CULTURE 本・映画・音楽

シェア

2020年「東京オリンピック」開催目前。外国人観光客の人気スポットから再発見する、
意外な東京の名所

TAG

いよいよ、東京オリンピックが開催される2020年となりました。開催地である日本・東京は世界中の人々に注目され、訪日観光客がますます増加することが予想されています。

それでなくても、「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」による“世界で最も安全な都市ランキング”で東京が3年連続首位を獲得するなど、近年の東京は世界中の旅行者に愛される土地となりつつあります。訪日観光客は、東京にどんな魅力を見出しているのでしょうか? 外国人の目線に立って東京という街を改めて見てみると、意外な魅力に気づけるかもしれません。

今回は、グローバルネットワークを通じて国内外にローカル情報を発信するシティガイド、『タイムアウト東京』でライター・エディターを務めるイリ・サーリネンさんに、訪日観光客に人気のスポットと、ブームの変化について伺いました。

20200128_atliving_tokyo_001
Time Out Tokyo / タイムアウト東京
https://www.timeout.jp/tokyo/ja
1968年にロンドンで創刊されて以来、世界108都市39カ国(13言語)に展開するグローバルメディアとして世界中に認知される「Time Out」。マガジン、ガイドブック、ウェブサイト、スマートフォン・タブレットアプリなど、マルチプラットフォームにシティガイドを発信。「タイムアウト東京」では“日本の優れた ヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービス”を取り上げ、国内外に情報を配信中。

 

———旬のスポットや、ネクストブレイクのスポットの情報をいち早く紹介しているタイムアウト東京さん。訪日観光客の方々に人気のスポットは、どのように調査されているのでしょうか?

イリ・サーリネンさん(以下、サーリネン):弊社では編集中チームがさまざまな形で情報収拾しています。エディターやライターが暮らしている街やその近所で何が起きているかなど、日々の基本的な情報収拾もしていますが、もっとも重視しているのはSNSですね。TwitterやInstagramをはじめとしたSNSの投稿をチェックしたり、モニターしたりしながら、情報をつかむことは多いです。

———SNSの投稿では、具体的にはどのようなところに注目されていますか?

サーリネン:スポットタグや地域のハッシュタグはもちろんですが、外国人に人気のハッシュタグに注目しています。弊社ではさまざまなシステムをつくっていて、そこから流行のタグをつかんだり、投稿数が多いタグや、人気のタグを確認しているんです。あとは弊社の“#TimeOutTokyo”というタグもあって、結構読者さんもそれを使って発信してくれるんです。そこから情報を得られることも多いですね。

 

訪日観光客から人気を集めるエリアは、少しずつ変化している

———東京都内で、訪日観光客に人気の高いエリアはどちらなのでしょうか?

サーリネン:渋谷・銀座・六本木は、一定して人気を集めるメジャースポットですが、最近では、都会的なスポットであれば下北沢や中目黒を好む人が増えています。古き良き日本らしさを楽しむのなら谷根千エリア。アニメ文化を楽しむのなら、少し前なら秋葉原がメジャーでしたが、最近では中野を訪れる人が多くなっています。

台東区谷中エリアにできた新名所“キッテ通り”。タイムアウト東京「谷中キッテ通りですべき8のこと(https://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/yanaka-kitte-dori)」より
台東区谷中エリアにできた新名所“キッテ通り”。タイムアウト東京「谷中キッテ通りですべき8のこと(https://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/yanaka-kitte-dori)」より

———人気のエリアが変化しているのには、どのような理由があるのでしょう?

サーリネン:ブームの変化にはさまざまな理由がありますが、大きな1つとしてはリピーターの増加があると思います。タイムアウト東京の読者の4割が、6回以上の訪日経験を持つリピーターです。メジャーなスポットは初回の来日で訪れているため、よりディープなエリアへ訪れたいと考える傾向にあるのでしょう。

あとは、日本人の方々が海外を訪れる際に考えるように、“観光客向けに用意されたものよりも、地元の人々が楽しむ場所を体験してみたい”と思う人が多いということもあると思います。2度、3度と日本に訪れる観光客なら、よりリアルな日本を体験したいと考えるはずですから。

 

日本人も注目すべき、訪日観光客に人気のスポット

———現在訪日観光客の方々に人気の高いスポットを、いくつか教えていただけますか?

サーリネン:渋谷は一定して人気のあるエリアだとお話しましたが、再開発により注目されているスポットも多いです。例えば、昨年11月に再オープンした「渋谷パルコ」。「ポケモンセンター」や「Nintendo Tokyo」などのアニメ・ゲームカルチャーや、横町を再現した「カオスキッチン」など、外国人が大好きな要素が詰まっていて、みんないきいきしています(笑) あとは、「渋谷スクランブルスクエア」の展望台「渋谷スカイ」も人気です。海外にも展望台はたくさんありますが、「東京スカイツリー」も含め、日本の展望台のチケットは海外に比べてすごく安いので、みんな気軽に訪れられるんです。

また、都会にいながら“和”の味わいを楽しめるスポットも人気です。例えば宿泊施設なら、屋上で露天風呂が楽しめる大手町の「星のや東京」や、老舗宿で有名な谷中の「澤の屋」など、“これぞ日本の旅館”というお宿が人気ですね。あとは、青山にある「櫻井焙茶研究所」というお茶のお店。さまざまなお茶をコースで楽しめる、珍しいお店なんです。ただお茶を飲むだけでなく、“日本茶の奥深さを学べる”というところが、人気の理由の1つだと思います。

 

今回は、サーリネンさんにご紹介いただいた「櫻井焙茶研究所」を実際に訪れました。次のページでは、訪日観光客が魅入られる、“日本茶の奥深さ”に迫ります。

Profile

Time Out Tokyo Commercial & Language Director / Ili Saarinen(イリ・サーリネン)

2009年、語学学校入学を機にフィンランドから来日。卒業後、インターンを経てライターとしてORIGINAL Inc.に入社し、現在はタイムアウト東京をはじめとする媒体や、さまざまな地域プロジェクトのエディター・ディレクターとして活躍中。