LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

冬の朝はこの一杯から!便秘しがちな腸が目覚める
白湯のちから

TAG

寒い時季、体がこわばってお通じも滞りがち……と悩んでいませんか? それなら、これまでの便秘対策をちょっと変えてみるといいかもしれません。冬にぴったりの“腸を動かす”方法を、インナービューティプランナーの矢野ちかこさんに聞きました。

 

冬から始める便秘対策、まずは「白湯飲み」

この冬から始めたい便秘解消法とは、コップ一杯の白湯(さゆ。お湯のこと)をいただくことです。

「コップ一杯が厳しければ、一杯すべて飲みきらなくても大丈夫。少しでもいいので取り入れてみましょう」(矢野さん)

すでに毎朝、コップ1杯の水を飲む習慣がある人もいるかもしれません。でも、冬の水は冷たくてつらいし、体にも負担が。それを温かい飲み物にすることで、体内、そして腸も温まり、動きやすくなるのだといいます。

便秘の原因は食事、ストレスなどさまざまです。でも総じて言えることは、「腸が動いていないこと」。これが便秘の大きな原因となっています。ですから、できれば便秘で悩んでいるなら、少しでも朝ごはんを食べることがおすすめだとか。

「もしくは、こういった白湯をとり入れてください。そうすることで、腸が動いてきます。お食事をするときは、よくよく噛むことも一緒に行いましょう」(矢野さん)

 

ちなみに、快便とは「ツルンとスッキリ出る便」であること。スッキリ便でないと悩む人に多いのが、夕食の時間が遅いパターンだそう。「22時以降の夕食は避けたいところ。食べたものが胃の中にある状態で寝ると、内容物が停滞し、朝になっても腸が動きにくくなり、便秘が慢性化しがちになります。朝のスッキリ快便に備えて、夜の過ごし方にも気をつけましょう」(矢野さん)

 

腸内環境の改善で全身がキレイに

腸を整えることは、美しさの始まり。腸は以下のように、体にとってとても重要な器官なのです。
・栄養分の90%を吸収する器官
・免疫力細胞の70%が存在する器官
・幸福物質を作り出す工場

「そして朝は、“排泄の時間”となり、腸を動かす絶好のチャンス! その時間帯に動かせずにいると、便も出にくい状態となります。朝、自宅で過ごす時間は、心身ともにリラックスの時間なので、この時間に出しておくことがおすすめです」(矢野さん)

 

便秘が続くと、有害物質が血液を介して全身を駆け巡り、以下のような症状が重なりやすくなるのだとか。
・体臭の悪化
・にきびの発生
・肥満
・疲労

「余分なものは体の外へと排出しましょう。日中、デスクワークなどで座りっ放しの人は、腸自体が垂れ下がり、下腹部がカチコチに!こうなると腸が固くなり、お通じも悪くなりがちです。お腹周りをやさしくマッサージをする、腸を外から温めることもおすすめです。カイロを利用すると便利ですよ」(矢野さん)

「また、睡眠の質も見直しましょう。私たちの体は、副交感神経の働きによって、寝ている間に内臓が活性化するようになっています。つまり、腸は睡眠中に、活発に動いているのです。逆に寝不足で交感神経が高まると腸の活動は弱まり、便秘を引き起こしてしまいます。特に、ダイエット中は睡眠不足に陥ったりストレスをため込んだりして、交感神経を優位にさせてしまうことのないように生活をすることも大切ですね」(矢野さん)

 

健康的に美しく生活をするために、まずは腸のバランスを整えることからスタートしてみましょう。生活習慣を改善して腸を整えることで、ダイエット、美肌、そしてストレスフリーといったメリットが期待できるはずです。

Profile

インナービューティプランナー / 矢野 ちかこ

インナービューティプランナー、インナービューティフードスペシャリスト、コスメコンシェルジュ。外側からと内側からのキレイを目指し、定期的な【美人になるカレー】きらきら会の開催、インナービューティダイエットカレッジ内【大人の素肌美人学科】ではエシカルIBプランナーとして美容コラムを定期的に配信。100%植物性のスキンケア・コスメ作り、レッスンも行う。普段は9歳の娘を持つワーキングマザーでもある。
日本インナービューティダイエット協会 http://inner-beauty-diet.org/

 

ダイエット・フィットネス・ヘルスケアのことなら「フィッテ」
https://fytte.jp/