ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

左右もワイヤレスという解放感!最新「完全ワイヤレスイヤホン」の実力チェック

TAG

iPhoneからイヤホンジャックがなくなり、「Air Pods」が登場し……ヘッドホン・イヤホンのトレンドは、今やBluetooth接続は当たり前。最近話題なのは、左右のユニットが独立した耳栓型の「完全ワイヤレスイヤホン」です。国内外の大手オーディオメーカーから続々と新製品が登場している中、注目のモデルを、音質と使い勝手についての5項目で徹底比較しました。

 

オーディオメーカーの参入で音質が向上した

オーディオメーカーが続々と市場に参入し、完全ワイヤレスイヤホンの音質が向上しています。なかでも、テクニカルライターの湯浅顕人さんが絶賛するのが、ボーズの「SoundSport Free」。「重厚感のある低音が迫力を持って鳴る一方で、中高音もひとつひとつの音がしっかりと聴こえます。音の輪郭もクッキリしており、ボーカルの息遣いや演奏の細かな音も感じられました」(湯浅さん)。

一方、使い勝手ではソニーの「WF-1000X」が頭ひとつぶんリード。「独自開発された細長い形状のシリコン製イヤピースは、耳孔を内側から圧迫される感覚がありません。ノイキャン機能も秀逸で、音楽に没入できます」(湯浅さん)。

ではいよいよ、いま買える最新の注目モデルを「音質」「装着感」「携帯性」「操作性」「充電のしやすさ」の5項目でチェックしてみましょう。

 

イコライザーによりバランスの取れたサウンドに!

bose_02

ボーズ
SoundSport Free wireless headphones
実売価格2万9160

音量に合わせてバランスの取れたサウンドに最適化するイコライザーを搭載。オープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用することで、内部への水の浸入を防ぎ、汗や雨を気にせず使えます。ミッドナイトブルー(写真)とブラックの2色展開。

bose_04

右イヤホンに操作ボタンを搭載。再生・停止や電話の応答、音声アシスタントの起動などが可能です。

 

イヤホンを耳軟骨で支える設計の「StayHear+ Sport」チップを採用。軽量かつ外れにくい独自の構造です。

 

bose_03

ケースのフル充電で本体を2回分充電でき、本体と合計で15時間再生。急速充電にも対応しています。

結論

音質は言うことなしだが、操作性と装着性がネック
bose_05

「スポーツ時のリスニング専用として使うにはもったいないくらいの高音質。ユニットが耳からはみ出すため操作時にグラつく点と、イヤチップやイヤピースが固めで耳が痛くなりやすい点が気になりました」(湯浅さん)

 

 

ノイキャン時も周囲の音を取り込めて安全面に配慮

ソニー
WF-1000X
実売価格2万6510

ノイキャンに加えて、周囲の音を確認できる「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。アプリを使えば、ユーザーの動きに合わせて自動でモードを切り替える「アダプティブサウンドコントロール」も利用できます。

sony01

シャンパンゴールド(写真)とブラックの2色展開。イヤーピースには、装着感の良いシリコン素材を採用しています。

 

sony04

左右それぞれのイヤホンに操作ボタンを備えています。ノイキャン/外音取り込みなどを切り替え可能。

 

sony03

充電ケースにNFCが搭載されています。対応するスマホならワンタッチでBluetooth接続が可能。

結論

クリアな音質で、ノイキャン時の音も及第点
SONY_05

「全体的にクリアでスッキリした音。ノイキャンを使うと少しだけ解像感が落ちますが、騒音の中で聴くよりは断然良いですね。操作性も高く、シリコン製のイヤピースは装着感が快適でした」(湯浅さん)

 

ボーズ、ソニーに続いて、次のページではJBLなどをチェック!