LIVING リビングと暮らし

シェア

衣替えシーズンに必読!現役スタイリストが教える
着ない洋服を上手に断捨離する方法

TAG

【かう】
買い物前にクローゼットの総点検を

「処分」と「整理整頓」で、河井さんならではの服を整理するワザをたくさん教えていただいたので、もうクローゼットに余裕が出てきたような気分。これで思う存分「ショッピング」を楽しめそう。でもその前に……。

「買い物にもコツがあって、何か新しい洋服を買う前には、クローゼットの総点検をオススメします。ひとは好みが偏ってしまうものなので、他人から見たら同じようなものばかり買ってしまうという方は多いはず。自分でも忘れていて、買い物から帰って来てクローゼットを開けたら『これって……』と同じようなものを持っていたというケースはよくあること。そのような後悔をしないように、買い物に行く前にクローゼットの中身を総点検して、自分の服とどんなコーディネートができるかが頭にないと、せっかくの買い物が無駄になってしまいます。また総点検のときは、クローゼットのキャパシティも確認しましょう。服がいっぱいにあふれていたら、新しい服を買うときに罪悪感をもってしまうかもしれません。新しい服を買うための余裕として、普段からクローゼットの中を整理して、少し余白を開けておくことをおすすめします」

気がつくとアイテムが増えてしまいがちな人気のストールは、ピクチャーレールにリングをかけそこにたくさん吊るして見せる収納に
気がつくとアイテムが増えてしまいがちな人気のストールは、ピクチャーレールにリングをかけそこにたくさん吊るして見せる収納に

なるほど、気持ちよく新しい洋服を買い足すために、クローゼットの整理が必要というアドバイスは、目からウロコでした。

「自分のクローゼットの中がいま着たいものが並んでいたら気分がいいはず。スッキリしたクローゼットをキープにしておけば、身支度もスピーディにできて精神的にハッピー。だから私は『心の中とクローゼットの中は同じ』と思っているんです。私はスタイリストの仕事を通じて、いつも服と向き合っています。自分を美しく表現するには、整ったクローゼットが必要だと考えています。何を残して何を処分するかにきちんと向き合う。収納上手な人は心の整理整頓もできる人です。毎日をストレスなく暮らしたいなら今日からクローゼットの整理整頓を心がけてください」

収納上手な人は心の整理整頓もできる人。服の断捨離という悩ましいテーマを、河井さんは素敵な言葉でまとめてくださいました。

 

ph01+

『服を整理すれば、部屋の8割は片付く スタイリストが教える、美しいクローゼットの作り方』
河井真奈/立東舎

 

Profile

unnamed

スタイリスト / 河井真奈

スタイリスト。青山学院女子短期大学卒業後、映画会社でOLを経験する。学生時代に専攻したファッションへの思いが強く雑誌の世界へ。数多くの女性誌においてファッション、ジュエリー、連載などで活躍するほか、女優にも信頼が厚く、CM、ドラマにも携わる。結婚、出産、子育てなど女性としての経験を活かしたライフスタイル提案で、トークショーや商品開発、アドバイザーとしても活躍中。著書に『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋刊)。また、ふと、思う人へ。ギフトの贈り方が見つかるwebサイトfutoをプロデュースし運営中。代官山春花祭2017ではポップアップショップを出展。さらに1年に2回、ファッション業界の仲間と震災復興支援を目的としたフリーマーケットを主催し社会貢献活動にも取り組んでいる。

http://futo.jp/

 

構成・文=プロデュース・オン・デマンド 撮影=工藤ケイイチ(ブリッジ)、根田拓也