CULTURE 本・映画・音楽

シェア

2020年に向けて暗記しよう!「おもてなし英会話」で伝える、日本の魅力

TAG

6. 美しさを伝えたい、桜とお花見

日本を象徴する桜の花の美しさ目当てに、この季節に訪日を計画する人も多いものです。お花見については、桜の美しさやお花見の意味、名所、お花見の仕方など、さまざまな角度から説明できる事柄があります。

Japanese people love cherry blossom for mainly two reasons.
Cherry Blossom-Viewing is one of the important seasonal events in Japan.
One reason is that they are considered to be a symbol of the beginning a new life.
The other is that cherry blossom in full bloom last only several days, so they are attracted by their transient beauty.
I love the gorgeous cherry blossoms in Chidorigafuchi.
When you come to Tokyo on spring, let me take you to Chidorigafuchi.

お花見は日本の最も重要な季節の行事のひとつです。
日本人は主に2つの理由から桜を愛します。
第一に、桜は新生活のスタートの象徴だと考えられています。
第二に、満開の桜はほんの数日で散ってしまうので、日本人はその儚さに魅了されるからです。
私は千鳥ヶ淵の見事な桜が大好きです。
春に東京にいらっしゃる際には、千鳥ヶ淵にお連れしますね

 

おもてなし英会話フレーズ】

Let me
Let me help you. お手伝いしますよ。
Let me show you the way. ご案内しましょう。
Let me take you to the station. 駅までお連れしましょう。

「Let me〜は、自分から何かを申し出るときによく使われます。謙虚でありながらも、積極的にこちらの気持ちを伝えることができます。相手にとっても気持ちのよい、おもてなし英語の代表フレーズです」(横手さん)

 

7. 富士山について説明する

日本について説明する上で欠かせないのが富士山です。2013年に世界遺産に登録され、ますます観光客が増えている人気のスポットでもあります。

Mt.Fuji, the highest mountain in Japan, is 3,776 meters high.
It is regarded as a symbol of Japan and was designated as a World Heritage Site in 2013.
It is so beautiful and you can visit five famous lakes in that area.
Have you thought about climbing Mt. Fuji to the top

富士山は日本で最も高い山で、3,776メートルの高さがあります。
日本の象徴で、2013年に世界遺産に登録されたんです。
富士山はとても美しくて、付近には5つの有名な湖があるんですよ。
富士山の頂上まで登るなんて考えたことありますか?

 

おもてなし英会話フレーズ】

Have you thought about 〜ing
〜してみませんか?

「You should〜とも言い換えられますが、こちらの方が婉曲的でやわらかな表現になります。Have you thought about trying natto? 《納豆を食べてみませんか?》などと使ってみましょう」(横手さん)

 

8. 神社とお寺の違いをレクチャーする

神社とお寺の違いを英語で細かに説明するのは難しいので、どんなときに行く場所なのかを話してみましょう。お宮参りや結婚式、お盆など日本特有の文化があり、外国人観光客には人気のあるスポットです。

The god of the Shinto shrine is worshiped in a shrine, whereas the Buddha is worshiped in a temple.
In general, people go to Shinto shrines or temples to pray for good health and happiness.
Also, we visit Shinto shrines to celebrate some important stages of beginning in life such as birth, marriage and Coming-of-Age Day.
On the other hand, we visit temples to have funerals or Bon festivals to welcome our ancestor’s spirits.
I do recommend you visit some of the shrines or temples while you’re in Japan.

神社では神社の神様を拝むのに対し、お寺では仏様を拝みます。
一般的に、私たちは健康と幸せを祈るために、神社かお寺に行きます。
また、お宮参りや結婚式、成人式のような人生における重要な始まりのステージを祝うときには、神社に行きます。
一方、お寺には、お葬式やご先祖様の魂をお迎えするお盆のときに行きます。
日本滞在中にぜひ神社かお寺をいくつか訪れてみてください。

 

おもてなし英語】

I do recommend you visit (場所) while you’re in Japan.
日本滞在中にぜひ(場所)を訪れてみてください。

「わたしたちが旅行をするときと同じように、現地の人が勧める場所やお店の情報は、旅行者にもとても貴重なものです。日頃から、外国人が行って楽しめる場所をピックアップしておくといいですね」(横手さん)

 

9. おすすめの観光地案内

観光案内では、その人の趣味嗜好によっておすすめするものが違いますが、鎌倉や箱根など、東京からアクセスがよく、和の心を感じられる場所を紹介してみましょう。

Have you decided where you want to go?
If you don’t mind going a bit further out from Tokyo, there’s a huge bronze Buddha in Kamakura.
Hakone is also nice if you like hot springs and greenery.
Hot springs contain many kinds of minerals which help you relax and heal your body.
Don’t forget to wash your body before you get into the hot springs.

どこに行きたいか決まりましたか?
東京からちょっと遠出しても構わないなら、鎌倉に巨大な青銅製の仏像がありますよ。
温泉や緑が好きだったら、箱根もいいでしょう。
温泉には、リラックス効果と体を癒してくれる様々な種類のミネラルが含まれています。
温泉に入る前に必ず体を洗うようにしてくださいね。

 

おもてなし英会話フレーズ】

If you don’t mind 〜ing
〜しても差し支えないなら

「“〜で差し支えないなら”という表現は、あなたが嫌でなければ、あなたが心地よいなら、という配慮の心が伝えられる言葉です。《もう少し歩いても差し支えないなら》や《時間が遅くても差し支えないなら》など、さまざまなところで使うことができます」(横手さん)

 

10. どうしてもわからないときに使える英会話文

何かを尋ねられたとき、英語で何を言っているのかわからない場合に、言える一言を覚えておきましょう。単純に、「英語が理解できません、ごめんなさい」ではなく、おもてなしにつながるような言い方が好ましいとされます。

Excuse me, but I don’t understand what 〜 means.
Could you write it down here
Thank you. Let me check with my smartphone.

すみませんが、〜という言葉の意味がわかりません。
こちらに書いていただけますか?
ありがとうございます。スマホで調べてみますね。

 

おもてなし英会話フレーズ】

I’m afraid I’m not good at English.
Let me show you to the tourist information office.
あいにく英語が苦手なので、観光案内所までお連れしますね。

「お互いに外国人同士であるという認識があり、言葉が伝わらないことは前提の上でコミュニケーションしようとしているのだ、と思うと、単語が出てこなかったりわからなかったりしても、何とかなるものです。その場で一緒に調べたり、他の人に声をかけたりすることも、おもてなしのひとつでしょう」

 

意外と知られていない、注意したい言い回し

中学や高校で習う英語では正しかった表現でも、いざ実用するとなると、ニュアンスに違いがあるものです。間違えやすいポイントをおさらいしておきましょう。

 

1.「能力がありますか?」と聞こえてしまう「Can you〜?」は避ける

英語の教科書ではよく登場する「Can you 〜?」という言い方は、実はとても失礼になる場合があります。たとえば、「Can you understand what I said?」というセンテンスは、「私の言うことがおわかりですか?」「ご理解いただけましたか?」という意味ではなく、「私の言うことを理解できる能力はありますか」という大変失礼な言い方に聞こえてしまうのです。その場合には、Does that make sense? や Am I making sense?《ご理解いただけましたか?》と言いましょう。

同じように「日本語を話せますか?」を「Can you speak Japanese?」と言うと「あなたには日本語を話す能力はありますか?」という失礼な印象を与えてしまいます。「Do you speak Japanese?」と言い換えましょう。「お刺身を食べられますか?」も 「Can you eat raw fish?」ではなく、「Do you like raw fish?」とした方が礼儀正しい印象を与えることができます。

 

2.「Please」は命令や指示を伝える言葉になりがち

学校英語では、「Please」をつければ丁寧な表現になる、と教わった方が多いでしょう。しかし実際には、「please」は命令や指示をするようなニュアンスが強くなるため、おもてなし英語にはふさわしくありません。「Please pay.」と言っていた店員さんを見かけたことがありますが、これでは《支払いなさい》と聞こえてしまいます。このような時には、「How would you like to pay?」《お支払いはどのようになさいますか?》や、「Would you like to pay by cash or charge?」《現金とカード払いのどちらがよろしいでしょうか?》などの、礼儀正しい表現を使うようにしましょう。

また、《お座りください》のつもりで「Please sit down.」と言うと、親が子どもに、あるいは先生が生徒に「座りなさい」と命令しているような感じに受け取られてしまいます。「Please have a seat.」や、「Please take a seat.」などと言うようにしましょう。

 

 

「おもてなし英会話」で人生が豊かに!

おもてなし英会話は、接客やビジネスシーンなど、仕事の場面で必要なだけでなく、日常シーンにおいてのコミュニケーションにも役立ちます。

「これからますます訪日外国人の数は増えていきますから、日本企業でも英語の社内公用語化などが進むなど、国内でも英語を使うことが普通になっていきます。おもてなし英会話が使えるようになることで、外国人の友達も増え、お互いのことをより深く理解し合えるようになれば、自らの世界観が広がり、それだけ人生が豊かになります。お互いの文化や個性に興味を持ち、知ろうとする姿勢を忘れないようにしてください」(横手さん)

 

簡単な表現でも、いくつかのキーワードを覚えておけば使い回しができ、伝えられる事柄は増えていきます。訪日外国人から話しかけられたときは、英語がわからない、という先入観を捨てて、わかる単語だけでも拾いながら聞いていると、なんとなく伝わってくることもあります。エレベーターに乗り合わせたら「After you.」《お先にどうぞ》、ぶつかってしまったときなどには、「Excuse me.」《すみません》などと、積極的に声をかけてマナーのある対応をしたいものですね。

 

Profile

接客英会話・マナー講師 / 横手尚子

元JAL国際線CAで、武蔵野学院大学客員准教授、駿台グループ専門学校講師を務める。EnglishCentralおもてなし英語アドバイザーや、学びエイド英語鉄人講師、英語発音指導士®としても活躍。著作に『世界に通じるマナーとコミュニケーション〜つながる心、英語は翼(岩波書店)』『ネイリストのためのマナーと接客英会話(IBC) 』などがある。
Facebook  https://www.facebook.com/shoko.yokote
https://zipangu-management.co.jp/culture_000/yokote/

 

取材・文=吉川愛歩 構成=Neem Tree