LIVING リビングと暮らし

シェア

自宅でも集中して仕事したい!快適に効率的に
在宅ワークできる環境の整え方

TAG

今、さまざまな企業がリモートワークを導入し、通勤自粛を促しています。でも、急に家で仕事をするように言われても、家で仕事に集中できる環境が整っていない人も多いのではないでしょうか? そこで、10年前から自宅をオフィスにして働いている一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の代表理事・平田麻莉さんに、ご自宅での実践例をもとに、在宅ワーク環境を整えるためのノウハウを教えていただきました。

 

在宅ワーク環境の整え方———自宅環境編

そもそも休むための場所である自宅で仕事をするのは、慣れないひとには気持ちの切り替えが難しいもの。通勤時間はなくなっても、朝は通常通りの時間に起きて着替えてメイクするなど、きちんと身なりを整えてから作業するといった、意識して仕事をするためだけの気持ちと環境を作ることが大事です。

普段、ふたりの子どもを育てながら、リビングルームに自身のオフィス空間を設けている平田さんに、自宅の環境の整え方を見せていただきました。

1.「ダイニングでは仕事に集中できない……」
→仕事とプライベートの仕切りをつくる

20200409_atliving_zaitaku_008

在宅で仕事をする方の中には、ダイニングテーブルにパソコンを置いて仕事している人もいるのではないでしょうか。しかし、空間に余裕があるなら、仕事とプライベートの場所が分かれるよう工夫すると、より快適な作業環境を作れます。

「子どもや同居している家族がいる場合は、触ってほしくないものや書きかけの書類などをダイニングテーブルに置いておくより、仕事をする場所がしっかりある方が、ストレスなく過ごせます。我が家ではリビングの一角を本棚とデスクで仕切り、子どもたちにも仕事場だから入らないよう伝えています。リビングが見渡せるようにデスクを置くことで、家族の様子を見ながら仕事ができ、仕事と家事や育児の両立がスムーズです」(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事・平田麻莉さん、以下同)

 

2.「ダイニングチェアで身体が痛くなってきた……」
→腰が痛くなりにくいオフィス用チェアを導入する

20200409_atliving_zaitaku_009

在宅ワークに切り替えた方からよく聞くのは、「家で仕事をするようになったら、腰が痛くなった……」という嘆き。硬いダイニングチェアに長時間座っていたり、地べたに座ってローテーブルでPC作業をしていたりすると、どうしても腰や下半身に負担がかかってしまいます。

「椅子はどんなメーカーのものでもいいのですが、背もたれがあり、しっかり上半身を支えてくれるものがオススメです。会社にいるときと違って座りっぱなしになるので、オットマンのような台に足を乗せて下半身がむくまないようにしたり、マッサージクッションを導入したり、途中途中で屈伸や伸びなどの簡単なストレッチを入れたりして、身体が凝り固まらないよう注意してください。ノートPCで作業する方は、“スマホ首”にならないよう台に乗せて画面を目線の高さまで上げると、目や首が疲れにくいですよ」

【関連記事】痛みの原因は環境にある! 整形外科医が教える腰痛にならない部屋作り

 

3.「紙の書類が多くて散らかってしまう……」
→すべてデータ化し、紙は一定量に抑える

20200409_atliving_zaitaku_010

できる限りデジタルデータ化している平田さんは、どうしても出てしまう紙の書類の置き場を、この棚だけに収めているそうです。紙を使わなくなると文房具も少なくて済むので、収納に困らなくて済みます。

「紙の書類はデジタル化し、紙の方は捨ててしまうのですが、どうしても紙で取っておかなくてはならないものだけを、この棚に入る分だけ保管しています。打ち合わせに書類を持参するときは、事前にその書類をデータで相手に送っておき、当日はノートパソコンを見ていただきながらお話を進めています。会議のあと膨大な資料を持って帰っていただく手間もないし、会議前に資料を慌てて探すこともありません」

【関連記事】9つのルールで整える!リバウンドなしのデスクすっきり片付け術

 

編集部選・在宅ワークにおすすめのアイテム

ここで、編集部がセレクトした、在宅ワークをはじめるときにおすすめしたいアイテムを紹介します。

1. 文具やパソコンをひとまとめにできるバッグ
20200409_atliving_zaitaku_004
LIHIT LAB.「HIMENO スタンドポーチ」
S 2700円/M 3300円/L 3950円(いずれも税別)
L字にひらいた状態で自立するポーチは、外出先で使うとき、パーテーション代わりにもなって便利。リバーシブル設計なので、ポケットをおもて面にして使うとバッグインバッグのようにも使うことができます。滋賀県高島市で織り上げられた国産帆布は丈夫で、しっかりした造り。

2. 書類の持ち運びと収納の両方を兼ね備える
20200409_atliving_zaitaku_005_
LIHIT LAB.「SMART FIT ALTNA ツールバッグ ライト」
2800円+税
オフィスの書類を自宅に持って帰るときにオススメしたいのが、このバッグ。ひとまとめにしておき、そのまま棚に収納しておけば、書類の紛失を防ぐこともできます。分厚いファイルもすっぽりと入り、収納したあと引き出しやすいよう取っ手もついています。

3. クリアホルダーを自立するポーチにまとめて片づけ
20200409_atliving_zaitaku_006
コクヨ「ドキュメント<Katasu>」
2800円+税
中仕切りやポケットがついていて書類の分別もしやすい自立型バック。クリアファイルで整理している書類を収納しておけば、書類探しに時間がかからず、自宅での作業もスムーズに行えます。

4. 機能優秀で見た目もかわいい文具で気分を高める
20200409_atliving_zaitaku_007
コクヨ「KOKUYO ME」
120円+税〜
消しゴムやテープのり、ノートなどの文具も気に入ったデザインのものを使って、在宅ワークのテンションを上げたいもの。機能的でありながらも、明るく楽しく仕事ができるものを取り入れてみましょう。

5. 環境や体調に合わせてデスクの高さ自在
20200409_atliving_zaitaku_007
ぼん家具「昇降式テーブル プロキオン」
1万1800円+税
自宅にデスクなどの作業環境がない方は、高さが変えられるキャスターつきのテーブルがおすすめ。正しい姿勢で作業できると効率もよく、体への負担もありません。プレゼンテーションなどの際は立ってパソコンを使うことができ、キッチンに持っていけば料理動画やレシピを閲覧しながらの調理も楽にできます。

 

在宅ワークに切り替えるとき、何よりもいちばんに整えたいのがPCの環境です。これがなくては仕事にならないという方が多いですよね。次のページで、インストールしておきたいアプリなども含めて、引き続き平田麻莉さんに紹介していただきます。