LIVING リビングと暮らし

シェア

気に入ったヴィンテージを少しずつ。モデル・柴田紗希の
理想的な「部屋」を構成するもの

TAG

「ソファ周りは大好きな“白×木”で統一しています」

ソファは、「RACHEL ASHWELL SHABBY CHIC COUTURE」のもの。最近日本から撤退してしまったんだけど、ネットで調べていたら、たまたま倉庫にありますってのを見つけました。色みが、自分が好きなテイストの家具に馴染むかなって思ったのと、サイドに丸みがあるデザインが、ほっこり洋風な感じがするのが好きです。

ソファ周りは白と木の温もりで、落ち着くスペースに。
ソファ周りは白と木の温もりで、落ち着くスペースに。

そのソファを中心に、目黒通りの「chambre de nimes BROCANTE」でローテーブルとミラーを買いました。ローテーブルは、白と木がマッチしたデザインが可愛いですよね。木を使ってることで、竹のミラーとも相性がいいかなって思ったんです。このスペースはトータルコーディネートしているつもり。

クッションは古着屋さんで、マットは韓国で購入。
クッションは古着屋さんで、マットは韓国で購入。

ローテーブルのテイストに合わせて、クッションとマットは白のレースで揃えました。クッションはヴィンテージで、味があるクテッとした素材感が気に入ってます。

セール価格で絶対買いだった白い棚。
セール価格で絶対買いだった白い棚。

ローテーブルの近くに置いてある棚も「chambre de nimes BROCANTE」で購入。11万円が4万円にセールになっていたので、目的は決まっていなかったんだけど「絶対何かに使えるぞ!」と思って。今は、本やDVDが入ってるのですが、今後は食器棚にしたいなって考えています。

全体的に白の家具が多いですね。でも、木も好き。だから、白の可愛らしさと木の温かみが混ざったようなインテリアが好きですね。あとは、最近はヨーロッパ系の家具が好きです。服と同じで、イギリス、イタリア、フランスなどのヨーロッパのヴィンテージが自然に集まってきました。

 

「細々した物は箱やかごに入れてスッキリと」

なるべく生活の物を見せたくないから、サングラス、ネイル、手紙などの細々したものは箱の中に入れて収納してます。

収納ボックスは、見える場所にあっても可愛いものを。
収納ボックスは、見える場所にあっても可愛いものを。

「La Boutique Fantasque」の箱は、セットで購入。そのまま重ねておくだけで可愛いので、見えるように置いています。

300円均一で買った小物入れに、ファンからの手紙をまとめてしまっています。ここだけには収まらなくて、数か所に分けています。
300円均一で買ったかごに、ファンからの手紙をまとめてしまっています。ここだけには収まらなくて、数か所に分けています。

かごも、ヴィンテージのものから300円均一のものまでたくさん。化粧品などの細かいものは、そのまま置いておくんじゃなくて、かごに入れて生活感を出さないようにしています。

 

━━━ソファやキャビネットなど、大物の家具だけでなく、小物を入れる容れ物にもこだわる“しばさき”さん。細部まで手を抜かない彼女が、部屋の雰囲気を作るために取り入れているモノとは?