CULTURE 本・映画・音楽

シェア

石庭の鑑賞には、冬がぴったりだった。京都の寺院に広がる、
「枯山水」の世界

TAG

いま、京都を訪れる日本人観光客が減りつつあることをご存知でしょうか? 正確には、京都市内の主要ホテルに宿泊した日本人が、2018年12月まで21ヶ月連続で前年割れを記録した、という京都市観光協会などのデータに裏付けられたものです。「京都は外国人観光客が押し寄せていて、いつ行っても大混雑」というイメージから、敬遠されつつあるというのです。

実際、祇園や清水寺、伏見稲荷大社などは海外からの観光客で芋洗い状態だし、多くの人は、これらのスポットには修学旅行などですでに訪れたことがあるかもしれません。でも、そんな私たちもまだ訪れていないであろう、隠れた名所があります。

“京都らしい”、静謐で厳かで心鎮まる場所。そんないまこそ訪れたい所とは、知る人ぞ知る京都のお寺にある「枯山水」です。今回は6つのお寺にある11の庭を巡りながら、その小さな世界の“奥行き”をのぞいてみましょう。

 

「枯山水」って何? 「石庭」との違いは?

実際の庭を見る前に、「枯山水」とは何かを確認しておきましょう。日本式庭園のうち、水を用いず石や砂で山水の風景を表現する様式のことを指します。飛鳥・奈良時代から作庭されてきたものが、室町時代に中国(宋・明)から渡ってきた山水画の影響で、禅宗寺院で抽象的に発展しました。京都では龍安寺の石庭があまりに有名です。

ちなみに、「石庭」とはどう違うのでしょうか? 答えは、石庭は枯山水の一ジャンル。水を使わない「枯山水」のうち、草木をほとんど使わず、石・砂(・苔)だけで表現した庭が「石庭」と呼ばれています。

また、もうひとつここで押さえておきたい言葉があります。それが、石組です。

 

「石組」って何?

枯山水とは“見立て”の世界です。砂や石や石組(いわぐみ)によって、自然景観を抽象的に表現しています。石組は、石を複数組み合わせることで何かを表現すること。その石組でよく表現されるのが、「三尊」「須弥山」「蓬莱山」です。

・「三尊」(さんぞん)
「三尊石」「三尊石組」。真ん中に置いた大きめの石をメインに、その脇に小さめの石を添える石組。後述の臨川寺のように、大きな石を弥勒菩薩と見立て、その左右に文殊菩薩と普賢菩薩と見立てた小さめの石を配したもののほか、阿弥陀三尊、釈迦三尊など複数のパターンがあります。

・「須弥山」(しゅみせん)」
仏教において世界の中心にそびえ立ち、仏が住むとされている須弥山。これを表すように、大きな立石で須弥山を、その周辺に低い石を並べた石組です。

・「蓬莱山」(ほうらいさん)
道教の蓬莱神仙思想に基づく石組。これは不老不死を願う思想で、不老不死の仙人が住む蓬莱山が理想郷とされています。こちらは石や築山で蓬莱山を表し、その周辺に長寿の象徴である鶴や亀を表現した石や石組を組み合わせる例が一般的。

これらを踏まえて、さっそく枯山水の世界を訪れてみましょう。

 

1.室町時代と現代をつなぐ“4坪の小宇宙”

龍源院(りょうげんいん)は、大徳寺の中で特に古い塔頭寺院(たっちゅうじいん・敷地内の小院のこと)のひとつ。1502年に能登の畠山義元、周防の大内義興、豊後の大友義親の三氏で創建され、創建当初のまま残る方丈(本堂)・唐門・表門は、重要文化財に指定されています。創建当時から補修をしながら伝わる方丈の床など、外観だけでなく内側からも、その長い歴史を随所に垣間見ることができます。この龍源院には、4つの枯山水があります。

・「一枝坦」
まず、方丈の前庭は「一枝坦(いっしだん)」と名付けられた、蓬莱山形式の石庭。
20200116_atliving_sekitei_002
庭の奥にある、一番大きな石が蓬莱山を表しています。絶壁のようで、人間を寄せつけない厳しさを感じさせます。そして左右にあるふたつの石組で、長生きの象徴である鶴(写真右)と亀(写真左)を表現しています。

鶴は、大小2つの石で“鶴首”と“羽”を表現。鶴首石をどちらに見立てるかで、羽ばたいているように見えたり、羽をたたんで休んでいるように見えたり。動と静を、たった二つの石で表現しているのだ。
鶴は、大小2つの石で“鶴首”と“羽”を表現。鶴首石をどちらに見立てるかで、羽ばたいているように見えたり、羽をたたんで休んでいるように見えたり。動と静を、たった二つの石で表現しているのだ。
一方の亀。通常、亀石は一目で亀だとわかるそうだが、言われなければわからないほど抽象的。禅寺らしくまさに“禅問答”を感じさせる。
一方の亀。通常、亀石は一目で亀だとわかるそうだが、言われなければわからないほど抽象的。禅寺らしくまさに“禅問答”を感じさせる。

・「龍吟庭」
室町時代中期に、銀閣寺庭園も作庭した相阿弥によって作られたのが「龍吟庭」。京都で室町時代の庭園が現在まで残っているのは、大仙院とここ龍源院だけとか。建物と庭園がそろって残っているという点で、こちらはとても貴重です。
20200116_atliving_sekitei_005
果てしない大海原を表した杉苔の上に三尊石が建つ、須弥山式枯山水の名庭です。中央に高くそびえる石が須弥山で、その両側に連なるように石を並べることで、須弥山の突出した高さを際立たせています。

ほぼ横一直線に石が並んでいるため、鑑賞する位置を変えるとまったく違った光景に出会える。
ほぼ横一直線に石が並んでいるため、鑑賞する位置を変えるとまったく違った光景に出会える。

・「滹沱底」
壁際に細長く作られた、庫裏にある石庭は「滹沱底(こだてい)」。
20200116_atliving_sekitei_007
左右に出っ張りのある石と、穴の開いた石が配置されていることから、別名「阿・吽(あうん)の石庭」とも。阿吽とは、吸う息・吐く息を示し、天と地、陰と陽、男と女、電極の+と―と、どれひとつも切り離すことができない、宇宙の真理を表しているのだそう。

東西に置かれた2つの石は、秀吉が建てた「聚楽第」で使われていた基礎石とされている。
東西に置かれた2つの石は、秀吉が建てた「聚楽第」で使われていた基礎石とされている。
間口は広い反面、奥行がないため、檜や椿など木は土塀寄りに植え、石は砂に埋め込むようにすることで、圧迫感をなくすよう工夫している。
間口は広い反面、奥行がないため、檜や椿など木は土塀寄りに植え、石は砂に埋め込むようにすることで、圧迫感をなくすよう工夫している。

・「東滴壷」
4つめが、わずか4坪と日本最小の壷庭「東滴壷(とうてきこ)」。一滴の波紋から、大海原の広がりをイメージさせるものです。
20200116_atliving_sekitei_010
壺庭は、京都特有の夏の暑さをしのぐための重要な空間。ただしここは、方丈と庫裡の屋根が接近して日差しが遮られるため植物が育たず、昭和35年に石庭として作りなおされたそう。

三石のうち背の高い石は、逆サイドの二石につながるような向きに置かれ、まっすぐ引かれた砂紋とともに流れを生み出している。
三石のうち背の高い石は、逆サイドの二石につながるような向きに置かれ、まっすぐ引かれた砂紋とともに流れを生み出している。
平たい板石が置かれその周りに丸く砂紋が引かれている様子は、一滴の水が滴り落ちる姿を表している。
平たい板石が置かれその周りに丸く砂紋が引かれている様子は、一滴の水が滴り落ちる姿を表している。

室町時代に作庭された庭と現代に作られた庭を、室町時代に建てられた方丈から眺める……時代の連なりを感じながら、贅沢でおだやかな時間を過ごせそうです。

龍源院

京都市北区紫野大徳寺町82-1
075-491-7635

 

2.キリシタン大名にちなんだ十字架の枯山水

同じく大徳寺の塔頭寺院である瑞峯院。ここは1535年に、キリシタン大名として知られる大友宗麟が大友家の菩提寺として建立したお寺です。方丈、唐門、表門ともに建立当時からのものが残っており、重要文化財に指定されています。

室町時代から屋根は檜皮葺で軽量のため、柱は細くなっている。
室町時代から屋根は檜皮葺で軽量のため、柱は細くなっている。

ここには、ふたつの枯山水が存在します。その「独坐庭」「閑眠庭」ともに、昭和を代表する作庭家・重森三玲氏が、開祖400年遠忌を記念して昭和36年に作庭したもの。

方丈の前に広がる「独坐庭」は、「独坐大雄峰」をテーマとした蓬莱山式庭園。室町時代の構成手法を用い、伝統的な枯山水の様式を踏襲しながら、現代らしいデザインも盛り込んだといいます。
20200116_atliving_sekitei_014
右奥から蓬莱山の山岳が連なるように石を並べ、半島を模してひとつの長い石に見せる手法をとっています。

もっとも大きな石は、厚さ5cm程度。横から見ると線のようだ。
もっとも大きな石は、厚さ5cm程度。横から見ると線のように薄い。
通常非公開の「檀那の間」から独坐庭を切り取る。(※特別な許可を得て撮影しています)
通常非公開の「檀那の間」から独坐庭を切り取る。(※特別な許可を得て撮影しています)

方丈の裏手にある「閑眠庭」
20200116_atliving_sekitei_017
キリシタン大名だった大友宗麟にちなみ、縦に4個・横3個の石を配して十字を作っているのが、日本庭園としては新鮮に感じられます。「十字架の庭」とも呼ばれています。

手前に大きな石、奥に背の低い石を置き、遠近感を出した。また、石を建物に対して斜めに交差するように配置することで、室町時代の手法も取り入れている。
手前に大きな石、奥に背の低い石を置き、遠近感を出した。また、石を建物に対して斜めに交差するように配置することで、室町時代の手法も取り入れている。

室町時代の手法を生かしながら、現代的な洗練さも感じさせる印象深い庭でした。

瑞峯院

京都市北区紫野大徳寺山内
075-491-1454

 

【豆知識】石畳にも庭と同じくこだわりがある!

ここで、作庭にも通じる手法として豆知識をひとつ。レンガやタイルなどは、目地が揃うように並べられるところ、京都の社寺の石畳は、大小も位置もバラバラに並べられていると思ったことはありませんか?
実はこれ、綿密に計算されているのだとか。“乱張り”“氷文字(ひょうもんじ)”と呼ばれ、あえて目地がずれるようにT字に組むのだそう。これによって耐久性が格段に上がるのだといいます。お寺を訪れたら、ぜひ足元も見てみて。

十字ではなく、T字になるように石を組み合わせていく方法。
十字ではなく、T字になるように石を組み合わせていく方法。

 

次のページでは、日本人の宗教観にも触れるような、緑あふれる枯山水を訪ねます。