FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

味の進化と多様化に驚き!有名スーパーで買える、
絶品レトルトカレー12種を食べ比べ

TAG

カルディ

エスニックも得意な食料品店の個性あふれるインドカレー

名物のコーヒーのほかに国内外の食品を豊富に扱い、エスニカンフードや個性的なオリジナルブランドも人気が高い「カルディ コーヒーファーム」。PBのひとつである「カルディオリジナル」のレトルトシリーズから、2種類のインドカレーを紹介します。

「パラックパニール」税込345円
20181023_curry_021
ヒンディー語で「パラック」はほうれん草、「パニール」はカッテージチーズ。その名の通り、たっぷりのほうれん草を使い、うまみを生かした北インドの代表的なカレーです。あっさりとしたカッテージチーズは好アクセントで、動物性のブイヨンは一切使わずにスパイスと野菜のうまみだけで作っているのもポイント。

20181023_curry_022
【評価】
ソースのなかにほうれん草がたっぷり溶けていて、豊かなテクスチャーを生み出しています。そのため、甘味や辛味は控えめながらもコクは十分。チーズはマイルドさやクリーミーさではなく塩味に起因しており、ムニっとした硬めの豆腐のような食感がおいしいです。
甘さ ★☆☆☆☆☆☆
辛さ ★★☆☆☆☆☆
コク ★★★★★★☆

 

「ケララチキン」税込324円
20181023_curry_023
マスタードシードとココナッツミルクを使用した、南インド・ケララ地方の代表的なチキンカレーをレトルトで。口当たりはさっぱりしながらも、スパイスが醸し出す香りとうまみを充分に感じられる仕上がりです。

20181023_curry_024
【評価】
北インドカレーのうまみがトマトなら、こちらはココナッツミルク。北インドほど乳化はしておらず、大量のあめ色玉ねぎを使うことで自然なとろみを出しています。また、マスタードシードのブライトなスパイシー感が心地よく、独特の塩味を創出。甘さも辛さもソフトなうえに酸味もおだやかで、独特ながらなじみやすい味わい。タイ系カレーのココナッツ感とは違いますが、南国系カレーが好きな人には特にオススメです。
甘さ ★★☆☆☆☆☆
辛さ ★★★☆☆☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

今回は代表的な有名スーパーを中心に紹介しましたが、オリジナルのレトルトカレーを扱っているスーパーはほかにもたくさん。本場そのままの味に近づけたり、日本の食材を使ったりと、お店の特色を生かしていることが多いので、比べてみると楽しいはず。

毎日食べても飽きないほど多彩なカレー。日々のアクセントにも、ぜひ華麗なるレトルトライフを!

Profile

20180809_beer_prof

フードアナリスト / 中山秀明

フードアナリスト・ライター。なかでもビールに関する執筆が多く、大手メーカー、マイクロブリュワリー、ブリューパブ、クラフトビアレストランなど、小売り、外食問わず全国各地へ取材に赴いている。

 

撮影=我妻慶一