LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

米国での研究で“不健康”と判明!動画視聴など、長時間の「画面」の直視が
暮らしに及ぼす影響とは?

TAG

ひと昔前は、テレビの前に座り込んでダラダラと過ごすことが、怠惰で不健康な生活の代表格。ところが今や、インターネットやスマートフォンの急速な普及で、見続ける“画面”もさまざまに。テレビを見る時間は減っても、スマホを見る時間は増えているかもしれません。

このたび、テレビでなくてもそういった“画面”を見る時間が長い人は、食事や生活が“不健康”であるとの分析結果が出ました。具体的に、どういった傾向が問題とされているのでしょうか?

【関連記事】画面の見過ぎは日常生活に悪影響…眼科医が教える「デジタル時差ボケ」対策

 

“画面”を見続けると生活習慣に悪影響!?

コロナ禍で生活が変わるなか、インターネットを通して動画サービスを利用する時間が増えたといわれます。動画配信サービスやスマートフォンが普及した現在では、一気見による寝不足など、別の問題も浮上しているとされます。過去の研究から、テレビの前に座っている時間が長いと、ファストフードを食べる頻度が増えたり運動不足になったりと、健康によくない影響を及ぼすことはすでに明らかになっていました。

今回、米国・アリゾナ州立大学の研究グループは、テレビやスマートフォン、パソコンなどの“画面”を見ている時間と、日常の生活習慣などに関連が見られるのかを分析しました。900人以上を対象としたオンライン調査によって、画面を見ている時間、食生活や睡眠の時間と質、運動、ストレス、健康状態、BMIなどを聞いています。

また、テレビ、ビデオゲーム機などの機器、パソコン、スマートフォン、タブレットに分けて、それぞれの時間と合計時間を答えてもらい、動画の一気見による影響も調べています。

 

長時間のスマートフォン使用が問題と判明!

ここから見えてきたのが、とくにテレビとスマートフォンの組み合わせで長時間画面を見ている場合に、“不健康さと関連している”ということです。

具体的には、画面を見ている時間がもっとも長いグループ(平均17.5時間)は、中間(11.3時間)と短いグループ(7時間)に比べて、食事がもっとも不健康で、自己評価も含めて健康状態が一番低くなっていました。

なかでも、テレビとスマートフォンの組み合わせで長時間画面を見ているユーザーは、テレビとパソコンなど、ほかの端末との組み合わせの長時間ユーザーに比べ、食事がもっとも不健康だと判明したのです。スマートフォンの使用時間が長い人は、睡眠の質も低いという結果も見られました。動画の一気見も、ファストフードの増加を含めた不健康な食事やストレスに関連しました。さまざまな画面を見ている時間が長くなるに伴って、不健康な食生活や、睡眠などほかの健康面へのマイナスの影響が増えていると、研究グループは指摘します。

 

ちなみに同研究グループは、夜に帰宅してからはどんな画面も見ない生活を2週間続けてもらう、という研究も行っています。ここからは、家族や友人ともっと時間を過ごすようになる、料理をする、運動や趣味の活動をするといった変化が起こることを発見したそう。コロナ禍の今こそ、画面をあまり見ない生活を考えるときでは、と提案しています。

[参考文献]
ASU study finds association between screen time use, diet and other health factors
https://chs.asu.edu/news/netflix-and-binge
Vizcaino M, Buman M, DesRoches T, Wharton C. From TVs to tablets: the relation between device-specific screen time and health-related behaviors and characteristics. BMC Public Health. 2020 Aug 26;20(1):1295. doi: 10.1186/s12889-020-09410-0. PMID: 32847553; PMCID: PMC7447608.
https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-020-09410-0
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32847553/

Profile

20201106_atliving_fytte1_prof

獣医師・医療系編集者 / 星 良孝

ステラ・メディックス代表取締役社長 / 編集者、獣医師。専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。医療情報に関するエビデンスをまとめた「ステラ・メディックス」を運営する。
https://stellamedix.jp

 

ダイエット・フィットネス・ヘルスケアのことなら「フィッテ」
https://fytte.jp/