FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

家でワインを楽しむための基礎講座ワインの入り口 第1回
—今さら聞けない、「ワインボトルの開け方」—

TAG

はじめまして、宮地英典といいます。ワインの輸入販売に携わりながら、渋谷で10坪ほどの小さなワインレストランを営んでいます。とはいえこのご時勢、他聞にもれず休業を余儀なくされ、もっぱら自宅でワインを楽しむ日々を過ごしました。

お客さまと顔を合わせることもなくなり、寂しいような虚しいような心持ちになることもありましたが、“接客が好き”で飲食業を営んでいることを再認識させられる時間のようでもありました。

そうして、ワインの楽しさをあらためて感じるなかで、@Livingの読者のみなさんに「今さら聞けないワインの基本」というテーマで、解説をさせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。初回は、ワインボトルの開け方です。

 

第1回 ワインボトルを開栓する方法

「ワインの開け方なんて、ソムリエナイフでキャップシールをピッと剥がして、スクリューをこうぐるぐるっとしてポンっとコルクを抜けばいいじゃない」とも思ったのですが、友人に聞いたところ、T字のコルクスクリューが抜けなくてワインショップまで持っていったとか、友人宅にソムリエナイフがなくて探し回ったという体験談がいろいろ。たしかに、これからワインに親しもうという人にとっては、ソムリエナイフなんて必ず家にあるものでもないでしょう。

わかりにくいところもあるかもしれませんが、ワインやワインにまつわることがらについて私がお伝えするのは、もしかしたらこれからワインに興味を持つ方の一助になるかもしれないと思い、さっそく筆を取ってみたいと思います。

 

【赤ワイン・白ワイン】コルクタイプのワインの開け方

1. キャップシールを剥がす

20200604_atliving_wine-kihon1_001

まずは、開けるのに手間取る人が多い、コルクタイプのワインの開け方を解説します。はじめに、赤ワインと白ワインの開け方を紹介しましょう。まず、コルクタイプのワインを開けるには、アルミやプラスチックの「キャップシール」を剥がす必要があります。キャップシールの開封には、いわゆる「ソムリエナイフ」を使用します。

 

Step1. ナイフで切り込みを入れる場所を決める

ナイフの切り込みを入れる場所ですが、ネック下部に入れるのが正しいとされています。

ワインによっては、キャップシール周辺にカビなどの汚れが付着しているため、瓶口に近い箇所をカットすると、液体とキャップシールが接触するので、衛生的でないと考えられています。ただ、ネック上部の方がきれいに切り取りやすいので、しっかりと拭き取れば、家庭ではむしろ綺麗に見えることもあるかもしれません。

左:ネック下部に切り込みを入れた状態。右:ネック上部に入れた状態。
左:ネック下部に切り込みを入れた状態。右:ネック上部に入れた状態。

 

Step2. ナイフで切り込みを入れ、カットする

ソムリエナイフの刃部分を親指で押しあて、ボトルネック下部分を固定しぐるりと半回し強、手首を返して逆回しで残り半分をカットします。
20200604_atliving_wine-kihon1_003

縦にナイフを入れる方もいますが、しっかりカットされていればナイフ部分で押し上げれば剥がれますし、固いキャップシールもあり、慣れていないと手を滑らせることもあるのでおすすめできません。

 

Step3. キャップシールはそのまま取り去ってもOK

と、ここまではよくある剥がし方ですが、実はこのキャップシール全体をナイフで剥がす、もしくはそのままスポンと抜いてもかまいません。
20200604_atliving_wine-kihon1_004

レストランの現場などでも、コルクの状態を見るためにキャップシールを丸ごと剥がすこともありますし、アルミが土に還らない事から、キャップシールそのものを嫌う生産者や評論家も増えてきています。こんなところでもサステナブルが叫ばれるようになってきているのです。

キャップシールは、そのまま剥がして瓶口を綺麗に拭き取るのが、ワインを楽しむ前のもっとも簡単でスマートな準備かもしれません。

 

2. コルクを抜く

キャップシールが剥がれたら、コルクを抜きます。途中でコルクを折らずに、上手に抜くには?

Step1. スクリューはやや斜めに差し込む

コルクを抜く際に一番注意したいのは、途中でコルクが折れてしまうこと。それを防ぐためには、スクリューをしっかりと差し込む必要があります。

スクリューを差し込む際には、少し斜めに先端を押し込むようにします。はじめから回し入れようとすると、うまく入らなかったり瓶口部分のコルクが崩れてしまったりするので気をつけて入れて下さい。
20200604_atliving_wine-kihon1_005

 

Step2. コルクを左右に揺らしながら抜き取る

スクリューがしっかりと奥まで入りました。ワインによってはコルクの長さも違いますが、キャップシールを剥がしてあれば、どこまでスクリューが入っているかも確認できます。
20200604_atliving_wine-kihon1_006

テコの要領で、フックを瓶口にかけてコルクを持ち上げます。瓶口に刺さった部分がわずかになったら、コルクを左右にゆらしながら、もしくはそのままコルクを握るようにしても抜きやすくなります。
20200604_atliving_wine-kihon1_007

ワインによっては、コルク片やカビなどの汚れが瓶口に付着していることもあるので、綺麗な布で拭き取ってください。
20200604_atliving_wine-kihon1_008

 

次のページでは、スクリューキャップの楽な開け方と、スパークリングワインのスマートな開栓方法をお伝えします。