FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

“常識外”が続々登場!家飲みをもっと楽しくする、
「ビール」のトレンドキーワード 11

TAG

今シーズンは、家飲みを充実させるビール関連の新商品やサービスがさまざま登場。いよいよ“ビールは家で飲むもの”、そんなおうちビールの新時代が到来したと言っても過言ではありません。編集部が、11のトピックで最新のビールトレンドを解説します。

 

01.【生ジョッキ缶】

20210424_atLiving_beertrends_001-1

日本一売れているビール「アサヒスーパードライ」の新商品は、“家飲み革命”といって間違いない商品。まるで店の生ジョッキのように飲める缶ビールで、自然発泡した泡がきめ細かくクリーミーで驚きます。缶の口が広いので、口に流れ込む量が増えゴクゴク飲めるし、香りもしっかり楽しめる。日本初ということもあり、発売後数日で品薄状態。目下6月の再供給にむけて、急ピッチで製造が進められています。

「そもそも缶ビールは、開けたときに吹きこぼれないように、あえて泡が出ないように作られています。つまり、“泡立つ缶”を作るというのは、いままでの常識を覆すということ。結果、約4年と時間はかかりましたが、ビールの楽しさを体験できる商品に仕上がりました!」(アサヒビール マーケティング本部ビールマーケティング部・中島 健さん)

 

口が全開してモコモコ泡が立つ、生ジョッキのような缶ビール
20210424_atLiving_beertrends_001-3
アサヒビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」
実売価格219円
アルコール度数=5.0%
口が全開する缶と、開けた瞬間に自然発生する泡で、生ジョッキ気分を楽しめる。泡の秘密は、缶の内側に特別な塗料で焼き付けられた凹凸。中身は通常の「アサヒスーパードライ」と同じで、安定感のあるおいしさです。

缶の口とフタは、日本独自技術によるダブルセーフティー構造のため、手や口を切る心配はありません。
缶の口とフタは、日本独自技術によるダブルセーフティー構造のため、手や口を切る心配はありません。

 

02.【微アルコール】

20210424_atLiving_beertrends_002-1

アサヒビールが、度数0.5%の「アサヒビアリー」を新発売。低アルコールの酒より度数が低く、とはいえノンアルではない、微量なアルコールを含んだ新カテゴリーです。

ビールのおいしさをキープしたままアルコール分だけカット! ベースがれっきとしたビールだからか、0.5%のアルコールが効いているからなのか、麦汁の甘味が印象的。ノンアルとは一線を画す飲み応えです。泡立ちもパワフルで、爽快感やのど越しも十分。ゴクゴク飲める、ライトでやさしいビールという新境地を築いています。他社からも商品が出れば、より面白くなるでしょう。

アサヒビール「アサヒビアリー」
実売価格195円
アルコール度数=0.5%
香り豊かでコク深いビールを醸造したあと、時間をかけてアルコール分だけをカット。ビール本来の発酵による複雑な香りや、本格的な麦のうま味をキープした、アルコール0.5%の“微ール”です。

 

カラダにやさしいノンアルビールもいろいろ

尿酸値を下げるアンセリン入り
20210424_atLiving_beertrends_002-2
サッポロビール「サッポロ うまみ搾り」
実売価格145円
アルコール度数=0.00%
尿酸値を下げる「アンセリン」を配合。「アンセリン」はうま味成分にも関与し、おいしさを引き上げています。

お腹周りの脂肪を減らす、ホップ由来苦味酸入り
20210424_atLiving_beertrends_002-3
キリンビール「キリン カラダFREE」
実売価格157円
アルコール度数=0.00%
お腹まわりの脂肪を減らす、熟成ホップ由来苦味酸を使用。爽快な味わいが特徴です。カロリー、糖類もゼロ。

 

03.【糖質ゼロ】

20210424_atLiving_beertrends_003-1

糖質ゼロビールは、2020年秋発売の「キリン一番搾り 糖質ゼロ」の一強でした。しかし今春、待ったをかけるライバル「パーフェクトサントリービール」が登場! 一騎打ちの行方は!?

商品開発の難易度が高い糖質ゼロビール市場にサントリービールが加わり、選択肢が増えたのがうれしいところ。爽やかな口当たりのビールが好きなら『キリン一番搾り 糖質ゼロ』、コクのあるビールが好きなら『パーフェクトサントリービール』がおすすめ。気分や合わせる料理によって飲み分けてはいかがでしょうか?

 

直球のおいしさと糖質ゼロを、完璧に両立

サントリービール「パーフェクト サントリービール」
実売価格217円
アルコール度数=5.5%
「ザ・プレミアム・モルツ」の醸造技術とノウハウを活用。麦芽のうま味と飲み応えを最大限に引き出しながら、糖質の元となるでんぷんを手間暇かけて分解しています。糖質ゼロながらも、力強い飲み応えを実現しました。

 

一番搾りの製法に新技術を投入した、初の糖質ゼロ缶ビール

キリンビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」
実売価格228円
アルコール度数=4.0%
昨年10月に発売した日本初の糖質ゼロ缶ビール。「一番搾り製法」に、新技術の「新・糖質カット製法」を組み合わせています。一番搾り麦汁ならではの、雑味がなく澄んだ麦芽のうまみが魅力です。

 

さらにおいしくなった! 糖質ゼロの発泡酒&新ジャンル

20210424_atLiving_beertrends_003-2
アサヒビール「アサヒスタイルフリー<生>」
実売価格168円
アルコール度数=4.0%
2007年にビール類初の糖質ゼロとして誕生。この春、仕込み工程の煮沸時間を以前より短くすることで麦の香りを高め、飲み応えを向上させました。

20210424_atLiving_beertrends_003-4
キリンビール「キリン のどごし ZERO」
実売価格149円
アルコール度数=4.0%
独自の「ホップアロマ製法」のホップの配合比率を変更して飲み応えをアップ。仕込み工程も最適化し、ゴクゴク飲めるように、後キレを高めています。

 

4つめのトピックは、ウォーターサーバーのように、機器を貸し出して中身を直送便で届けるビールサービス。