LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

訪問時にもう悩まない気が利く手土産レッスン

TAG

友だちや知り合いからさりげなく、でも心のこもった手土産をいただくと、とても幸せな気持ちになります。贈る側は、受け取った相手に笑顔になってもらえるよう、どういった手土産を持参しようかと考えますよね。では、あなたが手土産を持って行こうとするなら、どんな基準で選びますか?

見栄えが第一? それとも予算ありき? 知名度や話題性を重視?

普段、“贈る”ことに慣れていない人は、上のような選択肢に陥りがちです。手土産の選び方で失敗したくないはず。では印象に残る手土産、そして気が利く渡し方を知っておきましょう。今回は、ギフトコンシェルジュの裏地桂子さんに「失敗しない手土産の選び方と渡し方」を教えていただきました。

 

喜ばれる差し入れ手土産は、
手間を掛けさせない配慮がポイント

手土産は持っていく相手や場所などによって向き、不向きがあります。会社や取引先への差し入れ手土産は、もともと小分けしてあるものが喜ばれます。

大人数だからといってホール・ケーキなどを持っていっても、切り分けたり、お皿を用意させたりと、相手方に手間をおかけするのは心苦しいといえるでしょう。

スイーツで私のお気に入り定番は、東京・赤坂にある西洋菓子しろたえ赤坂の「シュークリーム」です。万人うけするカスタードクリームのやさしい甘味が秀逸です。ひとつひとつが小ぶりで薄い紙に乗せられていてお皿の代わりにもなります。

ちょっとしたときにつまめる乾き物で気に入っているのは、日本橋三越本店内にあるビーンズナッツの「ムニュ・オーム」という美味しいナッツです。いろいろな種類のナッツが、ひと口サイズで小分けしてあります。わざわざ取り分けしなくてもよく、残業中に口寂しくなったときになど、いつでも食べられます。

Lesson 1. 職場を訪問するなら

手をわずらわせない個包装で気が利く
ビーンズナッツの「ムニュ・オーム」

個包装されたナッツを使ったスイーツは、個別に配るにも、1カ所に置いて取っていってもらうにも、仕事中の手をわずらわせないので会社訪問の際の手土産に最適。ナッツの味付けもパルメザン、柚子こしょう、ポルチーニ、トリュフ仕立てなどモダンなので、社内コミュニケーションも盛り上がりそう。 「ムニュ・オーム48 」3240円(48袋入り) 購入先:日本橋三越店、ショールーム、オンラインショップ(取り寄せ可) http://beans-nuts.com/
個包装されたナッツを使ったスイーツは、個別に配るにも、1カ所に置いて取っていってもらうにも、仕事中の手をわずらわせないので会社訪問の際の手土産に最適。ナッツの味付けもパルメザン、柚子こしょう、ポルチーニ、トリュフ仕立てなどモダンなので、社内コミュニケーションも盛り上がりそう。
「ムニュ・オーム48 」3240円(48袋入り)/日本橋三越店、ショールーム、オンラインショップ(取り寄せ可)
http://beans-nuts.com/

 

友だちや趣味仲間とのホームパーティーに
初めて行くときには、まずシャンパンで

近年、ホームパーティーが人気です。会社のお友だちや、カルチャーセンターで知り合った人などとより仲良くなったり知り合いを増やす機会が、ホームパーティーだったりします。

場馴れしていない場合、手土産を選ぶとき「甘いスイーツかな? デリカテッセン?」「他の人と重複しない?」「いくつくらい買っていけばいいの?」と、余計に悩んでしまったりしませんか?

ホームパーティーの手土産で、悩んだとき、初めて行くときは、まず「シャンパン」を持っていくのがいちばん。お酒は何本あっても困らないし、ワインはこだわりのある方も多いので、有名ブランドのシャンパンをオススメします。シャンパンは意外と万人受けします。みんながご存知のブランドだと、さらに華やかさを醸し出してくれるでしょう。男性、女性、目上のかたにもご存知の、皆さんが知っているブランドのシャンパンを“あえて”選ぶことです。

もしホームパーティーでスイーツ担当になった場合、オススメしたいのが南青山の骨董通り近くにあるアン グランの「ミニャルディーズ」。ミニャルディーズとは、小さくて上品なひとつまみサイズのお菓子です。女性が集うホームパーティーでのスイーツは、気分を盛り上げてくれるマストアイテム。小ぶりでひと口サイズのスイーツなら、いろいろな味を楽しみたくなります。ひとり当たり2~3個行き渡る見当の手土産で伺えばインパクトもありますよ。

Lesson2.気心知れた女性同士なら

小さなケーキをたくさん詰めて、驚きを演出
アン グランの「ミニャルディーズ」

南青山の骨董通りから少し入ったところにあるスイーツ店「アン グラン」。こちらは「ミニャルディーズ」と呼ばれる一つまみサイズのスイーツ専門店。お店のショーケースには生菓子、半生菓子、焼き菓子が宝石のように美しくディスプレイされています。持ち帰りは基本的に、全ての種類を自由に組み合せ可能。いろいろな種類を詰めて手土産にすれば、見た目も味も楽しいので歓声が上がりそう。 「トゥ タン ショコラ」 470円(1個)ほか ギフト用6個箱、12個箱あり 購入先:アン グラン http://www.ungrain.tokyo/
南青山の骨董通りから少し入ったところにあるスイーツ店「アン グラン」。こちらは「ミニャルディーズ」と呼ばれる一つまみサイズのスイーツ専門店。お店のショーケースには生菓子、半生菓子、焼き菓子が宝石のように美しくディスプレイされています。持ち帰りは基本的に、全ての種類を自由に組み合せ可能。いろいろな種類を詰めて手土産にすれば、見た目も味も楽しいので歓声が上がりそう。
「トゥ タン ショコラ」 470円(1個)ほか ギフト用6個箱、12個箱あり/アン グラン
http://www.ungrain.tokyo/

 

世代やシーンに合わせて選ぶ
手土産で印象がガラリとかわります

接待時やお世話になっている目上の人には私の場合は、ちょっと普段手に入りにくいプレミア感のあるものを差し上げます。とはいえ、ビックリするような値の張るものというわけではありません。お渡しする時期にふさわしいもの、話題性のある出来事で登場したものなど、会話の糸口になりそうなものを差し上げるようにしています。ちょっとした心遣いひとつで目上の方の気持ちを解きほぐすきっかけになったりします。

安倍首相がトランプ大統領の訪日時におもてなしした高級鉄板焼き店は、ニュースなどでも話題となりました。そのグループ、アトリエうかいが販売している「フールセック」(クッキー詰め合わせ)は、とっても旬な手土産です。

そのほかに、南青山の骨董通りにあるジェンディの「プレミアム ビター キャラメルバー」は、1日30個限定というレアな手土産品。私はとても好きで、個人的にも贈り用にも使いますが、手に入れるのが本当にひと苦労します。

Lesson 3. 接待する際の手土産なら

希少性ものでおもてなし
アトリエうかいの「フールセック・大缶」

鉄板料理店「うかい亭」でコース料理の食後に提供されていたプティフール(小菓子)を、「持ち帰りたい」との要望で商品化された人気の手土産。フールセック・大缶は見た目も味わいも個性あふれる15種類がぎっしりと詰まって、クラシカルなパッケージデザインとマッチして接待の手土産にぴったりです。 4500円(15種詰め合わせ) 購入先:アトリエうかい [たまプラーザ、エキュート品川、京王調布]、オンラインショップ(取り寄せ可) http://www.ukai.co.jp/atelier/
鉄板料理店「うかい亭」でコース料理の食後に提供されていたプティフール(小菓子)を、「持ち帰りたい」との要望で商品化された人気の手土産。フールセック・大缶は見た目も味わいも個性あふれる15種類がぎっしりと詰まって、クラシカルなパッケージデザインとマッチして接待の手土産にぴったりです。
4500円(15種詰め合わせ)/アトリエうかい [たまプラーザ、エキュート品川、京王調布]、オンラインショップ(取り寄せ可)
http://www.ukai.co.jp/atelier/
※好評で品薄状態が続いており、日々商品の入荷はありますが、生産数に限りがありグループ店舗、オンラインショップ含め、午前中に完売する店舗も。

では、ちょっとしたお礼にはどういったものを渡せばいい? それは次のページでお教えしましょう。