FOOD キッチン・レシピ・グルメ

シェア

美と健康の秘訣は子宮にあり!子宮力を上げる食事のとり方とお惣菜レシピ

TAG

女性ホルモンのバランスを崩す要因は、ストレスや食生活の乱れ、冷えなど、人によってさまざま。女性ホルモンのバランスが崩れると「子宮力」も下がってしまい、女性特有の病気などにもつながってしまいます。また妊活だけでなく、美しいからだづくりにおいても、この「子宮力」は重要なのです。

そこで、産婦人科医の池下育子先生に、「子宮力」を上げる食事法を教えていただきました。

 

脂肪分のとりすぎに気をつけて

子宮力を上げる食事の基本は、バランスのよい食事。子宮や卵巣も臓器の一部ですから、栄養が行きわたってこそ、きちんと機能するのです。しかも、生命維持に関わらない生殖系臓器は人体にとって優先順位が低いため、栄養不足の影響を最も受けやすい部位。その意味でも、栄養素をバランスよくしっかりとることが重要です。

「食生活で気をつけてほしいのが、脂肪分のとりすぎ。体脂肪が少ないのも問題ですが、多すぎると脂肪中にエストロゲンが多く蓄積されるため、女性ホルモンが大量にあると脳が錯覚して、生理が起こりにくくなってしまいます。とくに、内臓脂肪が多いと、子宮や卵巣の働きを鈍らせる原因にもなり、要注意です。そのためには、肉料理が好きな人でも毎日続けないこと。メインディッシュは肉か魚の1品にするか、両方食べたいのなら、1週間の中でカロリーを調整するようにしましょう」(池下先生)

 

コンビニ食を上手に活用しましょう

その一方で、忙しさのあまり、食事が簡素なものになってしまうのも避けたいこと。

「時間があるときに、お惣菜などをまとめてつくっておき、冷凍保存をしておくのがおすすめです。とはいえ、それも手間がかかることですから、できない場合はコンビニ食でも、カロリー表示を参考に野菜たっぷりのヘルシー系のお弁当を選ぶようにしましょう。食品添加物などを気にする人もいますが、食品添加物は直接、妊娠力に関係しません。コンビニ弁当であっても、バランスのとれた食事をとることが大切です」(池下先生)

 

子宮を守る食習慣のポイントとは?

子宮を守る食習慣の6か条をチェックして、子宮力アップを目指しましょう!

1 バランスよく食べる
栄養のバランスをとるには、主食と主菜、副菜をきちんと考えて食べること!

2 忙しくても1品ですませない
コンビニも上手に活用して、雑穀ごはんなどを使ったヘルシー系弁当をチョイスして。

3 脂肪分のとり過ぎに気をつける
連続して肉をとらない、油を使わない料理を食べる日をつくるなど、とり過ぎない心がけを。

4 夜遅くの食事はひかえる
寝る3時間前までに食事を済ませて。夜遅くのラーメンなど糖質&脂肪過多の食事は御法度です。

5 食事だけでストレス解消をしない
ストレスから生理が乱れることもあるので、ストレスは食事以外のことで発散を!

6 コーヒー、お茶を飲み過ぎない
カフェインのとり過ぎは冷えの原因に。美ボディづくりにいいとはいえ、適量におさめて。

 

ここからは、サッと作れるお惣菜レシピをご紹介。さっそくレシピをチェックしてみましょう。