LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

週末の寝だめ、美容のための長風呂……実はNG!医師が解説する、
「快眠」に良い習慣、悪い習慣

TAG

毎日ぐっすり眠れていますか? 十分に睡眠時間をとっているつもりでも、疲れが回復しないようなら“眠り方”の見直しが必要かもしれません。今回は、上質な睡眠をとれる方法について、内科医の工藤孝文先生に教えていただきます。疲れやストレスがたまっている人は要チェック。

 

寝ても疲れがとれない……それは間違った睡眠習慣のせいかも?

最近、「十分に寝たはずなのに疲れがとれない」と悩んでいる人が増えています。休息をとっても疲れから回復できないようなら、それはストレスなどによる精神的な疲れ=“脳疲労”に陥っている可能性があります。脳疲労から回復するためには“睡眠の質”にこだわって、ぐっすりと眠ることが大切です。ところが、私たちがしっかり眠ろうと思ってやっていることの中には、逆効果になっていることも多いのです。

そんな睡眠習慣を見直して、ぐっすり眠ることができれば、脳疲労の解消に。気力や体力がアップして、疲れにくい体になることができるのです。今回は、やりがちな睡眠習慣のNGや、睡眠の質がアップするおすすめの行動を紹介します。

【関連記事】コロナ禍で睡眠の質が悪化…在宅ワークで快眠をキープする3つのルール

 

1.「週末の寝だめ」は、休み明けがつらくなるのでNG

平日は忙しくて睡眠不足になってしまう人も多いでしょう。すると、「週末にたっぷり寝だめをしてとり戻そう!」と考えてしまいがち。

「休日の朝は、心ゆくまで寝坊をしたくなりますが、その習慣はNG! それではますます休み明けの体が重くなってしまいます。私たちの体の中にある“時計遺伝子”と呼ばれる体内時計は、1日が24.5時間に設定されています。つまり、本来の1日が24時間であるのに対して、毎日30分ずつズレが生じているのです。

このズレをリセットしてくれるのが、太陽の光です。毎朝同じ時間に朝日を浴びれば、体内時計がリセットされて、健康的な1日を過ごすことができるのです。ところが、朝起きる時間がバラバラになり、体内時計のズレを修正できないまま過ごしていると、寝ても疲れがとれないばかりか、病気までも引き起こしてしまいます。

休日も起きる時間はいつもと同じにするのが正解。朝起きたら、まずカーテンを開けてたっぷりの朝日を浴びましょう!」(工藤先生)

【関連記事】快眠のために時間をコントロール! 生命科学者が教える「体内時計」の真実

 

2. 美容のための「長風呂」は、体温が上がりすぎるのでNG

「お風呂時間の過ごし方でも、眠りの質は変えられます。今日はしっかり眠りたい、という日には、安眠のためのバスタイムを試してみてください。

入浴は、寝る時間の1時間前が理想のタイミングです。入浴することでいったん上がった体温が、寝る時間に向かって徐々に下がっていくことで、脳の温度も下がり、深い眠りに入りやすくなるのです。

お湯の温度が熱すぎるのは、脳が覚醒してしまうのでNG。また、美容のために長風呂をするのも、体温が上がりすぎてしまうため、眠りの質を高めるのには逆効果の場合も。体温に近い38℃前後のお湯に、胸まで10分程度浸かるのがおすすめです」(工藤先生)

【関連記事】寝付きと睡眠の質を良くする正しい入浴方法

 

3.「寝る前のスマホ」は脳が“昼間”と勘違いするのでNG

20210920_atliving-fytte_suiminsyukan_004

ベッドに入ってからのスマホがやめられない、という人はとても多いはず。ところが、スマホのモニターが発するブルーライトの光は、睡眠に悪影響をもたらします。そのメカニズムを説明しましょう。

「人間は夜になると、脳内で睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されることで眠気を感じます。このメラトニンは、深い眠りを持続させるのにも必要なホルモンです

しかし、夜にスマホのブルーライトの光を見ると、脳は昼間だと勘違いして、メラトニンの分泌をストップしてしまうのです。その結果、ぐっすり眠れなくなり、疲れが蓄積してしまうのです。

メラトニンが分泌される夜10時を過ぎたら、スマホを見ないようにしましょう。どうしてもやめられない、という人は、スマホの画面の色を暖色系に変え、光の強さも暗めの設定にしましょう。眠りへの悪影響を少なくすることができますよ」(工藤先生)

【関連記事】画面の見過ぎが目の疲れと体内時計のズレを招く!眼科医が教える「デジタル時差ボケ」対策

 

4.「7時間睡眠」は食べすぎも防げるのでOK!

ダイエットを心がけている人にも、睡眠はとても大切。睡眠不足と肥満の意外な関係について紹介していただきます。

睡眠が不足すると、食欲を抑えるホルモンであるレプチンが減少するので、食欲が増進してしまいます。食べすぎを防ぎたいなら、7時間前後の睡眠時間をとるようにしましょう。忙しくて連続で7時間の睡眠時間をとるのが難しいなら、細切れでも大丈夫。日中に20分の仮眠をとるなどして分割睡眠を心がけ、トータルで7時間眠ることができればいいのです

ただし、寝すぎは禁物! 8時間以上の睡眠は寿命を縮めるという説もあるので注意しましょう」(工藤先生)

 

正しい睡眠習慣を身に付けて、1日の疲れやストレスを、上手にリセットしましょう。

Profile

20210201_atliving_fytte2_prof

内科医 / 工藤孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は福岡県みやま市の工藤内科で地域医療を行っている。
糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、NHK「ガッテン!」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」へ肥満治療評論家・漢方治療評論家として出演するなど、メディア出演多数。
日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。

 

ダイエット・フィットネス・ヘルスケアのことなら「フィッテ」
https://fytte.jp/