FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

内側からキレイになれる!たんぱく質の
効果的なとり方と夜レシピ

TAG

ダイエット中、みなさんはどんな食事をとりますか? キレイにやせるためには、カロリーを抑えながらも栄養をきちんととることが重要。頭ではわかっていても、実践するのはなかなか難しいですよね……。

インナービューティープランナーの木下あおいさんに、美しくやせるための食事法を教えていただきましょう。

 

インナービューティダイエットでハッピーにやせる!

木下さんが提唱する「インナービューティダイエット」は、腸をキレイに整える食事法。

「体内で分泌される幸福物質の約90%は、腸でつくられます。つまり腸をキレイにすれば、自然とやせていくだけでなく、心までハッピーに。旬の野菜を食べて、発酵調味料を使えば、どんどん腸がキレイになっていきますよ」(木下さん)

さらに、体を思いやる必要はあるものの、「これを食べちゃダメ」という制限がないのもこのダイエットの魅力です。まずは、木下式・キレイになれる食べ方6か条をおさらいしましょう!

 

1. カラフルな色の食材を選ぶ
食材に含まれる栄養素やその効能を毎食考えるのは難しいもの。そこで意識したいのが、食卓がカラフルになるよう新鮮な旬の食材を選ぶこと。赤や緑、オレンジなどの食材は栄養価が高く、色を意識するだけで体にいい食事ができます。また食卓にカラフルな食材が並んでいると、それだけで気分もアップ!

2. 青菜をたっぷり食べる
青菜に含まれているクロロフィルという成分には、体内の毒素を排出する作用があるので、毎食意識して食べるようにしていると、便秘が解消され、吹き出ものが出にくくなり、肌が目に見えて変わっていくのを実感できます。春は菜の花、夏はモロヘイヤなど、栄養価の高い青菜を選ぶとさらに効果的。

3. 夜は特にたんぱく質をしっかりとる
たんぱく質には、肌、髪、爪など、体のすべての細胞をつくるはたらきがあるので、不足しないよう心がけたいもの。細胞は就寝中に修復されるので、特に夜、たんぱく質をとるように意識しましょう。ただ、日中に外食で肉を食べすぎた日の夜は、野菜をしっかりとり、同じたんぱく質でも豆腐や納豆にするなどの調整を。

20180813_protein_04

4. 食事の最初に食物繊維をとるようにする
腸に溜まった老廃物を排出し、腸内環境を整える作用のある食物繊維は、毎食とりたい栄養素。食物繊維には、腸にバリアを張り、糖質の吸収を抑える作用もあるので、食事の最初にとるのがベストです。先に食物繊維でお腹を満たすことで、その後の糖質の食べすぎを防ぐことにもつながります。

5. 美しい姿勢で食べることを意識する
女性らしい美しい食べ方は、ダイエット成功のカギ。意識したいのは、姿勢です。猫背だと、胃がゆるんでついつい食べすぎてしまうので、背すじを伸ばし、お腹に少し力を入れ、美しい姿勢で食べましょう。また、そうすることで呼吸が深くなり、自然と気持ちが整って、ドカ食いを抑えることにもつながります。

6. 食べものをよくかむ
かむことはお得なことだらけ。脂肪燃焼ホルモンや満腹中枢にスイッチが入るだけでなく、ほうれい線やたるみの予防にもつながります。50回以上かむのが理想ですが、回数にとらわれる必要はありません。おすすめは、箸置きを使うこと。口にものが入っているときは、箸を置く。そうすると、よくかむ時間がつくれます。

 

<引用したのはこちらの記事>
内側から美しくダイエットするには何をどう食べたらいい? 木下あおい式 キレイになれる食べ方6カ条

 

ここからは、レシピをご紹介。夜に食べたいヘルシーでたんぱく質をしっかりと補えるレシピを、さっそくチェック! 日々の生活に役立ててください。