CULTURE 本・映画・音楽

シェア

ストーリーのある服を選ぶ。ヴィンテージアイテムでつくる、
モデル・柴田紗希のおしゃれの秘密

TAG

モデルの活動を中心に数々のブランドコラボも手掛け、20代の女性から圧倒的な支持を集める柴田紗希さん。ファッションだけでなく、日々の暮らしや人とのつながりを大切にする彼女の生き方に共感するファンが多く、Instagramのフォロワー数は33万人以上。

前回は、そんな彼女の人気の秘密を、7つのキーワードで紐解きましたが、今回はそのなかでもっとも彼女らしいキーワード「おしゃれ」について掘り下げます。

モデルとして、さまざまな媒体を通じて独自のファッションを発信。私服で雑誌に出るだけでなく、韓国では洋服の買付けまで! どんなファッションも、根底にあるものはヴィンテージだという柴田さんに、服選びやコーディネートなど“おしゃれすること”に対するこだわりを語ってもらいました。

【関連記事】私の暮らしにある、7つのキーワード
https://at-living.press/culture/14125/

 

おしゃれの始まりは「人とかぶらない服を着たい」っていう気持ち

洋服はほとんど古着しか買わないんです。きっかけは「人とかぶらない格好がしたい」っていう気持ちから。幼いときから服が好きだったのですが、みんなが着ているようなピンクの服は苦手で、小学生の頃からアースカラーを着ていたんです。

古着屋「JANTIQUES」で買ったブラウスは、レース使いが繊細で絶妙。
古着屋「JANTIQUES」で買ったブラウスは、レース使いが繊細で絶妙。

母がおしゃれが好きで、シャツにベストみたいなマニッシュな格好をしてることが多くて。幼少期のファッションは、母に影響を受けたと思います。みんなが着てる子供らしい服じゃなくて、アースカラーやネイビーの服を着たときに、「これがかっこいい服の着方なんだ!」って思っていました。人と違ったファッションをすることが楽しかったっていう記憶はありますね。

 

物語がある古着を着ると、ワクワクするんです

高校生のときに、初めて古着屋さんに行きました。それは激安古着のサンキューマートだったけど、宝探し気分で可愛い洋服を探すことがすごく楽しくて、そこから古着が好きになりました。一点物だから人とかぶらないことがうれしくて、そこから人と違った個性的な格好をしたいって気持ちが強くなったのかな。

「古着屋「OLGOU」で見つけたオールインワン」
「古着屋「OLGOU」で見つけたオールインワン」
いわゆるセーラー服のデザインだが「実は水着として作られたものなんです」。
いわゆるセーラー服のデザインだが、「実は水着として作られたものなんです」。

それから、いろんな古着屋さんに通うようになったら、古着屋さんから聞くお話が楽しくて。その服の意味や歴史を知る中で、より服への愛情が深まって、特別感を持って古着を着るようになりました。歳を重ねていくうちに、古着よりも古い年代のヴィンテージ、アンティークが好きになりました。

「お気に入りの服は部屋に見えるように置いておくんです。普段の生活の中で目に入るだけで幸せな気持ちになるから」
「お気に入りの服は部屋に見えるように置いておくんです。普段の生活の中で目に入るだけで幸せな気持ちになるから」

古着のすべてには物語があって、特別感があるんです。それは自分だけしかわからないこだわりだけど、着るだけで自分がキラキラして見えるように思えるんです。

 

そんな“しばさき”さんが、モデルとして私服を発信する上で伝えたいこととは?