

野田:一概には言えませんが、今はひとつ2〜3万円くらいが相場でしょうか……。

━━え! 結構、高いじゃないですか……。

野田:以前はこんなに高くなかったんですけどね…。ファッション界隈の人たちが、こぞって注目しているので、有名なセレクトショップがアパレルブランドとコラボしていたりします。Instagramに写真をアップすると、いろいろな人から反応がありますね。

 

ここまで、野田さんにはインテリアや部屋作りに関するトレンドについて話をうかがいましたが、次ページでは、本当に自分にとって“最高の部屋”とはどういったものなのか、具体例を挙げながら解説していただきます。