FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

卵ソムリエがアレンジまで解説。卵料理の基本 第1回
「ゆで卵」調理の正解

TAG

揚げてもトロトロ! 半熟卵の『スコッチエッグ』の作り方

ゆで卵にハンバーグ生地のような肉だねを巻き付け、油で揚げるイギリス料理のスコッチエッグ。家でもお店で出てくるような半熟卵のスコッチエッグが食べたい! そう考えている人も多いはず。あるポイントを押さえておくと、揚げてもトロトロの半熟卵のままにできるそう。どんなレシピなのか教えていただきましょう。

20211011_atliving_yudetamago_010

「半熟のままスコッチエッグにするためには、中に入れる半熟ゆで卵をどれだけ冷やしておいたかがポイントになります。半熟のゆで卵の殻を剥く前に、冷蔵庫で30分冷やすことで、油で上げても熱が伝わりにくくなり、半熟のままの美味しいスコッチエッグが出来上がります。肉だねにもしっかり味付けをしているので、ゆで卵の茹で時間を変更した固茹でのスコッチエッグでももちろんおいしく召し上がれます。固茹でなら、お弁当のおかずとしても喜ばれる一品になりますよ」

【材料(2個分)】
卵(Mサイズ):3個
合い挽き肉:120g(使うまで冷蔵庫で冷やしておくのがポイント)
玉ねぎ:1/2個
パン粉:大さじ1
牛乳:大さじ1
オイスターソース:小さじ1
おろしニンニク:小さじ1/4
サラダ油:適量
塩こしょう:適量
薄力粉:適量
パン粉(衣用):適量

【作り方】
1.沸騰したお湯に塩(小さじ1)を入れ、卵2個を6分半茹でる

2.卵を取り出し、冷水に入れたまま冷蔵庫で30分しっかり冷やす
20211011_atliving_yudetamago_011

3.サラダ油をひいたフライパンにみじん切りにした玉ねぎと塩こしょうを入れ、しんなりするまで炒める

4.パン粉に牛乳を入れ、ふやかしておく

5.卵1個をときほぐし、肉だね用と衣用の半分に分けておく
20211011_atliving_yudetamago_012

6.ゴムベラで軽くねった合い挽き肉に、「4」のパン粉、オイスターソース、にんにく、溶き卵を加え混ぜ合わせる

7.「6」にあら熱をとった「3」の玉ねぎを入れしっかり混ぜ合わせる

8.冷蔵庫から取り出した卵の殻をむき、薄力粉をまぶしておく
20211011_atliving_yudetamago_013

9.ラップの上に肉だねを広げ、卵を包み込む
20211011_atliving_yudetamago_014

10.ある程度包めたら手で形を整え、ラップを巻きなおし、冷蔵庫で30分寝かせる(寝かせることで、卵と肉だねが密着し、崩れにくくなる)
20211011_atliving_yudetamago_015

11.「10」を取り出し、薄力粉、卵液、パン粉の順でまぶす
20211011_atliving_yudetamago_016

12.170度の油で、7分転がしながら揚げる
20211011_atliving_yudetamago_017

13.いい焼き色になってきたら火を止め、取り出し、完成

 

この作り方をさらにくわしく、動画で確認したい場合は、ゆかりさんのYouTube『半熟卵スコッチエッグの作り方☆クリスマス料理やお弁当にもピッタリ♪』をチェック!
https://www.youtube.com/watch?v=I0-zyZlwZwo

 

茹で時間を変更するだけでさまざまな料理の幅が広がる「ゆで卵」。おつまみに最高な半熟の味玉、ホームパーティでも喜ばれるスコッチエッグと、基本を知っているとチャレンジしたくなるレシピも増えますね。基本をしっかりと身につけて、おいしい卵料理を楽しみましょう。

次回は「卵焼き」について、ゆかりさんに教えていただきます。

【関連記事】第2回 「卵焼き」の正解 〜基本の「卵焼き」から「だし巻き卵」までフワフワ食感に作るには?〜

Profile

20211011_atliving_yudetamago_prof

料理研究家 / ゆかり

調理師免許の資格を活かし、『おうちで簡単に作れるレシピ』をモットーに、YouTube・テレビ・ラジオ・雑誌・料理イベントなどを中心に活動。チャンネル登録者数45万人(10/9現在)のYouTubeチャンネル『料理研究家ゆかりのおうちで簡単レシピ / Yukari’s Kitchen』では、簡単スイーツをはじめ、和食、洋食、中華など幅広くレシピ公開。調理師免許やたまごソムリエの資格も持ち、2016年に卵料理レシピ本『たまご大好き』(アールズ出版)を出版。

料理研究家ゆかりのおうちで簡単レシピ / Yukari’s Kitchen
https://www.youtube.com/channel/UC7LT6gRahCIBd5AO5MUl8dQ

 

文=つるたちかこ