ITEM インテリア・雑貨・家電

シェア

「カワイイ」、そして「割れない」で選ぶ!目的に合わせて着せ替える
iPhone 7ケース 18選

TAG

新生活が始まる春、携帯電話を買い替える人も多いのでは。でも大人気のiPhoneは、みんなと同じ。だから、ケース選びで自分らしさを出しましょう。もちろん、ケースを付けることでスマートフォンをキズや落下による損傷から守ってくれるハズ! 今回は、スタイリッシュなケースを数多く揃えている渋谷ロフトから、タイプ別におすすめのiPhone 7用ケースをドーンと18アイテムご紹介しちゃいます。

渋谷ロフトにはスマートフォンケースがズラリ! なんと約2300種ものケースを扱っているそうですが、その半分以上がiPhone向け。なかでもいま、もっとも数を増やしているのはiPhone 7用のケースです。

ビジネスシーンでも違和感なく使えるシンプルなもの、デザイン重視のもの、衝撃吸収性能を備えたタフなもの、キャラクターもの、と大きく分類されています。広報の中川真理子さんによると、ロフトで人気のケースはシンプルなものだとか。

「黒や白といったモノトーン、色のないクリアケースが売れ筋です。特徴のあるデザインは使う人や場所を選ぶので、幅広く対応できるシンプルなものが選ばれる傾向がありますね」(中川さん・以下同)

また、ディスプレイもカバーできる折り畳みタイプのカバー=手帳型は、いまやすっかり定番に。

「さまざまなメーカーのスマートフォンで使える汎用タイプが多く、SuicaなどのICカードを入れられるポケットや、鏡が付いたものもあります。スマートフォン全体をカバーできるので安心感があり、ファッション性も高く人気ですよ」

オールレザーでビジネスシーンにもマッチするシンプルなものや、刺繍が入った女の子らしいもの、さらには長いショルダーストラップが付いたものなど、ロフトでは手帳型ケースを豊富にラインアップ。また、最近の手帳型ケースの多くは、スマートフォンで動画を観るときに、折りたたんでスタンドにできるなど、いろいろな機能が加えられています。

もちろん、手帳型以外も充実しています。渋谷は若者の街なので、「他のロフトに比べ、突出したデザイン、面白いデザインのものを豊富に揃えています」とのこと。ディズニーのキャラクターを使ったケースは、大人女子でも使いやすい、シックなデザインのものが多いそうです。

自分にぴったりなケースを付けてスマートフォンを使えば、キズや画面割れからスマートフォンを守れるだけでなく、個性を出すことができて愛着もより沸いてきそうです。


Selected Cases

「ツッコミ待ち」ケース

インパクトの大きさでウケを狙えるケースは、「目立つ」「かわいい」が選ぶ基準となっている10代、20代の若者に人気。スマートフォンのケースとして使われるとは予想もできないようなモチーフが取り入れられていて、注目度は抜群です。仕事の場で使うのは難しいものの、お休みの日に着せ替えて使えば気分が明るくなりそうです。SNSに通話スタイルをアップして、いいね!をもらいましょう。友だちがきっと突っ込んでくれるはず!

 

意外なモチーフにビックリ!

170217_iphonecase_01

フライドポテトやお菓子のパッケージ、ドリンクのモチーフが貼り付けられたケースです。ファブリック製のモチーフはクッション用の綿が入っていて立体感があり、抜群の存在感。スマートフォンだと分からなくなってしまいそうですが、アメリカンポップ調のビジュアルがかわいいから、友だちが笑って突っ込んでくれそうです。

「アメリカンデリ バックカバー」(フレンチフライ/チップス/ベリードリンク)
各3024円

 

スマホから人工芝が生えた!?

170217_iphonecase_02

サッカーの競技場をモチーフにしたケース。表面は人工芝状で、サワサワした独特の触感がクセになります。ユニークなモチーフと素材を使っていますが、全体的にはシンプルにまとまっているので、抵抗なく使えそう。サッカー好きな男性へのプレゼントにも良さそうです。他に野球場モチーフも。

「Shibaful sport」(fever pitch)
5173円

 

キャラクターの魅力全開!

170217_iphonecase_03

犬の顔をかたどったシリコン製ケース。ユーモラスな犬の表情が、はっきりした色使いや凹凸で表現されています。シリコンなのでグリップしやすく、机に置いたときに滑らないのもメリット。他の動物やアニメキャラクターを使ったものもあり、目立つデザインながらも幅広い層に人気のあるケースです。

「ズールック」(ドギー)
2700円

 

 

「おしゃれ自慢」ケース

オシャレが大好きな人が集まる渋谷ロフトには、ファッショナブルなケースもたくさん。レザーやファブリックに刺繍など手の込んだ装飾を施した手帳型ケースは、機能性重視な男性向けケースにはないかわいらしさがあります。一方、iPhoneの本体デザインを活かしたクリア素材を使ったケースも人気。こちらは手帳型に比べるとお手頃なものが多いので、初めてケースを購入する人も選びやすいでしょう。

 

スパンコールがきらめく!

170217_iphonecase_04

キラキラのスパンコールが縫い付けられた、ファッショナブルな手帳型ケース。本体の素材は手に柔らかく、とても女性らしい雰囲気です。スパンコールはもちろん、あえて見えるように縫い付けられているタブも手が込んでいて、大事にしたくなるケースです。

「ニナ・チャクラバーティ デジタルアクセサリー(ドレス)」
4104円

 

パステルカラーの迷彩柄が新鮮

170217_iphonecase_05

ケースの一部にパステルカラーの迷彩柄がプリントされたクリアケース。iPhone本体のデザインも見せたいという人にオススメです。ぴったりとフィットするので、サイズも大きくなりません。もっと濃いカラーを使った同タイプのケースも。

「POP CAMO」(パステル)
3218円

 

地図をスタイリッシュにアレンジ

170217_iphonecase_06

パリやニューヨーク、東京などの都市の地図をデザインした樹脂ケース。単なる地図が、ここまでおしゃれにデザインされていることに驚かされます。東京バージョンは、一部漢字で地名やランドマークが記されていますが、デザインに自然になじんでいて、見慣れた地図も新鮮に映ります。

「NOMADO(ノマド)」(東京/パリ)
各3218円

 

 

「キリッとビジネス」ケース

ビジネスシーンにデコラティブなケースは、やはりマッチしません。そのため、黒や紺などシックなカラー、シンプルなデザインのケースが主流に。商談中に私用メールやLINEの通知が見えることは望ましくないので、ビジネス向けでも手帳型が人気です。ただ、シンプル、シックが基本でも、少しは個性を出したいもの。ここでは少しだけデザインに凝ったものをセレクトしました。

 

本物の木を使った1点モノ

170217_iphonecase_07

レザーとウッドが、組木細工のように組み合わされたデザインが印象的。天然木が使われていて、アイテムごとに木目が異なる1点モノです。ウッド素材を使ったケースなら、個性派デザインでもシックにまとまるのでビジネスシーンで違和感がなく、男女問わず使えます。

「COLLART(コラート)ウッドケース」(ブラック/グレー)
各2808円

 

人気ブランドのシンプルなケース

170217_iphonecase_08

ビジネスシーンにふさわしい、シンプルな手帳型ケースです。GRAMASは本革を使った高級ラインもありますが、こちらは合成皮革を使ったリーズナブルなシリーズ。でも、まるで本物のレザーのような上質感があります。作りもしっかかりしているので、どこに出しても恥ずかしくありません。

「GRAMAS COLORS」EURO Passione(ネイビー)
4000円

 

窓から時刻を確認できる

170217_iphonecase_09

フリップの上部に小さなウインドウが付いた手帳型ケース。手帳型は画面を保護し、プライバシーも守れるのが魅力ですが、開かないと時刻すらチェックできないのが面倒です。このケースはそういった不満を解消。電話が着信したときにフリップ下部のパーツをなぞると、電話に応答することもできます。

「CERTA(ケルタ)フリップ 窓付きダイアリーケース」
2484円

 

 

「絶対防衛」グッズ

iPhone 7/7sやiPhone 6/6sは、全体的に丸みを帯びたフォルムのせいか、手から滑りやすく感じます。うっかり堅いアスファルトに落とせば、ディスプレイが割れてしまうことも。心配な人は衝撃を吸収してくれるケースを選ぶと安心です。ただ、衝撃吸収型ケースはサイズが大きくなりがち。苦手な人は、衝撃を吸収してくれる保護シートや、iPhoneをしっかり持っていられる補助リングなどを一般のケースと併用してもいいでしょう。

 

すっきりフォルムが人気

170217_iphonecase_10

側面の樹脂フレームが落下時の衝撃を吸収してくれるタフなケースでありながら、すっきりしたデザインと、持ちやすいカーブしたフォルムが人気です。背面の色が多彩に揃っているので、好みのカラーが見つかりそうです。

「iface. First Class」(メタリック/FCケース)
2808円/3024円

 

指にかけて、しっかりホールド

170217_iphonecase_11

スマートフォンの背面に貼り付け、リングに指を通して持つことで、うっかり手が滑っても落下せず、スマートフォンをしっかりホールドできます。また、スタンドとして使うことも可能。リングや土台のデザインに凝ったものも増えています。

「バンカーリング エッセンシャルズ」
1944円

 

薄いシートが衝撃を吸収

170217_iphonecase_12

スマートフォンのディスプレイや背面に貼り付ける保護シート。最近はガラスタイプが人気ですが、こすれなどによる小さなキズを防ぐだけでなく、衝撃を吸収して画面割れも防ぎます。ケースと併用して使うとより安心ですし、ケースが苦手な人も、保護シートである程度、破損を防ぐことができます。

「ラプソル 衝撃吸収フィルム」3218円
「液晶保護強化ガラス クリア 6倍強度タイプ」2948円


Shop

渋谷ロフト
東京都渋谷区宇田川町21-1
03-3462-3807
営業時間 10:00〜21:00
無休

http://www.loft.co.jp/shoplist/shibuya/

 

ロフトでお気に入りケースをカスタマイズ!

170217_iphonecase_shop

渋谷ロフトでは、同店で購入したケースにオリジナルのデコレーションを施せる「Loft & Fab」というサービスを提供しています。好みの写真をUVプリンターでクリアケースにプリントしたり、レザーケースにレーザーカッターでオリジナルの模様やメッセージを入れたり。自分だけのオリジナルケースを作りたい、メッセージを入れて友だちにプレゼントしたいという場合にぴったり。加工料は1080円〜とお手軽です。
※サイズによって、料金は異なります。また、商品の素材や形状によって加工できない場合があります。
※対象は、渋谷ロフトで購入した商品に限られます。
 

&Fab. デジタル加工工房
渋谷ロフト 6F
03-6416-3335
13:00〜21:00(受付は20:00まで)

 
※商品とサービスの価格はすべて、税込で表記しています。
 

 
取材・文=房野麻子 撮影=@Living編集部