ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

“ビニ傘”はもう使い捨てにしない!デザイン傘からロイヤル御用達まで、
自慢したくなるビニール傘

TAG

突然降ってきた雨をしのぐために、コンビニや駅前のショップでビニール傘を購入した経験は、誰にでもあることでしょう。しかし、ビニール傘は安価で手頃な反面、壊れやすいためゴミになるまでのサイクルが早く、ビニールと金属が混在しているという構造上、リサイクルが難しいという問題を抱えています。

とは言え、軽くてシンプル、どんなファッションでも違和感なく持てるデザイン性や年代を選ばないことから、傘は断然、ビニール傘派という人も少なくはないはず。また、透明のビニール傘であれば、傘越しに空を見上げると雨粒が見え、前後左右の視界も良好という利便性の高さがあります。そんなビニール傘の魅力を伝え、ビニール傘がもたらすゴミ問題に挑んでいるのが、人にも地球にもやさしい循環型傘メーカー・サエラの代表取締役・山本健さんです。

 

毎日10万本以上のビニール傘がゴミになっている

20200526_atliving_plasticumbrella_019

梅雨がある日本は、世界の中でも有数の傘消費国です。日本洋傘振興協議会によると、国内で消費される傘の量は年間で約1億3000万本。そのうち、ビニール傘は8000万本にものぼり、ビニール傘の消費量は世界一とも言われています。平均すると、毎日約20万本以上が販売され、少なくとも毎日10万本以上が、置き忘れられたり、捨てられたりしています。

ビニール傘には強力な粘着剤が使用されていることや、プラスチックに金属が混入しその分別に手間とコストがかかるため、リサイクルされずにゴミになるものばかり。焼却できないビニール素材が混在していることもあり、埋め立てるしかない状態が続いています。

「ビニール傘が売れるほど、リサイクルのできないゴミが増える……。傘という、本来は雨にぬれないように人を守る温かいプロダクトが、地球への凶器になっている現実に胸が痛みます。この流れを止めるには、使い捨て目的のビニール傘の存在を減らすことが必要ではないでしょうか。
でも、いくら理想を掲げても、現実の生活で多くの方がその選択をしなくては意味がありません。リーズナブルなビニール傘は便利である以上、売れ続けます。だからこそ、このビニール傘の改革が必要だと思いました。大切に使い続けたくなるようなビニール傘が、なるべく手頃な金額で買えるようにしたいという思いから、サエラでは100%リサイクル可能なオールプラスチック製のビニール傘の開発と商品づくりを進めてきました」(サエラ 代表取締役 山本健さん、以下同)

 

オールプラスチックでリサイクルできるエシカルなビニール傘

20200526_atliving_plasticumbrella_001

山本さんがビニール傘の改良に着手し、10年を費やして開発したのが、2017年から販売している「+TIC(プラスチック)」。人にも環境にもやさしく、雨の日が楽しくなるようにという思いを込めた「+」と、「プラスチック」を組み合わせたネーミングです。

すべてのパーツをプラスチックにすることで、使用後は分別不要でリサイクルができる上、錆びず、風速15メートルの強風に耐えられる丈夫さ。さらに、生地が破れてしまったら貼り替えられるように、張り替え生地を別売りで販売。手入れをしながら長く使い続けられる商品にしました。山本さんは、使い捨てが当然であったビニール傘に、大きな革命を起こしたと言えます。

20200526_atliving_plasticumbrella_002
サエラ「+TIC」シリーズ
本体3850円(税込)/ 張替生地990円(税込)
「シンプル、強い、リペアブル」をコンセプトに作られたオールプラスチック製。2018年にグッドデザイン賞を受賞。

張替生地が別売で用意されています。
張替生地が別売で用意されています。
握りやすいシンプルな持ち手で、閉じたときは1本のシンプルな棒状になるので、スリムな状態で収納できます。手首やフックにかけやすいストラップ付き。先端の突起をなくすことで安全面にも配慮されています。
握りやすいシンプルな持ち手で、閉じたときは1本のシンプルな棒状になるので、スリムな状態で収納できます。手首やフックにかけやすいストラップ付き。先端の突起をなくすことで安全面にも配慮されています。

 

コンビニで買える「+TIC LITE」誕生

すべてのパーツをプラスチックで作ったビニール傘は、世界でも例がありません。発売当初から「人にも環境にもやさしいビニール傘」として、注目を集めます。そして、100%リサイクル可能なオールプラスチック製のビニール傘「+TIC」を販売し始めて2年足らずで、今度はコンビニで商品展開のできる、エシカルなビニール傘を開発。

2019年3月からセブンイレブン先行販売でスタートした「+TIC LITE(プラスチックライト)」は、100%リサイクル可能なオールプラスチック製のビニール傘でありながら、1100円という価格を実現しています。

20200526_atliving_plasticumbrella_005
サエラ「+TIC LITE」
1100円(税込)

「『+TIC LITE』の発売決定は、社内はもちろん、エシカル業界にとってビッグなサプライズとなりました。現在、サエラの商品はオンラインショップ限定で販売しているので、どうしても限界があります。そのような中、コンビニというマス市場かつ実店舗で、100%リサイクル可能なビニール傘の販売をできることは、とても大きな前進です。
脱プラ時代にオールプラスチック製というのは、時代を逆行していると感じる方もいるかもしれません。しかし、消費者が買い求めやすく、かつ、環境に配慮したビニール傘を作るにはプラスチックの特性が必要です。だからこそ、プラスチックを大切に扱い、100%リサイクルができるように追求しました」

 

サエラの売れ筋商品 BEST5

サエラには、シンプルな形状の「+TIC(プラスチック)」 シリーズとカラフルで遊び心のある「Evereon(エバーイオン)」シリーズがあります。この2シリーズの中から、特に人気のある5種を紹介しましょう。

1. 洗練された細かなボーダー柄が年代問わず人気
20200526_atliving_plasticumbrella_006
サエラ「+TIC COLOR LINE」
3850円(税込)
もっともノーマルでシンプルなタイプ。色はホワイト、パープル、ブルー、レッド、グリーンの5色展開で、生地部分はカラーのベタ塗りではなく、細かいボーダーの密集で表現しています。透明感のあるやさしい色味なので、年齢や性別を問わず、使いやすいはず。

 

2.傘骨までカラフル! 開いても閉じても目を引くレインボー傘
20200526_atliving_plasticumbrella_007
サエラ「Evereon 60cm カラフル701」
2090円(税込)
傘のビニール生地だけではなく、骨組みまでレインボーカラー。持ち手はユニークな形で、握りやすくまた、立てかけやすくなっています。傘を開けば、視界はうっすら虹色に。傘越しに見る雨粒の美しさに、テンションが上がります。

 

3.イエローとパープルの大人かわいいデザイン
20200526_atliving_plasticumbrella_008
サエラ「+TIC TARTAN CHECK」
3850円(税込)
やわらかいトーンのイエローと透明感のあるパープルの配色がやさしい印象に。控えめなのに、惹きつけられるおしゃれなルックスが目を引きます。

 

4.パリの街がグッと身近に雨のおでかけを盛り上げる
20200526_atliving_plasticumbrella_009
サエラ「Evereon 60cm アンブレラマップ パリ」
2640円(税込)
エッフェル塔、凱旋門、モンマルトル……、パリのランドマークはもちろん、街並み全体を見渡すことができます。空想旅に酔いしれても、ビニール傘なので視界は良好!

 

5.キャッチーだけど派手すぎない、クリアな素材が絶妙のバランス
20200526_atliving_plasticumbrella_010
サエラ「Evereon 60cm GIRLS」
2090円(税込)
モノトーンで描かれたおしゃれな女性に釘付け。傘骨がカラフルなレインボーカラーで気分が上がり、雨のおでかけテンションを上げてくれます。

 

サエラのビニール傘は、前述のように別売りの張替生地を購入すれば、自分で修理ができます。破れてしまったから同じものに張り替えるという選択以外にも、違うデザインの生地に張り替えるカスタマイズもおすすめです。

 

次のページでは、世界のロイヤルも愛用し最近注目されている、高級ビニール傘のラインナップを見ていきましょう。