LIFE ライフスタイル・家族・仕事

シェア

新たに始まる「風の時代」をどう生きる?2021年の12星座別の運勢と、
開運する家での過ごし方

TAG

しばらく続いた「地の時代」が終わり、「風の時代」に移り変わる2021年。占星術の世界では、大きな時代の転換期になると言われています。新たな時代を上手に生き抜くためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

占術家のLUA先生に、2021年の運勢と、星座タイプ別で見る「おうちでできるおすすめの開運アクション」を占ってもらいました。

【関連記事】200年に一度の転換期…。2021年を開運に導く風水

 

占術家LUAさんが語る、2021年はどんな年?

20201223_atliving_uranai_014

2020年の12月22日(日本時間)に、木星(幸運や拡大の星)と土星(試練や制限)が重なる「グレート・コンジャンクション」という現象が発生しました。これは、20年に1度訪れる時代の節目を意味する星の配置のこと。今回のグレート・コンジャンクションは、200年に1度訪れる転換期と重なり、時代が変わっていくタイミングになります。

20年前は、地の星座である牡牛座で迎えたグレート・コンジャンクションですが、今回は起きたのは風の星座である水瓶座。これにより2021年は、「地の時代」から「風の時代」へと移り変わりました。一体どのような時代になるのでしょうか?

「これからやってくる“風の時代”は、知性やコミュニケーション、情報などが大きなテーマとなってきます。これまでも、SNSやAI技術がどんどん発展していましたが、さらにコロナ禍を受けて、オンライン会議やリモートワークなど、ライフスタイルにも変化が訪れました。そうした情報化社会の加速は、“風の時代”を迎える予兆であったと感じています。

また、グレート・コンジャンクションが起きた水瓶座は、個性的ながらも博愛主義で、ユニセックスな星。多様性を重んじる星座でもあるので、人種やセクシャリティに関係なく、個人個人の価値観により注目する時代になると期待しています。

しかし、幸運の星・木星と、試練の星・土星が重なっているため、葛藤が生まれやすい年であることも事実。なにかやりたいことがあっても、調子に乗りすぎず、かつブレーキをかけすぎず、どうやったら上手くいくのか知性を働かせていくことが大切です」(占術家・LUAさん)

2020年12月20日頃から25日頃まで、木星と土星が400年ぶりに大接近する天文現象“great conjunction(グレート・コンジャンクション)” が世界各地から見られました。※写真=NASA/Bill Ingalls
2020年12月20日頃から25日頃まで、木星と土星が400年ぶりに大接近する天文現象“great conjunction(グレート・コンジャンクション)” が世界各地から見られました。※写真=NASA/Bill Ingalls

ではこれを踏まえて、12星座別で運勢を見ていきましょう。

[目次]
・牡羊座(3/21~4/19)……人の個性を尊重し、自分らしさを見つめる
・牡牛座(4/20~5/20)……プランを実現することがテーマ
・双子座(5/21~6/21)……向上心を持って未来に踏み出す1年
・蟹座(6/22~7/22)……仕事もお金も、守り、受け継いでいく
・獅子座(7/23~8/22)……交流が広がるチャンスの年
・乙女座(8/23~9/22)……頑張りすぎず、少し力を抜いて
・天秤座(9/23~10/23)……何事も、明るく楽しむ心持ちが大切
・蠍座(10/24~11/22)……人との支え合いが、運気アップの秘訣
・射手座(11/23~12/21)……情報を精査し、上手に活用していくことがポイント
・山羊座(12/22~1/19)……着実な道を歩むことが開運への道
・水瓶座(1/20~2/18)……ラッキーが舞い込む1年。目標を決めて動くことが大切
・魚座(2/19~3/20)……持ち前の想像力を発揮し、自然体で過ごすべし

・星座別! おうちでできるおすすめの開運アクション